内容へ

慢性的な病気に悩まされている場合 ― 聖書は役立ちますか

せいしょこた

 せいしょたしかにやくちます。せいしょによると,かみぶんすうはいするひとびょうになるとしんぱいしてくれます。「エホバはやまいせるかれささえる」とかれているとおりです。(へん 41:3まんせいてきびょうなやまされているあいつぎの3つのてんやくつでしょう。

  1.   えるちからもとめていのる。いのると,「にんげんかいをはるかにえて」いる「かみからのへい」をかんじられます。そのおかげでしんぱいあんり,げんます。(フィリピ 4:6,7

  2.   ポジティブなちでいるようにする。せいしょにこんなことがあります。「よろこびにあふれたこころくすりになり,ちのめされたこころからだよわらせる」。(かくげん 17:22)ユーモアのセンスはたいせつです。ちがあかるくなりますし,からだにもいいからです。

  3.   あかるいしょうらいたのしみにする。あかるいぼうがあれば,まんせいてきびょうでもよろこびをかんじられます。(ローマ 12:12せいしょは,「『わたしびょうだ』とじゅうみんはいなくなる」ときるとこくしています。(イザヤ 33:24ちかしょうらいかみげんだいがくではなおせないまんせいてきびょうなおしてくれます。としいたひとわかがえらせることさえしてくれます。「かれにくたいわかころよりもげんにし,かれかつりょくにあふれたわかもどそう」と,せいしょかれています。(ヨブ 33:25

 ちゅう: エホバのしょうにんは,かみたすけてくれることをかくしんしていますが,もちろんによるりょうけます。(マルコ 2:17)とはいえ,とくていりょうほうすいしょうしたりはしません。どんなりょうけるかはじんけっていすべきことだとかんがえているからです。