内容へ

悪魔は実在しますか

聖書の答え

はい,実在します。悪魔は「世の支配者」であり,邪悪になって神に反逆した霊者です。(ヨハネ 14:30。エフェソス 6:11,12)聖書は悪魔を以下のように呼んで,どんな者であるかを明らかにしています。

悪の象徴ではない

悪魔サタンとは人の内面の悪の象徴にすぎない,と考える人もいます。しかし,聖書には神とサタンが交わした会話が記録されています。神は完全な方ですから,ご自分の邪悪な部分と話していたとは考えられません。(申命記 32:4。ヨブ 2:1-6)さらに,サタンは罪のない方であるイエスを誘惑しようとしました。(マタイ 4:8-10。ヨハネ第一 3:5)ですから聖書は,悪魔が単なる擬人化された悪ではなく,実在者であることを示しています。

悪魔が実在することを信じていない人が多いというのは,意外なことではありません。聖書によれば,サタンは自分の目的を達成するために人を欺くからです。(テサロニケ第二 2:9,10)非常に巧みに多くの人の思いをくらまし,自分の存在を隠しています。―コリント第二 4:4

悪魔に関する他の間違った考え

俗説: 「ルシファー」は悪魔の別名である。

事実: 一部の聖書で「ルシファー」と訳されているヘブライ語の言葉には,「輝く者」という意味があります。(イザヤ 14:12)文脈を見ると,この言葉がバビロンの王朝を指していることが分かります。その王朝は,傲慢さゆえに神から辱められます。(イザヤ 14:4,13-20)「輝く者」という表現は,バビロニア王朝が倒れた後に,その王朝をあざける意味合いで使われました。

俗説: サタンは“検察官”として神のために働いている。

事実: 悪魔は神の僕(しもべ)ではなく,敵です。悪魔サタンは神に仕えている人たちに反対しており,その訴えは偽りです。―ペテロ第一 5:8。啓示 12:10