内容へ

安楽死について聖書は何と述べていますか

聖書の答え

聖書は安楽死や尊厳死について特に述べてはいません。 * とはいえ,命と死に対する聖書の見方は極端ではありません。命を奪うことは許されていませんが,死期が迫っている時にどんな手段を使ってでも延命するよう求められているわけでもありません。

聖書によると,神様は人間の創造者であり,「命の源」です。(詩編 36:9。使徒 17:28)神様は,命を非常に貴重なものと見ておられます。ですから,人の命を奪うことも自分の命を絶つことも禁じておられます。(出エジプト記 20:13。ヨハネ第一 3:15)また聖書によると,人は自分や他の人の命を守るために,道理にかなった予防策を講じるべきです。(申命記 22:8)神様が命という贈り物を大切にするよう求めておられるのは明らかです。

末期患者の場合はどうですか

聖書は,人が死に瀕していて死を避けられない状態でも,その人の命を奪うことを許していません。イスラエルのサウル王の例がこのことを裏づけています。サウルは戦いで致命傷を負ったため,自分を殺してほしいと従者に頼みます。(サムエル第一 31:3,4)サウルの従者はそれを拒みました。しかし,その後,サウルに頼まれて自分がサウルを殺した,と主張する男が現われました。その主張はうそでしたが,神と同じ見方をしていたダビデは,血の罪があるとしてその男を断罪しました。(サムエル第二 1:6-16

どんな手段を使ってでも延命するべきですか

死が目前に迫っている場合,聖書はどんな手段を使ってでも延命するよう求めてはいません。むしろ,バランスの取れた見方を示しています。死は,人類の大いなる敵であり,罪の結果です。(ローマ 5:12。コリント第一 15:26)だれも死ぬことを望みませんが,死を恐れる必要もありません。神様が死んだ人たちを復活させると約束しておられるからです。(ヨハネ 6:39,40)命に敬意を払う人はできる限り最善の医療を受けようとしますが,死が目前に迫っている場合,延命目的だけの医療処置を選択しなければならないというわけではありません。

自殺は許されない罪ですか

いいえ。聖書は自殺を許されない罪とはしていません。自分の命を絶つことは重大な罪であるとはいえ, * 神様は,心の病気や極度のストレス,遺伝的傾向が自殺衝動につながりかねないことを十分に理解しておられます。(詩編 103:13,14)そして,苦しんでいる人たちに聖書から慰めを与えておられます。また,聖書には,「義者と不義者との復活」があると述べられています。(使徒 24:15)このことは,自殺などの重大な過ちを犯した人たちにも復活の希望があることを示しています。

^ 1節 安楽死とは,「助かる見込みのない重病人や重傷者を苦痛から解放する目的で死に至らせること」です。(メリアム・ウェブスター学習英英辞典)医師がそれを手助けする場合は,医師自殺ほう助と呼ばれます。

^ 5節 聖書に出て来る数少ない自殺の例はいずれも,神様のご意志に従わなかった人たちによるものです。(サムエル第二 17:23。列王第一 16:18。マタイ 27:3-5