内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

契約の箱とは何ですか

聖書​の​答え

契約​の​箱​と​は,神​の​ご命令​に​より,古代​イスラエル​人​が​神​の​設計​どおり​に​造っ​た​神聖​な​櫃(ひつ)の​こと​です。それ​に​は「証(あかし)」,つまり,十戒​が​記さ​れ​た​2​枚​の​石​の​書き板​が​保管​さ​れ​て​い​まし​た。―出エジプト​記 25:8‐10,16; 31:18

  • 構造。箱​の​寸法​は,長さ​2.5​キュビト,幅​1.5​キュビト,高さ​1.5​キュビト(111​×​67​×​67​センチ)でし​た。それ​は​アカシア​の​木​で​造ら​れ​て​おり,内側​に​も​外側​に​も​金​が​かぶせ​られ,縁飾り​が​付い​て​い​まし​た。箱​を​覆う​ふた​は​純金​で​造ら​れ​て​おり,その​両端​に​ある​2​つ​の​金​の​ケルブ​が​特色​と​なっ​て​い​まし​た。2​つ​の​ケルブ​は​互い​に​向かい合っ​て​おり,顔​は​ふた​の​方​に​向け​られ​て​い​まし​た。ケルブ​の​翼​は​ふた​を​覆う​よう​な​形​で​上方​に​広がっ​て​い​まし​た。箱​の​足​の​上方​に​は​4​つ​の​金​の​輪​が​あり​まし​た。金​を​かぶせ​た​アカシア​の​木​の​さお​が​その​輪​に​通さ​れ,箱​を​運ぶ​ため​に​使わ​れ​まし​た。―出エジプト​記 25:10‐21; 37:6‐9

  • 場所。当初,契約​の​箱​は​幕屋​の​至聖所​に​置か​れ​まし​た。幕屋​と​は,契約​の​箱​と​同​時期​に​造ら​れ​た,崇拝​用​の​移動​式​テント​の​こと​です。至聖所​は​祭司​や​人々​から​見え​ない​よう​に​仕切ら​れ​て​い​まし​た。(出エジプト​記 40:3,21)大​祭司​だけ​が,年​に​1​度​の​贖罪​の​日​に​至聖所​に​入り,契約​の​箱​を​見る​こと​が​でき​まし​た。(レビ​記 16:2。ヘブライ 9:7)後代​に,契約​の​箱​はソロモン​の​神殿の​至聖所​に​移さ​れ​まし​た。―列王​第​一 6:14,19

  • 用途。契約​の​箱​は,神聖​な​もの​を​保管​する​の​に​使用​さ​れ​て​い​まし​た。神​が​シナイ​山​で​イスラエル​人​たち​と​結ば​れ​た​契約​を​彼ら​に​思い起こさ​せる​もの​が​収め​られ​て​い​まし​た。さらに,その​箱​は​贖罪​の​日​に​行なわ​れる​儀式​で​も​重要​な​役割​を​果たし​まし​た。―レビ​記 16:3,13‐17

  • 収蔵​品。十戒​が​刻ま​れ​た​石​の​板​が,契約​の​箱​に​入れ​られ​た​最初​の​品​でし​た。(出エジプト​記 40:20)後​に,マナ​を​入れ​た​金​の​つぼ​と「芽​を​吹い​た​アロン​の​杖」も​加え​られ​まし​た。(ヘブライ 9:4。出エジプト​記 16:33,34。民数記 17:10)神殿​に​箱​を​移し​た​際,つぼ​と​杖​は​その​中​に​なかっ​た​ため,どこ​か​の​時点​で​除か​れ​た​もの​と​思わ​れ​ます。―列王​第​一 8:9

  • 運搬​方法。箱​に​付い​て​いる​アカシア​の​木​の​さお​を,レビ​人​が​肩​に​担い​で​運ぶ​こと​に​なっ​て​い​まし​た。(民数記 7:9。歴代​第​一 15:15)さお​は​箱​から​外さ​れる​こと​が​なかっ​た​の​で,レビ​人​が​箱​に​触れる​必要​は​全く​あり​ませ​ん​でし​た。(出エジプト​記 25:12‐16)聖所​と​至聖所​を​隔て​て​い​た「仕切り​の​垂れ幕」は,箱​を​運ぶ​とき​の​覆い​と​し​て​使用​さ​れ​まし​た。―民数記 4:5,6 *

  • 象徴。契約​の​箱​は​神​の​臨在​と​結び​付け​られ​て​い​まし​た。例えば,至聖所​に​ある​契約​の​箱​の​上​や​イスラエル​の​宿営​地​に​現われ​た​雲​は,エホバ​の​臨在​と​祝福​の​しるし​でし​た。(レビ​記 16:2。民数記 10:33‐36)聖書​で​は,エホバ​が​契約​の​箱​の​ふた​の​上​に​ある​2​つ​の「ケルブ​たち​の​上​に​座し​て​おら​れる」と​も​述べ​られ​て​い​ます。(サムエル​第​一 4:4。詩編 80:1)ですから,ケルブ​たち​は​エホバ​の「兵車……の​ひな型」,つまり​エホバ​の​兵車​を​象徴​し​て​い​まし​た。(歴代​第​一 28:18)箱​が​シオン​に​置か​れ​た​後,ダビデ​王​は,契約​の​箱​が​象徴​し​て​い​た​こう​し​た​点​を​踏まえ​て,エホバ​が「シオン​に​住ん​で​おら​れる」と​書く​こと​が​でき​まし​た。―詩編 9:11

  • 他​の​名称。聖書​は​この​神聖​な​箱​を​指し​て​様々​な​名称​を​用い​て​い​ます。例えば,「証​の​箱」,「契約​の​箱」,「エホバ​の​箱」,「あなた​の[エホバ​の]み力​の​箱」など​です。―民数記 7:89。ヨシュア 3:6,13。歴代​第​二 6:41

    箱​の​ふた​は「なだめ​の​覆い」もしくは「憐れみ​の​座」と​呼ば​れ​て​い​ます。(歴代​第​一 28:11; 「ジェームズ​王​欽定​訳(きん​て​い​やく)」[英語])この​表現​は,贖罪​の​日​に​ふた​が​重要​な​役割​を​果たす​こと​を​示し​て​い​ます。その​日,イスラエル​の​大​祭司​は​犠牲​と​し​て​ささげ​られ​た​動物​の​血​を​ふた​の​方​に​向け​て,ふた​の​前​で​はね飛ばし​まし​た。大​祭司​の​この​行為​は「自分​自身​の​ため,自分​の​家​の​ため,そして​イスラエル​の​会衆​全体​の​ため」の​罪​の​なだめ,つまり,罪​を​覆う​もの​でし​た。―レビ​記 16:14‐17

契約​の​箱​は​今​も​あり​ます​か

現存​し​て​いる​と​いう​証拠​は​全く​あり​ませ​ん。聖書​は,契約​の​箱​が​不要​に​なっ​た​こと​を​示し​て​い​ます。それ​は,契約​の​箱​に​関連​し​た​契約​が,イエス​の​犠牲に​基づく「新しい​契約」に​置き換え​られ​た​から​です。(エレミヤ 31:31‐33。ヘブライ 8:13; 12:24)それ​で​聖書​は,契約​の​箱​が​なくなり,それ​を​神​の​民​が​惜しま​ない​時​が​来る​こと​を​預言​し​て​い​まし​た。―エレミヤ 3:16

新しい​契約​が​結ば​れ​た​後​に​使徒​ヨハネ​に​与え​られ​た​幻​で​は,契約​の​箱​が​天​に​現われ​まし​た。(啓示 11:15,19)この​象徴​的​な​箱​は,神​の​臨在​と​新しい​契約​に​おける​神​の​祝福​を​表わし​て​い​ます。

契約​の​箱​は​お守り​の​よう​な​もの​でし​た​か

いいえ。契約​の​箱​を​所有​し​て​い​た​だけ​で​成功​が​保証​さ​れ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。例えば,アイ​と​の​戦い​の​際​に,イスラエル​人​は​契約​の​箱​を​宿営​に​置き​まし​た​が,1​人​の​イスラエル​人​の​不​忠実​に​より​敗北​を​喫し​まし​た。(ヨシュア 7:1‐6)後​に,契約​の​箱​を​戦場​に​持っ​て​行っ​た​に​も​かかわら​ず,イスラエル​人​は​フィリスティア​人​に​打ち負かさ​れ​まし​た。この​敗北​は​イスラエル​の​祭司,ホフニ​と​ピネハス​の​悪い​行ない​が​原因​でし​た。(サムエル​第​一 2:12; 4:1‐11)フィリスティア​人​は​戦い​で​箱​を​奪い​まし​た​が,神​は​彼ら​が​イスラエル​に​返す​まで​フィリスティア​人​を​災厄​で​撃た​れ​まし​た。―サムエル​第​一 5:11–6:5

契約​の​箱​の​歴史

年(西暦​前)

出来事

1513​年

ベザレル​と​その​補佐​たち​が,イスラエル​人​が​寄付​し​た​材料​を​用い​て​箱​を​造る ― 出エジプト​記 25:1,2; 37:1

1512​年

モーセに​より,幕屋,祭司​団​と​共​に​奉献​さ​れる ― 出エジプト​記 40:1‐3,9,20,21

1512‐1070​年​以後

様々​な​場所​に​移さ​れる ― ヨシュア 18:1。裁き人 20:26,27。サムエル​第​一 1:24; 3:3; 6:11‐14; 7:1,2

1070​年​以後

ダビデ​王​に​より​エルサレム​に​運ば​れる ― サムエル​第​二 6:12

1026​年

エルサレム​の​ソロモン​の​神殿​の​中​に​移さ​れる ― 列王​第​一 8:1,6

642​年

ヨシヤ​王​に​より​神殿​に​戻さ​れる ― 歴代​第​二 35:3 *

607​年​以前

神殿​から​取り除か​れ​た​と​思わ​れる。西暦​前​607​年​に​神殿​が​滅ぼさ​れ​た​時​に​バビロン​へ​持ち出さ​れ​た​物品​の​一覧​表​に​も,エルサレム​に​戻さ​れ​た​時​の​一覧​表​に​も​箱​に​関する​言及​は​ない ― 列王​第​二 25:13‐17。エズラ 1:7‐11

63​年

ローマ​の​将軍​ポンペイウス​が​エルサレム​を​征服​し,神殿​の​至聖所​に​入っ​た​時,箱​は​なくなっ​て​いる​と​伝え​て​いる *

^ 8節 箱​の​運搬​と​覆い​に​関する​神​の​律法​に​従わ​なかっ​た​イスラエル​人​は​悲惨​な​結果​を​身​に​招き​まし​た。―サムエル​第​一 6:19。サムエル​第​二 6:2‐7

^ 31節 いつ,なぜ,だれ​に​よっ​て​箱​が​取り除か​れ​た​の​か​聖書​は​述べ​て​い​ない。

^ 35節 タキツス​著「歴史」第​5​巻9​節​を​参照。

もっと調べる

「ものみの塔」

神がイスラエルに与えた律法は公正なものでしたか

イスラエルの裁判官たちは4つの原則を導きとしました。

聖書の質問に答える

宗教はどれも同じですか 真の神へと導きますか

聖書が示す2つの特徴を考えると,答えが分かります。