内容へ

天使長ミカエルとはだれのことですか

聖書の答え

ミカエル(宗教によっては「聖ミカエル」とも呼ばれる)は,地上に来る前と地上での生活を終えた後のイエスに与えられた名前であると思われます。 * モーセの死後にサタンと論じ合ったり,預言者ダニエルに神の音信を伝えられるよう天使を助けたりしました。(ダニエル 10:13,21。ユダ 9)ミカエルは神の支配権を擁護し,神の敵と戦うことで,その名の持つ「だれか神のようであろうか」という意味のとおりに行動しています。(ダニエル 12:1。啓示 12:7

イエスが天使長ミカエルである,と結論できる理由を考えてみましょう。

  • ミカエルは「み使いの頭」である。ユダ 9)「天使」を意味する「み使いの頭」という称号は,聖書に2回だけ出てきます。いずれの場合も,原語では単数形が用いられていることから,この称号を持つ天使は1人であると考えられます。聖書には,復活した主イエスが「天から下り,天使長の声で号令を掛け」る,と書かれています。(テサロニケ第一 4:16,「新世界訳」2013年版[英語])イエスの声が「天使長の声」なのは,イエスが天使長ミカエル,あるいはみ使いの頭ミカエルであるからです。

  • ミカエルは天使の軍隊を指揮する。「ミカエルとその使いたち[は]龍[サタン]と戦」いました。(啓示 12:7)ミカエルは霊の領域で大きな権威を持っているため,「主立った君のひとり」や「大いなる君」と呼ばれています。(ダニエル 10:13,21; 12:1)新約聖書学者のデービッド・E・オーンが述べるように,こうした称号から,ミカエルを「天使の軍隊の最高司令官」と呼ぶことができます。

    聖書の中で天使の軍隊を指揮する権限を持つ者として言及されている名前は,もう1つあります。「主イエスがその強力なみ使いたちを伴い,燃える火のうちに天から表わし示される時……報復をする」とあります。(テサロニケ第二 1:7,8。マタイ 16:27)イエスは「天へ行かれ……そしてもろもろのみ使いと権威と力は彼に服させられました」。(ペテロ第一 3:21,22)神が,聖なる天使の司令官としてイエスとミカエルをわざわざ競わせるとは考えられません。むしろ,イエスとミカエルという2つの名前が,同一人物を指していると結論付けるほうが理にかなっています。

  • ミカエルは未曽有の「苦難の時」に「立ち上がる」。ダニエル 12:1)ダニエル書の中で,「立ち上がる」という表現は,王として特別な行動を取る場合によく用いられています。(ダニエル 7:17; 11:4)「神の言葉」つまりイエス・キリストは,神の敵すべてを打ち倒して神の民を保護するために,「王の王」として特別な行動を取ります。(啓示 19:11-16)イエスがその行動を取るのは,「世の初めから……起きたことがな[い]……ような大患難」の期間中です。(マタイ 24:21,42

^ 1節 複数の名前で呼ばれている聖書中の人物はほかにもいます。例えば,イスラエルとも呼ばれたヤコブ,シモンとも呼ばれたペテロ,ユダとも呼ばれたタダイなどがそうです。(創世記 49:1,2。マタイ 10:2,3。マルコ 3:18。使徒 1:13