内容へ

大患難とは何ですか

聖書の答え

大患難は,人類がこれまで経験してきた中で最大の苦難の時となります。聖書の預言によれば,大患難は「終わりの日」あるいは「終わりの時」の期間中に起こります。(テモテ第二 3:1。ダニエル 12:4)それは「神がなされた創造の初めからその時まで起きたことがなく,また二度と起きないような患難」となるでしょう。―マルコ 13:19。ダニエル 12:1。マタイ 24:21,22

大患難の間に起きる事柄

  • 偽りの宗教が滅びる。驚くべき速さで,偽りの宗教が滅ぼされます。(啓示 17:1,5; 18:9,10,21)国際連合によって代表される政治勢力が行動を起こし,神のご意志を果たします。―啓示 17:3,15-18 *

  • 真の宗教が攻撃される。エゼキエルの幻で「マゴグの地のゴグ」と述べられている諸国家の連合体が,真の宗教を実践している人々を全滅させようとします。しかし,神はご自分の崇拝者たちが滅ぼされないように保護します。―エゼキエル 38:1,2,9-12,18-23

  • 地に住む人たちが裁かれる。イエスは全人類に裁きを下し,「羊飼いが羊をやぎから分けるように,人をひとりひとり分けます」。(マタイ 25:31-33)イエスの裁きの根拠となるのは,各人がイエスの「兄弟」たちを助けたか,それとも助けなかったかという点です。その「兄弟」たちは天でイエスと共に支配します。―マタイ 25:34-46

  • 王国の支配者たちを集める。キリストと共に支配するよう選ばれた忠実な人たちが,地上での命を終え,天での命に復活させられます。―マタイ 24:31。コリント第一 15:50-53。テサロニケ第一 4:15-17

  • ハルマゲドン。この「全能者なる神の大いなる日の戦争」は,「エホバの日」とも呼ばれています。(啓示 16:14,16。イザヤ 13:9。ペテロ第二 3:12)キリストから不利な裁きを受けた人々は滅ぼされます。(ゼパニヤ 1:18。テサロニケ第二 1:6-10)聖書の中で,7つの頭を持つ野獣として描写されている世界的な政治体制も滅ぼされるでしょう。―啓示 19:19-21

大患難の後に起きる事柄

  • サタンと悪霊たちが封じ込められる。大いなる天使がサタンと悪霊たちを,死のような無活動状態を表わす「底知れぬ深みに」投げ込みます。(啓示 20:1-3)底知れぬ深みにいるサタンは,牢屋にいる状態に例えることができます。周囲に影響を及ぼすことができなくなるからです。―啓示 20:7

  • 千年統治が始まる。神の王国は千年統治を開始し,その支配は人類に大きな祝福をもたらします。(啓示 5:9,10; 20:4,6)数えつくすことのできない「大群衆」が「大患難から出て来」て,地上での千年統治の始まりを見ることになります。―啓示 7:9,14。詩編 37:9-11

^ 5節 「啓示」の書では,偽りの宗教が「大娼婦」,つまり大いなるバビロンとして象徴的に表わされています。(啓示 17:1,5)大いなるバビロンを滅ぼす緋色の野獣は象徴的な組織であり,世界の諸国家を一致させ,その代表となることを目的としています。当初,国際連盟でしたが,現在では国際連合として存在しています。