内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

地球は滅亡しますか

聖書の答え

いいえ。地球が滅亡したり燃え尽きたり,あるいは第二の地球が必要になったりすることは決してありません。聖書によると,神様は人が永遠に住むために地球を創造されました。

  • 「義なる者たちは地を所有し,そこに永久に住むであろう」。(詩編 37:29

  • 「神は地の基をその定まった場所に置かれました。それは定めのない時に至るまで,まさに永久によろめかされることがありません」。(詩編 104:5

  • 「地は定めのない時に至るまで立ちつづける」。(伝道の書 1:4

  • 「地を形造られた方,それを造られた方,それを堅く立て,それをいたずらに創造せず,人が住むために形造られた方」。(イザヤ 45:18

人類は地球を滅ぼしますか

神様は,人類が汚染や戦争などで地球を滅ぼしてしまうことを許されません。むしろ,「地を破滅させている者たちを破滅に至らせ」ます。(啓示 11:18)どのようにそうされるのでしょうか。

神様は,地球を上手に管理できなかった人間の政府に代わって,完全な天の王国が地球を治めるようにします。(ダニエル 2:44。マタイ 6:9,10)その王国を支配するのは,神の子イエス・キリストです。(イザヤ 9:6,7)イエスは地上にいたとき,奇跡的な力を使って自然界をコントロールしました。(マルコ 4:35‐41)将来,イエスは神の王国の王として,地球と自然界を完全にコントロールします。地上を新しく作り直し,エデンの園のようにするのです。(マタイ 19:28。ルカ 23:43

地球が燃え尽きるというのは,聖書の教えですか

いいえ,違います。そう誤解している人たちは大抵,ペテロ第二 3章7節を引き合いに出します。そこにはこうあります。「今ある天と地は火のために蓄え置かれて……いる」。この言葉の意味を正しく理解する助けとなる2つのポイントを考えてみましょう。

  1. 聖書中の「天」,「地」,「火」という語には様々な意味がある。例えば,創世記 11章1節にはこうあります。「全地は一つの言語,一式の言葉のままであった」。この「全地」は,人間社会を指しています。

  2. ペテロ第二 3章7節の文脈は,そこに出てくる天,地,火の意味を明らかにしている。5,6節には,ノアの日の大洪水のことが述べられています。そのとき,古代の世界は滅ぼされましたが,地球はなくなりませんでした。大洪水は,暴力的な「地」つまり社会を流し去りました。(創世記 6:11)また,「天」つまり当時の社会を支配していた人たちも滅ぼしました。ですから,滅ぼされたのは邪悪な人たちであって,地球ではありません。ノアと家族は当時の世界の滅びを生き残り,大洪水後の地上で暮らしました。(創世記 8:15‐18

大洪水の水と同様,ペテロ第二 3章7節の「火」つまり滅びは,地球という惑星ではなく,邪悪な人たちの世界に終わりをもたらします。神様は,「新しい天と新しい地」が来ることを約束しておられます。「そこには義が宿ります」。(ペテロ第二 3:13)「新しい地」つまり人間社会を治めるのは,「新しい天」つまり新しい政府である神の王国です。その統治下で,地球は平和な楽園となるでしょう。(啓示 21:1‐4