内容へ

「命の書」にはだれの名前が書かれていますか

聖書の答え

 「命の書」は,「命の巻き物」や「覚えの書」とも呼ばれています。その書には,永遠の命を神から与えられる人たちの名前が書かれています。(啓示 3:5; 20:12。マラキ 3:16)だれの名前を記すかを決めるのは神です。神に忠実かつ従順であるなら,その書に名前が記されます。―ヨハネ 3:16。ヨハネ第一 5:3

 神は忠節な僕(しもべ)一人一人を,あたかも彼らの名前を本に書き記すかのようにして,ご自分の記憶にとどめてこられました。人類の「世の基が置かれて以来」,そうしてこられたのです。(啓示 17:8)命の書に最初に名前が記されたのは,忠実な人アベルだったと思われます。(ヘブライ 11:4)命の書は,単なる名簿のようなものではありません。エホバが愛情深い神で「ご自分に属する者たちを知っておられる」,ということを示すものだからです。―テモテ第二 2:19。ヨハネ第一 4:8

「命の書」から名前を消されることがありますか

 はい,あります。神は,古代イスラエルの不従順な人々に関して,こうおっしゃいました。「だれでもわたしに罪をおかした者,その者をわたしは自分の書の中からぬぐい去る」。(出エジプト記 32:33)一方,神に忠実な人たちは,「命の巻き物」に名前をとどめていただくことができます。―啓示 20:12