内容へ

処女マリアについて聖書はどんなことを教えていますか

 聖書の答え

聖書は,マリアが処女の時にイエスの母になるという特別な名誉を与えられたと述べています。この奇跡はイザヤ書の中で予告されており,マタイとルカの福音書で実現したと記されています。

イザヤはメシアの誕生についてこう預言しました。「見よ,乙女が実際に妊娠して,男の子を産みます」。(イザヤ 7:14)神の導きのもと,福音書筆者マタイはこの預言を,マリアがイエスを宿した出来事に当てはめました。マリアが奇跡的に妊娠したことを記した後,マタイはこう続けます。「このすべては,預言者を通してエホバによって語られたことが成就するために実際に起きたのである。こう言われていた。『見よ,処女 *が妊娠して男の子を産み,彼らはその名をインマヌエルと呼ぶであろう』。これは,訳せば,『わたしたちと共に神はおられる』という意味である」。(マタイ 1:22,23

福音書筆者ルカも,マリアの奇跡的な妊娠について記しています。神は天使ガブリエルを,「ダビデの家のヨセフという人と婚約していたひとりの処女のもとに遣わされた。その処女の名はマリアといった」。(ルカ 1:26,27)マリアは自分が処女であることを認めていました。メシアの母になることを聞き,こう尋ねます。「どうしてそのようなことがあるのでしょうか。わたしは男と交わりを持っておりませんのに」。(ルカ 1:34

 処女受胎はどのようにして起きましたか

マリアの妊娠は神の聖なる力によるものでした。(マタイ 1:18)マリアはこう告げられました。「聖霊があなたに臨み,至高者の力があなたを覆うのです。そのゆえにも,生まれるものは聖なる者,神の子 *と呼ばれます」。(ルカ 1:35)神は自分の子イエスの命を奇跡的にマリアの胎内に移し,マリアは妊娠しました。

 処女受胎によって何が成し遂げられましたか

神は処女受胎によってイエスが完全な体で生まれ,人類を罪と死から救うようにしました。(ヨハネ 3:16。ヘブライ 10:5)神はイエスの命をマリアの胎内に移しました。その後,胎児が不完全さを受け継がないよう,神の聖なる力が保護したことでしょう。(ルカ 1:35

こうしてイエスは,罪を犯す前のアダムと同じ完全な人間として生まれました。聖書はイエスについてこう述べています。「彼は罪を犯[し]ませんでした」。(ペテロ第一 2:22)イエスは完全な人間として,人類を罪と死から解放するための贖い(あがない)を与えることができました。(コリント第一 15:21,22。テモテ第一 2:5,6

 マリアは生涯処女でしたか

聖書はマリアが永遠の処女だったとは教えていません。むしろ,ほかにも子どもがいたことを記録しています。(マタイ 12:46。マルコ 6:3。ルカ 2:7。ヨハネ 7:5

聖書はイエスにたくさんのきょうだいがいたと教えています

 「無原罪懐胎」は聖書の教えですか

いいえ,違います。「新カトリック百科事典」(英語)によると,無原罪懐胎の教義は「処女マリアが母親の胎内に宿された瞬間から原罪がないという信条を指す。人類は罪を受け継いでいる……。しかし,特別な恵みを得たマリアは,受け継がれていく原罪から守られた」。 *

それとは対照的に,聖書はマリアに原罪がなかったとは教えていません。(詩編 51:5。ローマ 5:12)マリアは自分が罪を受け継いでいたことを認め,モーセの律法に従って,罪を償う犠牲をささげました。(レビ記 12:2-8。ルカ 2:21-24)「新カトリック百科事典」にはこうあります。「無原罪の懐胎ということは,聖書の中では明確には教えられていない……。これは教会が生み出した教えである」。

 マリアをどう見るべきですか

マリアは信仰や従順や謙遜さ,神への深い愛など,立派な手本を示しました。マリアはわたしたちが見倣いたい忠実な人の一人です。(ヘブライ 6:12

マリアはイエスの母親になるという特別な役割がありましたが,聖書はマリアに崇拝や祈りをささげるようにとは教えていません。また,イエスは自分の母親を特別扱いしたり,弟子たちにそうするよう教えたりはしませんでした。実際,福音書と「使徒たちの活動」の書(マリアについて1回だけ触れている)を別にすると,マリアは“新約聖書”の他の22の書物で言及されていません。(使徒 1:14

マリアが1世紀に特別な注目を浴びたとか,あがめられたという記述は聖書にありません。むしろ,聖書は神だけを崇拝するようクリスチャンに教えています。(マタイ 4:10

^ 2節 イザヤ書で「乙女」と訳されているヘブライ語のアルマーは,処女にも処女でない女性にも使われます。しかし,神の導きを受けたマタイは,「処女」という意味のギリシャ語パルテノスを使いました。

^ 4節 「神の子」という表現の使用に対する反論もあります。神が女性と性関係を持つことはない,と考えるからです。しかし聖書はイエスが神による創造の初め,また神が直接創造した唯一無二の存在であると教えています。そういう意味で,イエスは「神の子」また「全創造物の初子」です。(コロサイ 1:13-15)最初の人間アダムも「神の子」と呼ばれています。(ルカ 3:38)なぜなら,アダムは神によって創造されたからです。

^ 8節 第2版,第7巻331ページ。