内容へ

聖書は“一度の救いは永久の救い”を教えていますか

聖書の答え

 いいえ,聖書は“一度の救いは永久の救い”という教理を教えてはいません。イエス・キリストへの信仰によって救いを得た人でも,救いにつながるその信仰を失うことがあります。聖書は,信仰を保つためには懸命な努力,「厳しい戦い」が必要である,と述べています。(ユダ 3,5)キリストをすでに受け入れていた初期クリスチャンも,「恐れとおののきをもって自分の救いを達成してゆきなさい」と教えられました。―フィリピ 2:12

“一度の救いは永久の救い”という教えの誤りを証明している聖句

  •   聖書は,神の王国に入れなくなるような重大な罪について警告しています。(コリント第一 6:9-11。ガラテア 5:19-21)救いを失う可能性がないとしたら,そのような警告は意味をなしません。むしろ聖書は,救いを得た人が重大なを犯す習慣に逆戻りし,離れ落ちてしまう可能性があることを示しています。例えば,ヘブライ 10章26節は「真理の正確な知識を受けた後,故意に罪を習わしにするなら,罪のための犠牲はもはや何も残されて」いない,と述べています。―ヘブライ 6:4-6。ペテロ第二 2:20-22

  •   イエスは,ご自分をぶどうの木に,そして弟子たちをその枝に例えて,信仰を保つことの重要性を強調なさいました。弟子たちは,一時は自分の実,つまり行動によってイエスに信仰を表わしたとしても,後にそうしなくなるなら,実のならない「枝のようにほうり出され」て救いを失うことになりました。(ヨハネ 15:1-6)使徒パウロも似たような例えを用い,信仰を保たないクリスチャンは「切り落とされる」,と述べています。―ローマ 11:17-22

  •   クリスチャンは「ずっと見張ってい」るよう命じられています。(マタイ 24:42; 25:13)ですから,「闇に属する業」を行なうことによって,あるいはイエスから命じられた活動を十分に行なわないことによって霊的な眠りに落ちる人は,救いを失ってしまいます。―ローマ 13:11-13。啓示 3:1-3

  •   たくさんの聖句が,救われている人であっても終わりまで忠実に忍耐しなければならない,ということを示しています。(マタイ 24:13。ヘブライ 10:36; 12:2,3。啓示 2:10)1世紀のクリスチャンは,仲間の信者たちが信仰を持って忍耐していることを知って喜びました。(テサロニケ第一 1:2,3。ヨハネ第三 3,4)忍耐しなくても救われるとしたら,忠実に忍耐することを聖書が強調するのは,筋の通ったことと言えるでしょうか。

  •   使徒パウロは,死が目前に迫った時に初めて,自分は必ず救われると考えることができました。(テモテ第二 4:6-8)それ以前のパウロは,肉の欲望に屈するなら自分の救いを失うことさえある,と理解していました。こう書いています。「自分の体を打ちたたき,奴隷として引いて行くのです。それは,他の人たちに宣べ(のべ)伝えておきながら,自分自身が何かのことで非とされるようなことにならないためです」。―コリント第一 9:27。フィリピ 3:12-14