内容へ

ハロウィーンにはどんな起源がありますか

せいしょこた

 せいしょにはハロウィーンについてなにかれていません。ハロウィーンはまいとし10がつ31にちいわわれています。でも,そのげんしゅうかんせいしょおしえにはんしています。

このではつぎてんげます。

 ハロウィーンのれきしゅうかん

  •   サムハイン: ワールドブックひゃってんえい)によると,ハロウィーンのげんは「2000ねんじょうまえにケルトじんいわっていただいきょうまつり」にさかのぼります。「サムハインのには,しゃきているものたちのあいだあるまわり,きているものしゃこうりゅうできる,とケルトじんしんじていた」ともかれています。(「 ハロウィーンということらい」をごらんください。)

  •   そう,キャンディー,「トリック・オア・トリート(おをくれないといたずらするぞ)」というフレーズ: 「ハロウィーン ― アメリカのしゅくさい,アメリカのれき」(えい)というほんによると,ケルトじんは,そうをすれば,さまよっているれいが「ぶんたちのなかだとかんちがいして」のがしてくれるだろうとかんがえました。また,お使つかってれいをなだめようとするひとたちもいました。

     ちゅうせいヨーロッパでは,カトリックのせいしょくしゃもとおこなわれていたきょうしゅうかんれ,そうをしたしんじゃおくものもとめていえいえまわるようにしました。

  •   ゆうれい,バンパイア,おおかみおとこじょ,ゾンビ: これらはむかしから,じゃあくれいかいむすけられてきました。「ハロウィーンのざつがく」(えい)というほんでは,「ちょうぜんかいぶつ」とばれていて,「しゃぬことへのおそれとふかかかわりがある」とされています。

  •   カボチャのランタン(ジャック・オ・ランタン): ちゅうせいのイギリスでは,ひとびとが「いえいえたずねて,しゃのためにいのかえりとしてものもとめ」ました。そのときに,「カブをくりぬいたランタン」をにしていました。「そのなかのろうそくはれんごくらわれたたましいあらわして」いました。(「ハロウィーン ― きょうしきがパーティーに」[えい])ハロウィーンのランタンは,じゃあくれいけないためのものだったというかたもあります。1800ねんだいきたアメリカでは,カブのわりにカボチャが使つかわれるようになりました。カボチャがほうにあり,なかをくりぬいてりやすかったからです。

 クリスチャンはハロウィーンをいわってもかまいませんか

 ハロウィーンをがいたのしみごとだとかんがえるひともいますが,そのしゅうかんせいしょおしえにこうからはんしています。ハロウィーンは,しゃれいあくりょうについてのちがったかんがもとづいています。

 つぎげるせいしょことから,かみさまがハロウィーンのことをどうているかがかります。

  •   「あなたがたのうちに……ぼうれいれいたずねたり,しゃしたりするものけっしていてはならない」。(しんめい 18:10,11,「エルサレムせいしょ」[えい])

      しゃとコンタクトをろうとすることやそうけることさえ,かみさまみとめていません。

  •  んだひとなにらない」。(でんどうしょ 9:5

      んだひとしきがないので,きているひととコンタクトをることができません。

  •  あくりょうとかかわりをものとな[ってはなりません]。あなたがたしゅさかずきあくりょうさかずきともむことはできません」。(コリントだいいち 10:20,21,「しんこくさいやく」[えい])

      かみさまよろこばれたいとおもひとは,あくりょういっさいかかわりをってはなりません。

  •  あくさくりゃくにしっかりか[い]ましょう。わたしたちは……じゃあくてん使せいりょくたたかっています」。(エフェソス 6:11,12

      クリスチャンはじゃあくてん使せいりょくたたかうべきであって,いっしょかれさわぐふりをするべきではありません。