内容へ

ハルマゲドンの戦いとは何ですか

聖書の答え

ハルマゲドンの戦いとは,人間の諸政府と神との間の最終的な戦争のことです。それらの政府と支持者たちは現在でも神に敵対しており,神の支配権に服することを拒んでいます。(詩編 2:2)ハルマゲドンの戦いでは,人間の支配に終わりがもたらされます。―ダニエル 2:44

「ハルマゲドン」(アルマゲドン)という語は,聖書の中で1回だけ,啓示 16章16節に登場します。「啓示」の書つまり黙示録の預言によると,「人の住む全地の王たち」が「全能者なる神の大いなる日の戦争」のために「ヘブライ語でハルマゲドンと呼ばれる場所」に集められます。―啓示 16:14

ハルマゲドンで戦うのはだれですか。イエス・キリストが神の敵たちに対して勝利を収めるため,天の軍勢を率いて戦います。(啓示 19:11-16,19-21)それらの敵には,神の権威に敵対する者や神を侮る者が含まれます。―エゼキエル 39:7

ハルマゲドンの戦いは中東地域で行なわれるのですか。そうではありません。ハルマゲドンの戦いは,1つの地域ではなく地球全体を巻き込みます。―エレミヤ 25:32-34。エゼキエル 39:17-20

ハルマゲドン(ヘブライ語「ハル メギッドーン」)という表現には,「メギドの山」という意味があります。メギドとは,かつて古代イスラエルの領地にあった都市のことです。歴史によると,その付近では幾つもの決戦が行なわれました。その中には,聖書に記録されている戦いもあります。(裁き人 5:19,20。列王第二 9:27; 23:29)しかし,ハルマゲドンという語は,古代メギド周辺の実際の地域を指しているのではありません。その地域に大きな山はありませんし,隣接しているエズレルの低地平原全体でも,神の敵すべてが集まるには狭すぎるからです。むしろハルマゲドンとは,諸国家が結集して神の支配に最後の抵抗をする世界情勢のことです。

ハルマゲドンの戦いの間,どのような状況が見られるのでしょうか。神がご自分の力をどのように用いられるのかは分かりません。とはいえ神は,過去になさったように,雹(ひょう),地震,豪雨,火,硫黄,稲妻,疫病といった武器を意のままにお用いになるでしょう。(ヨブ 38:22,23。エゼキエル 38:19,22。ハバクク 3:10,11。ゼカリヤ 14:12)神の敵たちは混乱に陥り,互いに殺し合う者も出てくるでしょう。それでも,彼らは最終的には,自分たちの戦っている相手が神ご自身であることに気づきます。―エゼキエル 38:21,23。ゼカリヤ 14:13

ハルマゲドンは世の終わりを意味していますか。地球が滅びることはありません。人類の永遠の住まいだからです。(詩編 37:29; 96:10。伝道の書 1:4)ハルマゲドンは人類を滅亡させるのではなく,むしろ救出します。神の僕(しもべ)から成る「大群衆」が生き残るからです。―啓示 7:9,14。詩編 37:34

一方,聖書の中の「世」という語は地球だけでなく,神に敵対する邪悪な人間社会を指すこともあります。(ヨハネ第一 2:15-17)それで,ハルマゲドンは邪悪な人間社会を滅ぼすという意味で「世の終わり」をもたらします。―マタイ 24:3,「ジェームズ王欽定訳(きんていやく)」(英語)。

ハルマゲドンはいつ起きるのですか。イエスは,ハルマゲドンの戦いでクライマックスを迎える「大患難」について話していた時,こう語りました。「その日と時刻についてはだれも知りません。天のみ使いたちも子も知らず,ただ父だけが知っておられます」。(マタイ 24:21,36)とはいえ聖書は,ハルマゲドンが,1914年に始まった目に見えないイエスの臨在期間中に起きることをはっきり示しています。―マタイ 24:37-39