内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

トーラーとは何ですか

聖書​の​答え

英語​の​Torah(トーラー)と​いう​語​は​ヘブライ​語​の​toh·rah'(トーラー)と​いう​語​に​由来​し​て​おり,「指示」,「教え」,または「律法」と​訳す​こと​が​でき​ます。 *以下​の​例​は,この​ヘブライ​語​が​聖書​中​で​どの​よう​に​用い​られ​て​いる​か​を​示し​て​い​ます。

  • toh·rah'(トーラー)は​多く​の​場合,聖書​の​最初​の​5​つ​の​書(創世記,出エジプト​記,レビ​記,民数記,申命記)を​指し​ます。これら​は​ペンタチューク​と​も​呼ば​れ​て​い​ます。この​表現​は「5​部​から​成る​書物」と​いう​意味​の​ギリシャ​語​に​由来​し​て​い​ます。トーラー​はモーセに​よっ​て​書か​れ​た​の​で,「モーセ​の​律法​の​書」と​呼ば​れ​て​い​ます。(ヨシュア 8:31。ネヘミヤ 8:1)これ​は​当初​1​冊​の​本​だっ​た​よう​です​が,後​に,取り扱い​やすい​よう​に​分割​さ​れ​まし​た。

  • toh·rah'(トーラー)は,特定​の​事柄​に​関し​て​イスラエル​に​与え​られ​た​律法​を​指し​て​用い​られる​こと​も​あり​ます。例えば,「罪​の​捧げ物​に​関する​律法[toh·rah']」,「[重い​皮膚​病]に​関する​律法」,「ナジル​人​に​関する​律法」など​です。(レビ​記 6:25; 14:57。民数記 6:13

  • toh·rah'(トーラー)は​親,賢人,または​神​ご自身​から​の​指示​や​教え​を​指す​こと​も​あり​ます。(箴言 1:8; 3:1; 13:14。イザヤ 2:3

トーラー,または​ペンタチューク​に​は​何​が​書か​れ​て​いる​か

  • 創造​の​初め​から​モーセ​の​死​まで​の​期間​に​神​が​人間​を​どの​よう​に​扱っ​て​こら​れ​た​か​に​関する​歴史。(創世記 1:27,28。申命記 34:5

  • モーセ​の​律法​の​規定。(出エジプト​記 24:3)この​律法​は​600​以上​の​法令​で​構成​さ​れ​て​い​ます。中​で​も​際立っ​て​いる​の​が,シェマ,つまり​ユダヤ​教​の​信仰​告白​です。シェマ​の​一部​に​は​こう​あり​ます。「あなた​は,心​を​つくし,魂​を​つくし,活力​を​つく​し​て​あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​ね​ば​なら​ない」。(申命記 6:4‐9)イエス​は「最大​で​第​一​の​おきて」と​し​て​この​言葉​に​言及​し​まし​た。(マタイ 22:36‐38

  • 約​1800​回​出​て​くる,神​の​お名前エホバ。トーラー​に​は,神​の​お名前​の​使用​を​禁じる​こと​で​は​なく,むしろ​神​の​民​に​それ​を​発音​する​よう​求める​命令​が​載せ​られ​て​い​ます。(民数記 6:22‐27。申命記 6:13; 10:8; 21:5

トーラー​に​関する​誤解

誤解: トーラー​の​律法​は​永遠​で​あり,決して​廃れる​こと​は​ない。

事実: 幾つ​か​の​聖書​翻訳​で​は,安息​日,祭司​職,贖罪​の​日​と​いっ​た​トーラー​の​特定​の​法令​に​関し​て,「永遠」,または「不変」で​ある​と​訳し​て​い​ます。(出エジプト​記 31:16; 40:15; レビ​記 16:33,34,新​共同​訳)しかし,これら​の​節​で​使わ​れ​て​いる​ヘブライ​語​に​は​不定​の​将来​まで​続く​と​いう​意味​も​あり,必ずしも​永遠​に​続く​こと​を​意味​する​わけ​で​は​あり​ませ​ん。 *モーセ​の​律法​契約​が​およそ​900​年​間​効力​を​保っ​た​後,神​は​それ​を「新しい​契約」に​置き換える​と​予告​さ​れ​まし​た。(エレミヤ 31:31‐33)「『新しい​契約』と​言う​こと​に​よっ​て,神​は​以前​の[契約]を​廃れ​た​もの​と​され​まし​た」。(ヘブライ 8:7‐13)今​から​2000​年​ほど​前,以前​の​契約​は​イエス​・​キリスト​の​死​に​基づい​て​置き換え​られ​まし​た。(エフェソス 2:15

誤解: ユダヤ​人​の​口頭​伝承​や​タルムード​は,成文​トーラー​と​同等​の​権威​を​持つ。

事実: 神​が​モーセ​に​成文​トーラー​と​共​に​口伝​律法​を​お与え​に​なっ​た,と​いう​聖書​的​な​証拠​は​あり​ませ​ん。むしろ​聖書​に​は​こう​あり​ます。「エホバ​は​続い​て​モーセ​に​言わ​れ​た,『あなた​の​ため​に​これら​の​言葉​を​書き記し​なさい』」。(出エジプト​記 34:27)口伝​律法​は,後代​に​成文​化​さ​れ,ミシュナ​と​し​て​知ら​れる​よう​に​なり,最終​的​に​は​タルムード​と​いう​書物​に​なり​まし​た。この​口伝​律法​は,パリサイ​人​が​始め​た​ユダヤ​人​の​伝統​で​成り立っ​て​い​ます。これら​の​伝統​に​は​トーラー​と​相いれ​ない​もの​が​多く​あり​ます。その​ため,イエス​は​パリサイ​人​に「あなた方​は,自分​たち​の​伝統​の​ゆえに​神​の​言葉​を​無​に​し​て​い​ます」と​言わ​れ​まし​た。(マタイ 15:1‐9

誤解: 女性​は​トーラー​を​学ぶ​べき​で​は​ない。

事実: モーセ​の​律法​に​は,律法​全体​が​女性​や​子ども​たち​を​含む​イスラエル​の​民​すべて​に​対し​て​読ま​れる,と​いう​規定​が​あり​まし​た。その​理由​に​つい​て,次​の​よう​に​記さ​れ​て​い​ます。「彼ら​が​聴く​ため,また​学ぶ​ため​で​ある。彼ら​は[自分​たち​の]神​エホバ​を​恐れ,注意​し​て​この​律法​の​すべて​の​言葉​を​履行​し​なけれ​ば​なら​ない​の​で​ある」。(申命記 31:10‐12 *

誤解: トーラー​に​は​隠さ​れ​た​メッセージ​が​ある。

事実: トーラー​を​書き記し​た​モーセ​に​よる​と,その​メッセージ​は​暗号​の​よう​に​隠さ​れ​た​もの​で​は​なく,すべて​の​人​に​とっ​て​明快​で​分かり​やすい​もの​です。(申命記 30:11‐14)トーラー​に​は​隠さ​れ​た​メッセージ​が​ある​と​いう​考え​は,カバラ,つまり​伝統​的​ユダヤ​教​の​神秘​主義​に​基づい​て​い​ます。彼ら​は​聖書​を​解釈​する​ため​に「巧み​に​考え出さ​れ​た」方法​を​用い​て​い​ます。 *ペテロ​第​二 1:16

^ 3節 「最強​版​ストロング​編​聖書​詳細​用語​索引」(The Strongest Strong's Exhaustive Concordance of the Bible)の​改訂​版​の「旧約​聖書​の​ため​の​ヘブライ​語‐アラム​語​辞書​索引」の​セクション​に​ある,8451​番​を​ご覧​ください。

^ 13節 「旧約​聖書​の​神学​用語​集」(英語)第​2​巻​672‐673​ページ​を​ご覧​ください。

^ 17節 トーラー​自体​が​教え​て​いる​こと​と​は​対照​的​に,ユダヤ​人​の​法律​は​伝統​的​に,女性​が​トーラー​を​学ぶ​こと​を​禁じ​て​い​ます。例えば,ミシュナ​は​ラビ​・​エリエゼル​・​ベン​・​ヒルカノス​の「自分​の​娘​に​トーラー​を​教える​こと​は,娘​に​淫ら​な​こと​を​教える​よう​な​もの​だ」と​いう​言葉​を​引用​し​て​い​ます。(ソター 3:4)エルサレム​・​タルムード​に​は,エリエゼル​の「トーラー​の​言葉​を​女性​に​伝える​ぐらい​なら​むしろ​その​言葉​を​火​で​焼き尽くす​よう​に​せよ」と​いう​言葉​が​載せ​られ​て​い​ます。(ソター 3:19前半)

^ 19節 例えば,「ユダヤ​大​百科​事典」(英語)は​トーラー​に​対する​カバラ​主義​的​な​態度​に​つい​て​次​の​よう​に​説明​し​て​い​ます。「トーラー​は​何​か​特定​の​意味​を​持つ​と​いう​より,実際​は​多く​の​異なる​側面​に​おい​て​多く​の​異なる​事柄​を​意味​し​て​いる​の​で​ある」。(第​2​版​第​11​巻​659​ページ)

もっと調べる

神からの良い知らせ

神には名前がありますか

神にはいろいろな称号があります。全能者,創造者,主などです。このビデオは,聖書に7,000回ほど登場する神の固有の名に光を当てています。