アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

聖書の年代計算は1914年について何を明らかにしていますか

聖書答え

聖書基づく年代計算よると,神王国1914設立ました。このは,聖書ダニエル書 4記録預言から知ることできます。

この預言あらすじ。バビロンネブカドネザルに,途方なく大きな切り倒されるいう預言させました。その切り株は,「七つ時」のあいだ成長ないようされ後,再び成長することなっました。―ダニエル 4:1,10‐16

最初成就。巨大ネブカドネザル表わしました。(ダニエル 4:20‐22)王は,一時狂気襲わ王権失っ7間,比喩に「切り倒」されました。(ダニエル 4:25)しかし,神よっ正気回復られると,王権取り戻し,神支配認めました。―ダニエル 4:34‐36

より規模成就。この預言目的は,「至高人間王国支配あり,ご自分望むそれ与え,人うち最も立場低いさえその立てるいうことを,生ける知る」ことでした。(ダニエル 4:17)神最終支配与えたい望んおらは,高慢ネブカドネザルありませでした。神は,それより時点で,別預言させ,その役割担うネブカドネザル政治支配ないこと明らかおらからです。むしろ,神ご自身が「決して滅びることないひとつ王国立てられ」ることなっました。―ダニエル 2:31‐44

過去おいて,神ご自分支配代表せるため地上古代イスラエルいう1王国立てられました。しかし,そのたち忠実なっため,神王国が「破滅」することお許しなり,王権を「法的権利持つ者」に与える予告なさいました。(エゼキエル 21:25‐27)聖書は,イエスキリストこの永遠王国受ける法的権利持つあること明らかます。(ルカ 1:30‐33)イエスネブカドネザル違い,「心へりくだっ者」です。―マタイ 11:29

ダニエル 4くる表わしいるか。聖書で,木支配表わす場合あります。(エゼキエル 17:22‐24; 31:2‐5ダニエル 4途方なく大きなは,より規模成就おいて,神支配象徴ます。

その切り倒されること意味いるか。その切り倒されることは,ネブカドネザル王権中断だけなく,地上おける支配中断意味ました。このことは,エルサレム ― イスラエルたちご自身代表て「エホバ王座」に座し所 ― が,ネブカドネザルよっ滅ぼさ生じました。―歴代一 29:23

「七つ時」は表わしいるか。「七つ時」とは,諸国家地上支配することお許しなり,神よっ立てられいかなる王国それ干渉ない期間ことです。聖書基づく年代計算よると,「七つ時」は西暦60710始まり,そのエルサレムバビロニアよっ滅ぼさました。 *列王二 25:1,8‐10

「七つ時」とどれくらい長さことか。ネブカドネザル場合よう7ありません。手がかりイエス言葉あります。「エルサレム[神支配象徴]は,諸国民定められ満ちるまで,諸国民踏みにじられる」。(ルカ 21:24)この「諸国民定められ時」とは,神支配が「諸国民踏みにじられる」のお許しなる期間ことで,ダニエル 4くる「七つ時」と同じものです。それで,「七つ時」はイエス地上おら続いた,ということなります。

聖書は,この預言な「七つ時」の長さ特定するヒントあります。聖書よると,「一時半時」つまり1,260相当するで,「七つ時」はその22,520なります。(啓示 12:6,14)「一対し一日」という預言ルール適用すると,2,5202,520ことです。ですから,「七つ時」つまり2,520は,191410終わっことなります。―民数記 14:34。エゼキエル 4:6

^ 10節 西暦607いう年数関し詳しいことは,「ものみの塔」201110126‐31ページの「古代エルサレム滅ぼさいつか ― 第1部」と,「ものみの塔」201111122‐28ページの「古代エルサレム滅ぼさいつか ― 第2部」という記事ご覧ください。

もっと調べる

今は「終わりの日」ですか

世の中で見られる人々の行ないや態度は,聖書の予告どおり今が「終わりの日」である証拠です。なぜそう言えますか。