内容へ

キリスト教にこれほど多くの宗派があるのはなぜですか

聖書の答え

 人々はイエス・キリストの教えを使って,“キリスト教”の様々な宗派を作ってきました。しかし,聖書によると,キリスト教として正しいものは1つしかありません。そう言える理由を3つだけ考えてみましょう。

  1.   イエスは「真理」を教えたと述べました。また,初期クリスチャンは,自分たちの宗教を「真理」と呼びました。(ヨハネ 8:32。ペテロ第二 2:2。ヨハネ第二 4。ヨハネ第三 3)このような表現から,イエスの教えに反する教理を推し進める人は真のキリスト教を実践していない,ということが分かります。

  2.   聖書は,クリスチャン「すべての語るところは一致しているべき」だと教えています。(コリント第一 1:10)しかしながら,多くの宗派は,クリスチャンであるとはどういうことか,といった基本的な教えにおいても一致していません。そうした宗派すべてが正しい,ということはあり得ません。―ペテロ第一 2:21

  3.   イエスは,多くの人がクリスチャンだと主張しながらイエスの命令に従わないことを予告し,そうした人たちを退けると述べました。(マタイ 7:21-23。ルカ 6:46)そうした人の中には,真の崇拝を腐敗させて私腹を肥やす宗教指導者たちに惑わされている人たちもいます。(マタイ 7:15)一方,まがい物のキリスト教の方を実際に好む人たちもいます。そうした宗派が,聖書の真理よりも自分たちの聞きたいと思うことを語るからです。―テモテ第二 4:3,4

 小麦と雑草の例えの中で,イエスは真のキリスト教に対する大規模な反抗(背教)を予告しました。(マタイ 13:24-30,36-43)真のクリスチャンと偽のクリスチャンの見分けがつかない状態は,長い期間に及びます。イエスの予告通り,使徒たちの死後,背教は盛んになりました。(使徒 20:29,30)背教者の教えは様々だとは言え,種々のまがい物のキリスト教はすべて「真理からそれ」ています。―テモテ第二 2:18

 イエスはまた,真のクリスチャンと偽のクリスチャンの違いがやがて明らかになることも予言しました。そのことは,今この時代,「事物の体制の終結」の期間中に起きています。―マタイ 13:30,39