内容へ

イエスはどんな外見でしたか

聖書の答え

イエスがどのような外見の人であったかを正確に知っている人はだれもいません。イエスの容姿について聖書は述べていないからです。ですから,イエスの身体的な特徴は重要ではないことが分かります。それでも聖書には,イエスの外見について幾らか知る手がかりがあります。

  • 特徴: イエスは,母親がユダヤ人だったので,ユダヤ人の身体的な特徴を受け継いでいたことでしょう。(ヘブライ 7:14)すぐに見分けがつく顕著な特徴はなかったと思われます。ある時には,周囲に気づかれることなくガリラヤからエルサレムまでひそかに旅行することができました。(ヨハネ 7:10,11)また,親しい弟子たちといた時でさえ,イエスは目立たなかったようです。武器を持ってイエスを捕縛しようとしている大勢の人に対し,ユダ・イスカリオテはどの人がイエスかを伝えなければなりませんでした。(マタイ 26:47-49

  • 髪の長さ: イエスの髪は長くはなかったでしょう。聖書は,「男が長い髪をしていれば,それは彼にとって不名誉なことです」と述べているからです。(コリント第一 11:14

  • あごひげ: イエスはあごひげを蓄えていました。イエスは,大人の男性が「あごひげの端を損な[う]」ことを禁じているユダヤ人の律法に従いました。(レビ記 19:27。ガラテア 4:4)さらに聖書は,イエスが受ける苦しみについての預言の中で,イエスのあごひげに言及しています。(イザヤ 50:6

  • 身体(からだ): あらゆる記述から,イエスは強健な体の持ち主であったということが分かります。宣教期間中,イエスはたくさんの距離を移動しました。(マタイ 9:35ユダヤ人の神殿を2度にわたって清めた際には両替屋の台を倒し,むちで家畜を追い出したこともありました。(ルカ 19:45,46。ヨハネ 2:14,15)マクリントクおよびストロング共編の「百科事典」(英語)には,「福音書の記述全体は,[イエスの]身体が丈夫で活力にあふれていたことを示している」とあります。(第4巻,884ページ)

  • 顔の表情: イエスは温かく,思いやりのある人だったので,顔の表情にもそれが表われていたに違いありません。(マタイ 11:28,29)あらゆる人が,慰めと助けを得るためにイエスを捜し求めました。(ルカ 5:12,13; 7:37,38)子どもも,緊張せずにイエスのそばにいました。(マタイ 19:13-15。マルコ 9:35-37

イエスの外見についての誤解

誤解: ある人たちは,「啓示」の書がイエスの髪の毛を羊毛に,その足を「白熱している……銅」に例えていることを根拠として,イエスはアフリカ系の血筋だったに違いないと論じている。(啓示 1:14,15

事実: 「啓示」の書は,「しるしにより」示されたものです。(啓示 1:1)イエスの髪の毛と足は象徴的な言葉で描写されており,それは地上にいたときのイエスの外見を描写するためではなく,復活後のイエスの特質を説明するためでした。イエスの「頭と髪の毛は白い羊毛のように,また雪のように白[い]」と述べられているように,啓示 1章14節で示されている類似点は質感ではなく,色です。これはイエスの長年蓄積された豊かな知恵を表わしています。(啓示 3:14)この聖句は,イエスの髪の毛を雪の質感と比較していないのと同様,羊毛の質感と比較してはいません。

イエスの足は「炉の中で白熱しているときの純良な銅に似て」いました。(啓示 1:15)さらに,イエスの顔は「力いっぱいに輝くときの太陽のよう」でした。(啓示 1:16)これらの描写のような肌の色の人種はいないので,この幻は象徴的なものであるはずです。復活したイエスを「近づき難い光の中に住[む]」方として示しているのです。(テモテ第一 6:16

誤解: イエスは弱々しい人だった。

事実: イエスの振る舞いには男らしさがありました。例えば,イエスは自分を捕らえに来た武装した群衆を前にして堂々と名乗り出ました。(ヨハネ 18:4-8)工具を使う大工として働いていたことからすると,身体的にも強健だったに違いありません。(マルコ 6:3

では,イエスはなぜ苦しみの杭を運ぶのを手伝ってもらう必要があったのでしょうか。なぜ,イエスと共に処刑された者たちよりも先に亡くなったのでしょうか。(ルカ 23:26。ヨハネ 19:31-33)イエスが処刑される時にはすでに,その体はひどく弱っていました。イエスは精神的な苦悩もあり,一晩中起きたままでした。(ルカ 22:42-44)また,その晩は,ユダヤ人から不当な扱いを受け,翌朝,ローマ人から拷問を受けていました。(マタイ 26:67,68。ヨハネ 19:1-3)こうした事柄は,イエスの死を早める要因となったことでしょう。

誤解: イエスはいつも陰気で悲しげな人だった。

事実: イエスは,聖書中で「幸福な神」と描写されている天の父,エホバの特質を完璧に反映していました。(テモテ第一 1:11。ヨハネ 14:9)実際,イエスは,幸福になる秘けつを他の人に教えました。(マタイ 5:3-9。ルカ 11:28)これらの事実は,イエスの顔の表情には多くの場合,幸福な気持ちが表われていたことを示しています。