内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

だれが「地獄」に行きますか

聖書の答え

「地獄」(英語はhell,聖書の原語では「シェオル」や「ハデス」)は単に墓を意味します。火の燃える責め苦の場所ではありません。では,だれがそこに行きますか。良い人も悪い人も行きます。(ヨブ 14:13。詩編 9:17)そこは,人間にとって共通の墓場ともいうべき場所です。人は「すべての生けるもののための集合の家」に行く,と聖書は述べています。―ヨブ 30:23

イエスも死ぬと,そこに行きました。しかし,「彼は陰府(よみ)に捨てておかれ」ませんでした。神がイエスを復活させたからです。―使徒 2:31,32,「新共同訳」,共同訳聖書実行委員会。

「地獄」は永遠に存在しますか

「地獄」に行く人は皆,そこから出て来ます。イエスが神から与えられた力を用いて,その人たちを生き返らせるのです。(ヨハネ 5:28,29。使徒 24:15)将来のその復活について,啓示(黙示録)20章13節には,「死と地獄もその中にいる死者を引き渡した」という預言があります。(「ジェームズ王欽定訳」,英語)「地獄」は死者を出して空になると,存在しなくなります。「もはや死はなく」,そこに行く人がいないからです。―啓示 21:3,4; 20:14

しかし,死者がすべて「地獄」に行くわけではありません。聖書によれば,悪に凝り固まり,悔い改める見込みのない人たちもいます。(ヘブライ 10:26,27)そのような人は死ぬと,「地獄」ではなく「ゲヘナ」に行きます。ゲヘナは永遠の滅びの象徴です。(マタイ 5:29,30)イエスも,当時の偽善的な宗教指導者の中にゲヘナに行く人たちがいる,と言いました。―マタイ 23:27‐33