内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

若い人は尋ねる

性的暴力について知っておきたいこと(パート2: 立ち直る)

 罪悪感に対処する

性的暴力を受けた人の多くは,自分の身に起きたことを非常に恥ずかしく感じています。自分に責任があるとさえ考えているかもしれません。6歳から13歳まで性的虐待を受け,現在19歳になっているカレンという女性はこう言っています。「一番難しいのは罪悪感に対処することです。『どうしてあんなに長く虐待を許してしまったのだろうか』と思ってしまいます」。

あなたもそのように感じているなら,以下の点を考えてみてください。

  • 子どもは身体的にも感情的にも性行為に対する備えができていません。そうした行為が何を意味するのか分からないので,本当に納得した上で性行為に合意する能力はないのです。ですから,児童虐待の責任は子どもにはありません。

  • 子どもはたいてい,大人を信頼し,堕落した人の手口など考えもしません。そのため,狙われやすくなります。「性的いたずらをする者は“非常に善良な”詐欺師なので,子どもは巧みに操縦されたら太刀打ちできない」と,「純潔でいる権利」(英語)という本は述べています。

  • 子どもはいたずらをされている時に,性的興奮を感じることがあります。もしもそのような経験をしたことがあるなら,それは特定の方法で触られた場合に生じる体の反応なのです。性的いたずらに合意する能力があなたにあったとか,あなたのせいで虐待されたということではありません。

提案: あなたが知っている子どもたちの中で,あなたがいたずらをされた時と同じ年齢の子がいますか。「その子がいたずらされたとしたら,それはその子のせいだと言えるだろうか」と考えてみてください。

カレンは3人の子どものベビーシッターをしていた時に,そのことを考えました。子どもの中の1人は6歳くらいで,ちょうどカレンが虐待されるようになった年齢でした。「その年齢の子どもがどんなに狙われやすいかが分かりました。だからわたしも本当に狙われやすかったんですね」とカレンは語っています。

事実: 虐待の責任は加害者にあります。聖書は,「邪悪な者の邪悪はその人自身に帰する」と述べています。―エゼキエル 18:20

 打ち明けることの大切さ

いたずらされたことを信頼できる大人に話すなら,気持ちが楽になります。聖書には,「真の友はどんな時にも愛しつづけるものであり,苦難のときのために生まれた兄弟である」とあります。―箴言 17:17

起きたことについて話さないようにすれば,いくらか安心だと感じる気持ちも分かります。沈黙して壁を築き,さらに傷つけられないよう身を守ろうとしているのかもしれません。沈黙の壁があると確かに守られますが,助けを得るのが難しくなります。

沈黙して壁を作ると,傷つけられないよう身を守れるが,助けを得るのが難しくなる

ジャネットという若い女性は,いたずらされたことを話したので気持ちがとても楽になったと感じました。こう語っています。「とても小さい時,よく知っていて信頼していた人から性的虐待を受け,何年も黙っていました。でも,母にそのことを話せた時,肩から重たい荷が下りたような気がしました」。

ジャネットは自分のことを振り返って,話すのをためらう人がいるのも理解できると言い,こう続けます。「虐待は話すのも嫌なことです。でも,わたしの場合,その秘密を抱えて生きるのは苦しくてしかたがありませんでした。その問題ともっと早く向き合えばよかったと思います」。

 「いやす」ための時

あなたは,性的虐待を受けたために,自分に関して思い違いをして,悩んでいるかもしれません。たとえば,自分はきずものになって価値がないとか,人に性的な満足を与えるための存在にすぎないといった思い違いです。でも,あなたにはそうした間違った概念から解放される機会があり,「いやす」ための時から益を得ることができるのです。(伝道の書 3:3)そのために何が役立つでしょうか。

聖書を学ぶこと。聖書には神の考えが収められています。神の考えは「強力」で,自分の真価に対する誤った推論など「強固に守り固めたものを覆す」ことができます。(コリント第二 10:4,5)次のような聖句を読んで考えてみましょう。イザヤ 41章10節,エレミヤ 31章3節,マラキ 3章16,17節,ルカ 12章6,7節,ヨハネ第一 3章19,20節などです。

祈ること。自分には価値がないという気持ちや罪悪感に圧倒される時には,祈りによって「あなたの重荷をエホバご自身にゆだね」てください。(詩編 55:22)あなたは決して独りではありません!

会衆の長老たち。この人たちは,「風からの隠れ場,雨あらしからの隠れ場所」のようになるための訓練を受けたクリスチャンの男子です。(イザヤ 32:2)あなたが自分自身に対してバランスの取れた見方をし,前向きに生きていけるよう助けることのできる人たちです。

良い交友。クリスチャンとして模範的な生活を送っている人たちを観察しましょう。その人たちが互いにどう接しているかに注目してください。愛していると言いながら自分の影響力を利用して虐待するような人ばかりではないということが,いずれ分かってきます。

ターニャという名前の若い女性はこの大切な教訓を学んでいます。ターニャはごく幼い時から,何人もの男性の性の対象にさせられてきました。「わたしを傷つけたのは,身近な人ばかりでした」と語っています。しかし,やがてターニャは,下心のない愛を実際に示す人がいるということに気づきました。どのようにしてでしょうか。

クリスチャンとして模範的な一組の夫婦と親しくなって,見方が変わったのです。こう述べています。「ご主人の行動を見て,すべての男性が虐待をするわけではないということが分かりました。その方は奥さんを守る人でした。それはまさに神が意図しておられることです」。 *エフェソス 5:28,29

^ 27節 慢性うつ病,摂食障害,自傷行為,薬物乱用,睡眠障害,自殺願望などの問題を抱えているなら,資格のある医師に助けを求めるのが賢明でしょう。