内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

学校が好きになれません

どう  たら いい 

勉強  対し  積極   見方  する。見方  広げ ましょ う。授業  内容 すべて が ― 少なく    は ― 自分  関係  ある   思え ない   しれ ませ ん。でも,さまざま  教科  学ぶ こと  より,周り  世界   理解  深める こと  でき ます。それ は,異なる 背景  持つ 人々  話す 能力  培い,「あらゆる   対し  あらゆる もの」と なる   役立ち ます。(コリント  一 9:22)いずれ    も,考える   伸ばす こと  でき ます。その   将来,必ず   立ち ます。

学校  勉強  こなし  いく こと は,やぶ    切り開く よう  もの。適切  方法  取れ  どちら  不可能   ない

先生  対し  積極   見方  する。退屈  先生   思う なら,先生    なく,授業  内容  注意  集中  ましょ う。先生 は,同じ こと  これ まで  何十  も,もしか する  何百   教え      しれ ませ ん。ですから,熱意  保つ   大変  こと です。

ヒント: ノート  取り,敬意  こめ  質問 し,授業  一生懸命 取り組み ましょ う。あなた  熱意  周り  伝わっ  いき ます。

自分  能力  対し  積極   見方  する。学校 教育  よっ て,隠れ  才能  引き出さ れる こと  あり ます。パウロ  テモテ に,「あなた  うち  ある   賜物 を,火  よう  燃え立た せる」よう   書き まし た。(テモテ  二 1:6)テモテ  何らか  能力   から 与え られ    よう です。しかし,その「賜物」を 磨く 必要  あり まし た。そう  なけれ ば,その 能力  生かさ    無駄  なっ  こと でしょ う。もちろん,あなた  学力   から 直接 授け られ  もの   あり ませ ん。それでも,あなた  才能 あなた だけ  ものです。学校 教育 は,自分   気づい   なかっ  能力  発見 し,身  つける 助け  なり ます。