内容へ

若い人は尋ねる

メールをするとき,どんなことに気をつけたらいいですか

  • (ˆoˆ) 賢く使えば,連絡を取るのにすごく便利。

  • (>_<) 使い方を間違えると,友達関係にひびが入り,自分の評判も悪くなる。

 だれにメールするか

メールは絶対に必要だ,と多くの若者は考えています。メールを使えば,いろいろな人と自由に連絡を取り合えます。といっても,親が反対しなければの話です。

「父は,わたしや妹が男の子と話すのを嫌がります。話すとしたら,ほかにも人がいるリビングで,固定電話を使わないといけないんです」。―レノア。

気をつけよう: だれかれ構わずに携帯番号やアドレスを教えていると,問題が起きます。

「教える相手を注意深く選ばないと,迷惑メールや嫌な写真が送られてくるようになります」。―スコット。

「特定の異性といつもメールしていると,すぐにその子が好きになってしまいます」。―スティーブン。

聖書のアドバイス: 「災いを見て身を隠す者は明敏である」。(箴言 22:3)少し気をつけていれば,嫌な思いをしないで済みます。

経験談: 「ある男の子と友達になって,しょっちゅうメールしていました。わたしは,ただの友達だと思っていました。でもその子から,『好きなんだ』と言われて初めて問題に気づきました。今になってみると,あんなに頻繁に一緒に過ごしたりメールをしたりしなければよかった,と思います」。―メリンダ。

考えてみよう: 相手の気持ちを知って,メリンダとその子の友達関係にはどんな変化があった,と思いますか。

時間を戻せるとしたら: メリンダがどうしていたなら,二人は友達のままでいられたでしょうか。

 どんなメールを送るか

メールのやり取りはとても簡単で楽しいので,内容が誤解されるかもしれないという点を忘れがちです。

気をつけよう: メールでは,意図が正確に伝わらないことがあります。

「メールだと,気持ちや口調が伝わりません。絵文字や顔文字を使ってもそうです。だから誤解が生まれます」。―ブリアナ。

「男の子へのメールの内容が原因で,評判が悪くなり,軽薄と見られるようになった女の子たちがいます」。―ローラ。

聖書のアドバイス: 「善良な人は答える前に考える」。(箴言 15:28,「グッド・ニュース訳」[英語])ですから,“送信”を押す前に,メールの内容を再確認しましょう!

 いつメールするか

常識を働かせ,自分なりのルール(メールのマナー)を作りましょう。

気をつけよう: メールのマナーに注意しないと,失礼な人と思われて,友達を作るどころか失ってしまいます。

「メールのマナーを忘れてしまうことがよくあります。だれかと話している時や食事中にメールしてしまうんです」。―アリソン。

「運転中のメールは危険です。道路から目を離すと,事故になりかねません」。―アン。

聖書のアドバイス: 「何事にも定められた時がある。……黙っているのに時があり,話すのに時がある」。(伝道の書 3:1,7)これはメールにも当てはまります!

 メール・アドバイス

だれにメールするか

  • (ˆ_-) 親の指針に従いましょう。―コロサイ 3:20

  • (ˆ_-) 携帯番号やアドレスは個人情報なので,教える相手を選びましょう。個人情報を尋ねられたとき上手に断わるスキルは,大人になってからも必要です。

  • (ˆ_-) 軽薄な内容のなれなれしいメールを送ってはなりません。恋愛感情が生まれて,いらだちや心痛を味わうことになるかもしれません。

「わたしは携帯の使い方に気をつけてきました。親もそのことを認めていて,だれを連絡先に登録するかについても信頼してくれています」。―ブリアナ。

どんなメールを送るか

  • (ˆ_-) メールを打つ前に,「この場合,メールで伝えるのがふさわしいだろうか」と考えましょう。電話をかけるか,あとで直接話すほうがよいかもしれません。

  • (ˆ_-) 面と向かって言わないようなことをメールしてはなりません。「口で言うべきでないことは,メールに書くべきではありません」と23歳のサラは言います。

「卑わいな写真が送られてきたら,親に知らせます。そうすれば,身を守れますし,親から信頼されるようになります」。―シルバン。

いつメールするか

  • (ˆ_-) 携帯電話を使わない時間をあらかじめ決めておきましょう。「食事の時や勉強中は携帯をそばに置かないようにしています。クリスチャンの集会の時も,見たくならないように電源を切っています」とオリビアは言います。

  • (ˆ_-) 他の人の気持ちを考える。(フィリピ 2:4)会話中にメールをしてはなりません。

「友達みんなと一緒にいる時にはできるだけメールをしない,といった自分なりのルールを決めています。そして,親しい人以外には携帯番号を教えないようにしています」。―ヤネリー。