• (ˆ​o​ˆ) 賢く​使え​ば,連絡​を​取る​の​に​すごく​便利。

  • (>_<) 使い方​を​間違える​と,友達​関係​に​ひび​が​入り,自分​の​評判​も​悪く​なる。

 だれ​に​メール​する​か

メール​は​絶対​に​必要​だ,と​多く​の​若者​は​考え​て​い​ます。メール​を​使え​ば,いろいろ​な​人​と​自由​に​連絡​を​取り合え​ます。と​いっ​て​も,親​が​反対​し​なけれ​ば​の​話​です。

「父​は,わたし​や​妹​が​男​の​子​と​話す​の​を​嫌がり​ます。話す​と​し​たら,ほか​に​も​人​が​いる​リビング​で,固定​電話​を​使わ​ない​と​いけ​ない​ん​です」。―レノア。

気​を​つけ​よう: だれかれ​構わ​ず​に​携帯​番号​や​アドレス​を​教え​て​いる​と,問題​が​起き​ます。

「教える​相手​を​注意深く​選ば​ない​と,迷惑​メール​や​嫌​な​写真​が​送ら​れ​て​くる​よう​に​なり​ます」。―スコット。

「特定​の​異性​と​いつも​メール​し​て​いる​と,すぐ​に​その​子​が​好き​に​なっ​て​しまい​ます」。―スティーブン。

聖書​の​アドバイス: 災い​を​見​て​身​を​隠す​者​は​明敏​で​ある」。(箴言 22:3)少し​気​を​つけ​て​いれ​ば,嫌​な​思い​を​し​ない​で​済み​ます。

経験​談: ある​男​の​子​と​友達​に​なっ​て,しょっちゅう​メール​し​て​い​まし​た。わたし​は,ただ​の​友達​だ​と​思っ​て​い​まし​た。でも​その​子​から,『好き​な​ん​だ』と​言わ​れ​て​初めて​問題​に​気づき​まし​た。今​に​なっ​て​みる​と,あんな​に​頻繁​に​一緒​に​過ごし​たり​メール​を​し​たり​し​なけれ​ば​よかっ​た,と​思い​ます」。―メリンダ。

考え​て​み​よう: 相手​の​気持ち​を​知っ​て,メリンダ​と​その​子​の​友達​関係​に​は​どんな​変化​が​あっ​た,と​思い​ます​か。

時間​を​戻せる​と​し​たら: メリンダ​が​どう​し​て​い​た​なら,二​人​は​友達​の​まま​で​いら​れ​た​でしょ​う​か。

 どんな​メール​を​送る​か

メール​の​やり取り​は​とても​簡単​で​楽しい​の​で,内容​が​誤解​さ​れる​か​も​しれ​ない​と​いう​点​を​忘れ​がち​です。

気​を​つけ​よう: メール​で​は,意図​が​正確​に​伝わら​ない​こと​が​あり​ます。

「メール​だ​と,気持ち​や​口調​が​伝わり​ませ​ん。絵​文字​や​顔​文字​を​使っ​て​も​そう​です。だから​誤解​が​生ま​れ​ます」。―ブリアナ。

「男​の​子​へ​の​メール​の​内容​が​原因​で,評判​が​悪く​なり,軽薄​と​見​られる​よう​に​なっ​た​女​の​子​たち​が​い​ます」。―ローラ。

聖書​の​アドバイス: 善良​な​人​は​答える​前​に​考える」。(箴言 15:28,「グッド​・​ニュース​訳」[英語])ですから,“送信”を​押す​前​に,メール​の​内容​を​再​確認​し​ましょ​う!

 いつ​メール​する​か

常識​を​働かせ,自分​なり​の​ルール(メール​の​マナー)を​作り​ましょ​う。

気​を​つけ​よう: メール​の​マナー​に​注意​し​ない​と,失礼​な​人​と​思わ​れ​て,友達​を​作る​どころ​か​失っ​て​しまい​ます。

「メール​の​マナー​を​忘れ​て​しまう​こと​が​よく​あり​ます。だれ​か​と​話し​て​いる​時​や​食事​中​に​メール​し​て​しまう​ん​です」。―アリソン。

「運転​中​の​メール​は​危険​です。道路​から​目​を​離す​と,事故​に​なり​かね​ませ​ん」。―アン。

聖書​の​アドバイス: 何事​に​も​定め​られ​た​時​が​ある。……黙っ​て​いる​の​に​時​が​あり,話す​の​に​時​が​ある」。(伝道​の​書 3:1,7)これ​は​メール​に​も​当てはまり​ます!

 メール​・​アドバイス

だれ​に​メール​する​か

  • (ˆ_‐) 親​の​指針​に​従い​ましょ​う。―コロサイ 3:20

  • (ˆ_‐) 携帯​番号​や​アドレス​は​個人​情報​な​の​で,教える​相手​を​選び​ましょ​う。個人​情報​を​尋ね​られ​た​とき​上手​に​断わる​スキル​は,大人​に​なっ​て​から​も​必要​です。

  • (ˆ_‐) 軽薄​な​内容​の​なれなれしい​メール​を​送っ​て​は​なり​ませ​ん。恋愛​感情​が​生ま​れ​て,いらだち​や​心痛​を​味わう​こと​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

「わたし​は​携帯​の​使い方​に​気​を​つけ​て​き​まし​た。親​も​その​こと​を​認め​て​い​て,だれ​を​連絡​先​に​登録​する​か​に​つい​て​も​信頼​し​て​くれ​て​い​ます」。―ブリアナ。

どんな​メール​を​送る​か

  • (ˆ_‐) メール​を​打つ​前​に,「この​場合,メール​で​伝える​の​が​ふさわしい​だろ​う​か」と​考え​ましょ​う。電話​を​かける​か,あと​で​直接​話す​ほう​が​よい​か​も​しれ​ませ​ん。

  • (ˆ_‐) 面​と​向かっ​て​言わ​ない​よう​な​こと​を​メール​し​て​は​なり​ませ​ん。「口​で​言う​べき​で​ない​こと​は,メール​に​書く​べき​で​は​あり​ませ​ん」と​23​歳​の​サラ​は​言い​ます。

「卑わい​な​写真​が​送ら​れ​て​き​たら,親​に​知らせ​ます。そうすれば,身​を​守れ​ます​し,親​から​信頼​さ​れる​よう​に​なり​ます」。―シルバン。

いつ​メール​する​か

  • (ˆ_‐) 携帯​電話​を​使わ​ない​時間​を​あらかじめ​決め​て​おき​ましょ​う。「食事​の​時​や​勉強​中​は​携帯​を​そば​に​置か​ない​よう​に​し​て​い​ます。クリスチャン​の​集会​の​時​も,見​たく​なら​ない​よう​に​電源​を​切っ​て​い​ます」と​オリビア​は​言い​ます。

  • (ˆ_‐) 他​の​人​の​気持ち​を​考える。(フィリピ 2:4)会話​中​に​メール​を​し​て​は​なり​ませ​ん。

「友達​みんな​と​一緒​に​いる​時​に​は​できる​だけ​メール​を​し​ない,と​いっ​た​自分​なり​の​ルール​を​決め​て​い​ます。そして,親しい​人​以外​に​は​携帯​番号​を​教え​ない​よう​に​し​て​い​ます」。―ヤネリー。