内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

若い人は尋ねる

ポルノは危険?

 あなたは避けることができる?

インターネットを使っていれば,いつかは何らかの形でポルノに出くわすでしょう。17歳のヘイリーはこう言います。「こちらから探す必要はありません。ポルノのほうが探しに来ます」。

ポルノを避けようと固く決意している人でさえも誘惑を受けます。「警戒を緩めない,と自分に言い聞かせていたのに緩めてしまいました。自分は大丈夫,とはだれも言えません」と18歳のグレッグは認めます。

今日,ポルノにアクセスするのは,かつてないほど簡単です。セクスティングの出現により,自分の性的な写真や動画などを撮って送信する十代の子たちも少なくありません。

まとめ: 親や祖父母があなたぐらいの若さだった時よりも,誘惑は大きくなっています。では,あなたはポルノを避けることができますか。―詩編 97:10

できますが,あなた次第です。まず,ポルノが悪いものだと納得しなければなりません。ポルノに関する俗説と事実を考えてみましょう。

 俗説と事実

俗説: ポルノを見ても害はない。

事実: 喫煙が肺に害を及ぼすように,ポルノは思考に害を及ぼして,人を堕落させます。性関係は,夫婦のきずなを強力で永遠に続くものとするために神が備えられたものですが,ポルノはその品位を損ないます。(創世記 2:24)やがて,正しいことと悪いことを見分けられなくなることさえあります。例えば,ポルノを習慣的に見ている男性は女性への暴力に対して無感覚になりやすい,と述べる専門家もいます。

聖書は,ある人たちが「いっさいの道徳感覚を通り越(す)」と述べています。(エフェソス 4:19)良心が無感覚になり,悪いことをしても痛みを感じなくなってしまうのです。

俗説: ポルノを見るとセックスのことが分かる。

事実: ポルノを見ると貪欲になります。他の人を,単なる性の対象,利己的な快楽を得るための存在として見るようになってしまいます。ポルノを見るのが習慣になっている人ほど結婚後の性関係に満足できない,という調査結果が出ているのも不思議ではありません。

聖書はクリスチャンに,「淫行,汚れ,性的欲情,有害な欲望,また強欲」を避けるように,と命じています。ポルノはそれらすべてを助長します。―コロサイ 3:5

俗説: ポルノを避ける人は上品ぶっているだけだ。

事実: ポルノを避けている人は,セックスに対して高潔な見方をしています。セックスを,結婚して固く結ばれた男女のきずなを強めるための神からの贈り物である,と考えているのです。そうした見方をする人は,結婚後の性関係からより大きな満足を得ることができるでしょう。

聖書はセックスについて率直です。例えば,夫に対してこう述べています。「あなたの若い時の妻と共に歓べ(よろこべ)。……その愛によって絶えず陶酔するように」。―箴言 5:18,19

 ポルノを避けるには

ポルノを見たいという誘惑が強すぎて抵抗できないと感じますか。「ポルノを避けるには」というワークシートを活用できます。

あなたも,ポルノを見たいという誘惑を退けられます。すでに見ていたとしても,見るのをやめることができます。努力するだけの価値があるのです。

13歳ごろからポルノを見ていたカルバンは,こう述べています。「悪いとは分かっていました。でも,見たいという誘惑に勝てませんでした。ポルノを見てしまうと,最悪な気持ちになりました。しばらくして,父がそのことに気づきました。正直言って,すごくほっとしました。ついに,必要としていた助けを得られたんです」。

カルバンは,ポルノを避けられるようになりました。「ポルノに手を出したのは,大きな間違いでした。見たものが今でもよみがえってくるからです。見るべきでないものを見たいという気持ちになることもあります。でも,そんな時には,エホバの方法で物事を行なえば,どれほど幸福で,清く,明るい将来が自分を待っているかを考えます」。