内容へ

若い人は尋ねる

バプテスマを受けるのは大切? パート1: バプテスマの意味

毎年,エホバの証人の家庭で育ったたくさんの若い人がバプテスマを受けています。あなたもバプテスマについて考えていますか。まずは献身とバプテスマの意味を知ることが必要です。

 バプテスマとは?

聖書で言うバプテスマとは,全身を水に浸すことです。単に水を振り掛けることではありません。バプテスマを受けることには大切な意味があります。

  • 水の中に沈むことで,自分中心の生き方をやめることをみんなの前で示します。

  • 水から上がることで,神が喜ぶ生き方を始めたことを示します。

バプテスマを受けることで,何が正しくて何が間違いかを決めるのはエホバだと認めていることを,みんなの前で示します。また,エホバの望むことを行いたいという意志を表明することにもなります。

考えてみよう エホバにずっと従いたいという気持ちをきちんと示すべきなのはなぜでしょうか。ヨハネ第一 4章19節と啓示 4章11節を見てください。

 献身とは?

バプテスマを受ける前に,個人的にエホバに献身することが必要です。献身はどのようにするのでしょうか。

1人でいる時にエホバに祈り,このように伝えます。「あなたに生涯ずっと仕えます。何があっても,ほかのみんながどんな生き方を選ぶとしても,あなたが望むことを行います」。

バプテスマは,あなたがエホバに献身したことをみんなの前で表すことです。周りのみんなは,あなたがもう自分のためには生きず,エホバのために生きるようになったことを知ります。(マタイ 16:24

考えてみよう エホバのために生きるようになると,充実した毎日を送れます。なぜそう言えますか。イザヤ 48章17,18節とヘブライ 11章6節を見てください。

 バプテスマはなぜ大切?

イエスは,自分の弟子になるにはバプテスマを受ける必要があると教えました。(マタイ 28:19,20)今でもバプテスマはクリスチャンになるのに欠かせないステップです。聖書は,救われるためにはバプテスマが必要だと述べています。(ペテロ第一 3:21

でもバプテスマは,エホバを愛し感謝しているという気持ちから受けるべきです。次の言葉を書いた詩編作者と同じように感じているはずです。「私は何をしてエホバにお返ししよう。私のためにしてくださった全ての良いことに対して。私は……エホバの名を呼ぶ。エホバへの誓約を果たす」。(詩編 116:12-14

考えてみよう エホバはあなたにどんな良いことをしてくれましたか。どんなお返しができると思いますか。申命記 10章12,13節とローマ 12章1節を見てください。