内容へ

若い人は尋ねる

なぜ祈るの?

ある調査によると,アメリカの青少年の80%は祈っています。しかし,毎日祈っている人はその半数です。「祈りは,単なる気休めなのだろうか,それ以上のものなのだろうか」と考える人もいるでしょう。

 祈りって何?

祈りとは,すべてのものを創造した神様とコミュニケーションを取ることです。それがどれだけすごいことか,考えてみてください。エホバはあらゆる点で人間より優れた方ですが,「わたしたちひとりひとりから遠く離れておられるわけではありません」。(使徒 17:27)聖書には,「神に近づきなさい。そうすれば,神はあなた方に近づいてくださいます」という素晴らしい招待の言葉が記されています。(ヤコブ 4:8

では,どうすれば神様に近づけるでしょうか。

  • その1つの方法は,祈りによって神様に話しかけることです。

  • もう1つの方法は,神様からのメッセージが込められている聖書を勉強して,神様から“話しかけて”いただくことです。

祈りと聖書の勉強という,双方向のコミュニケーションは,神様との強い友情を築くのに役立ちます。

「神様であるエホバに話しかけ,コミュニケーションを取れるなんて,最高に名誉なことです」。ジェレミー

「祈りによって,エホバに本当の気持ちを打ち明けると,エホバに近づけた感じがします」。ミランダ

 神様は聞いてる?

神様を信じていても,そして神様に祈っているとしても,本当に聞いてもらえているという気持ちにはなれないかもしれません。しかし,聖書はエホバを,「祈りを聞かれる方」と呼んでいます。(詩編 65:2)「自分の思い煩いをすべて神にゆだねなさい」とも勧めています。「神はあなた方を顧みてくださるからです」。(ペテロ第一 5:7

考えてみてください: あなたは,時間を取って仲の良い友達とよく話しますか。神様とも同じようにできます。祈りでいつも神様に話しかけましょう。そのときは,エホバという名前で呼びかけてください。(詩編 86:5-7; 88:9)聖書も「絶えず祈りなさい」と勧めています。(テサロニケ第一 5:17

「自分にとって,祈りは神様と話し,心にあるものすべてを打ち明ける時です」。モイセス

「エホバに深い話をします。母や友達に話すみたいに……」。カレン

 どんなことを祈れるの?

聖書はこう述べています。「事ごとに祈りと祈願をし,感謝をささげつつあなた方の請願を神に知っていただくようにしなさい」。(フィリピ 4:6

ということは,自分の悩みについて祈っても良いということでしょうか。もちろんです。聖書はこうも述べています。「あなたの重荷をエホバご自身にゆだねよ。そうすれば,神が自らあなたを支えてくださる」。(詩編 55:22

もちろん,自分の悩みのことばかり祈っていてはいけません。チャンテルという若い女性はこう言います。「お願いしかしないなら,本当の友達とは言えません。まずはエホバに感謝したいですし,感謝できることはたくさんあると思います」。

考えてみてください: あなたは,どんなことを感謝したいですか。今日エホバに感謝できることを3つ考えてください。

「きれいな花を見るといった,ちょっとしたことがあっても,祈りでエホバに感謝したいという気持ちになります」。アニタ

「自分が感動した自然界の驚異や心に響いた聖句のことを深く考えます。そして,そのことについてエホバに感謝します」。ブライアン