内容へ

聖句の解説

ヨハネ 1:1 「初めに言があった」

「初めに,言葉と呼ばれる方がいた。言葉は神と共にいて,言葉は神のようだった」。ヨハネ 1:1,「新世界訳」

「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった」。ヨハネによる福音書 1:1,「聖書協会共同訳」,日本聖書協会

ヨハネ 1:1の意味

この聖句は,人間として地球に来る前のイエス・キリストについて説明しています。(ヨハネ 1:14-1714節で「言葉」(または「ロゴス」,ギリシャ語はホ ロゴス)は称号として使われています。「言葉」という称号は,神の命令や指示を他者に伝達するというイエスの役割を表しているようです。イエスは地上で宣教を行っていた間も,天に戻った後も,神の言葉を知らせ続けました。(ヨハネ 7:16。啓示 1:1

「初め」とは,神の創造の初めであり,神が「言葉」を創造した時のことです。その後神は,「言葉」を通して他の全てのものを創造しました。(ヨハネ 1:2,3)聖書によれば,イエスは「全創造物の中の初子」であり,「他の全てのものは……神の子[イエス]を通して創造され」ました。(コロサイ 1:15,16

「言葉は神のようだった」とは,イエスが地球に来る前に神性,つまり神のような性質を備えていたことを表しています。イエスがそのように呼ばれているのは,イエスが神の代弁者であり,他の全てのものの創造の際に神に用いられた初子として卓越した立場にあるからです。

ヨハネ 1:1の文脈

ヨハネによる福音書には,イエスの地上での生活や宣教のことが記録されています。1章の最初の方には,人間になる前のイエスの存在,イエスと神との特別な関係,イエスが人々のために果たす神から与えられた重要な役割について書かれています。(ヨハネ 1:1-18)そうした記述は,イエスが地上で宣教を行っている間に述べたことや行ったことを理解する助けになります。(ヨハネ 3:16; 6:38; 12:49,50; 14:28; 17:5

ヨハネ 1:1についての誤解

誤解 ヨハネ 1章1節の最後の部分は,「言葉は神であった」と訳すべきである。

事実 多くの翻訳者はそう訳すべきだと考えていますが,違う訳し方をすべきだと考える翻訳者たちもいます。元のギリシャ語本文では,ヨハネ 1章1節に出てくる2回の「神」(ギリシャ語はテオス)には文法上違いがあります。最初に出てくる「神」にはギリシャ語の定冠詞がありますが,2回目にはありません。多くの学者は,2回目のテオスに定冠詞が付いていないことには意味がある,と考えています。例えば「翻訳者の新約聖書」(英語)には,ここに冠詞がないことについてこう述べられています。「事実上,それはセオス(神)のこの二度目の用法に形容詞的性質を付しているので,この句は『ことばは神性をそなえていた』という意味になる」。 * 他の学者 *や聖書翻訳者たちも同じ点を指摘しています。

誤解 この聖句は,「言葉」が全能の神であることを教えている。

事実 「言葉は神と共にいて」とある通り,この聖句では2つの異なる存在について述べられています。「言葉」が「神と共に」いながら,同時に全能の神だということはあり得ません。文脈を見ても,「言葉」が全能の神ではないことが分かります。ヨハネ 1章18節には「これまで神を見た人はいない」と述べられています。しかし,人々は「言葉」であるイエスを見ました。ヨハネ 1章14節にはこうあります。「こうして,言葉は人間となって私たちの間に住み,私たちは彼の栄光……を目にした」。

誤解 「言葉」は常に存在してきた。

事実 この聖句の「初め」が神の「初め」を意味するとは考えられません。神には初めがないからです。エホバ *神は「永遠から永遠まで」存在しています。(詩編 90:1,2)しかし,「言葉」であるイエス・キリストには初めがありました。「神に最初に創造された者」です。(啓示 3:14

誤解 「言葉」が「神」と呼ばれているのだから,複数の神を崇拝してもよい。

事実 「神」を意味するギリシャ語(テオス)に相当するヘブライ語は,多くの場合,エールやエローヒームです。いわゆる旧約聖書で使われています。それらの語は「力強い者」,「強い者」という基本的な意味を伝えていると考えられ,全能の神にも,他の神々にも,人間にも使われています。(詩編 82:6。ヨハネ 10:34)神は「言葉」を通して他の全てのものを創造したので,「言葉」は確かに「力強い者」といえます。(ヨハネ 1:3)「言葉」を「神」と呼ぶことは,イザヤ 9章6節の預言とも調和します。その聖句では,神に選ばれた者であるメシアつまりキリストが「力強い神」(ヘブライ語はエール ギッボール)と呼ばれることが予告されています。とはいえ,全能の神(エール シャッダイ。創世記 17:1; 35:11,出エジプト記 6:3,エゼキエル 10:5などに出てくる。)ではありません。

多神教は聖書の教えではありません。イエスはこう言いました。「あなたが崇拝すべきなのはエホバ神であり,この方だけに神聖な奉仕をしなければならない」。(マタイ 4:10)聖書はこうも述べています。「多くのものが『神』や『主』と呼ばれており,天や地のさまざまな神が信じられていますが,私たちには父であるひとりの神がいて,この方によって全てのものがあり,私たちはこの方のために存在しています。また,ひとりの主イエス・キリストがいて,この方を通して全てのものがあり,私たちはこの方を通して存在しています」。(コリント第一 8:5,6

^ 8節 「翻訳者の新約聖書」(英語)451ページ。

^ 8節 学者のジェイスン・デービッド・ベドゥーンによると,「ヨハネ 1章1節の『言葉』は崇拝を受けるべき唯一無二の神ではなく,ある意味での神,つまり神のようなもの」です。「翻訳の真実: 新約聖書英訳における正確さと偏り」(英語)115,122,123ページ。

^ 12節 エホバとは神の名前です。(詩編 83:18