内容へ

聖句の解説

イザヤ 42:8 「わたしは主」

「私はエホバ。それが私の名。私は自分の栄光をほかの誰にも与えず,自分の栄誉をどんな彫像にも与えない」。イザヤ 42:8,「新世界訳」

「わたしは主,これがわたしの名。わたしは栄光をほかの神に渡さずわたしの栄誉を偶像に与えることはしない」。イザヤ書 42:8,「新共同訳」,日本聖書協会

イザヤ 42:8の意味

神は自分の名を知らせています。また,自分の栄光や栄誉を偶像に与えないと述べています。

神は自分でこの名前を付けました。日本語では普通,「エホバ」と訳されています。 *出エジプト記 3:14,15)神の名前は旧約聖書(ヘブライ語・アラム語聖書)に7000回近く出てきますが,多くの翻訳では,大文字の「主(LORD)」という称号に置き換えられています。1つの例を考えましょう。詩編 110編1節には,エホバとイエスについての預言が記されています。「新共同訳」ではこうなっています。「わが主[イエス]に賜った主[エホバ]の御言葉」。(使徒言行録 2:34-36と比較。)「新世界訳」は正当な箇所で神の名前を使っているので,2つの「主」を混同することはありません。こうあります。「エホバは私の主に告げた。『私の右に座っていなさい。私があなたの敵たちをあなたの足台として置くまで』」。

多くの学者はこの神の名前には,「彼はならせる」という意味があると考えています。この名前が当てはまるのは真の神だけです。真の神だけが自分の目的を果たすために必要なものになることができ,創造したものを必要なものにならせることができるからです。

創造者であり,唯一の真の神でもあるエホバは私たちが全くの専心を示すべき方です。私たちはほかの誰も,また何も崇拝すべきではありません。偶像や彫像も崇拝しません。(出エジプト記 20:2-6; 34:14。ヨハネ第一 5:21

イザヤ 42:8の文脈

イザヤ 42章の最初の部分でエホバは,ご自分の「選[んだ]者」が行うことについて予告しました。この奉仕者は,「国々に公正をもたら[し]」ます。(イザヤ 42:1)この約束について神はこう言っています。「今,私は新しい事柄を告げている。それらが生じる前に,あなたたちに知らせよう」。(イザヤ 42:9)神が「選[んだ]者」についてのこの預言は,何世紀も後にメシアつまりキリストが現れ,地上で宣教を行った時に実現しました。(マタイ 3:16,17; 12:15-21

イザヤ 42:8のほかの翻訳

「われはヱホバなり是わが名なり 我はわが栄光をほかの者にあたへず わがほまれを偶像にあたへざるなり」。「文語訳」,日本聖書協会

「わたしはヤハウェ,これがわが名前。わが栄光を他の者に,わが誉れを偶像どもに,わたしは与えない」。「岩波版旧約聖書」,旧約聖書翻訳委員会

^ 4節 神の名前はヘブライ語で,4つの子音から成っていて,YHWHと書かれます。翻訳聖書の中には,神の名前を「ヤハウェ(Yahweh)」と訳しているものもあります。詳しくは,「新世界訳聖書」スタディー版,付録A4「ヘブライ語聖書中の神の名前」をご覧ください。