内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

家族のために

「愛している」の伝え方

年とともに,だんだんお互いへの愛情を表現しなくなる夫婦がいます。もし,そうなっているなら,どうすればいいでしょうか。

 知っておきたいこと

愛情は結婚の絆に欠かせないもの強く健康な体を保つためには,規則正しい食事や水分補給が欠かせません。同じように,結婚の絆を強め育むためには,いつも愛情を示すことが不可欠です。結婚してからどれほど経っているとしても,深く愛し気にかけているということを繰り返し表現してもらう必要があります。

本当の愛は自己中心的ではない。本当の愛は相手の幸せを優先します。ですから,気が向いたときに愛情を表現するというよりは,相手が必要としているときを察し愛情を表現するようにします。

一般的に,妻のほうがより愛情を表現してほしいと思っている。夫はきっと妻を深く愛していることでしょう。しかし,もし夫が一日の始まりと終わり,または性関係の前にしか愛情を表現しないとしたら,妻は夫が本当に自分のことを気遣っているのか不安になるかもしれません。毎日,何度も愛情を伝えることが大切です。

 何ができるか

言葉で愛情を伝える。「愛しているよ」とか,「大切に思っているよ」というちょっとした言葉でも,自分は大事にされているんだという気持ちになります。

聖書のアドバイス: 「心に満ちあふれているものの中から口は語る」。(マタイ 12:34

ヒント: 愛情を伝える言葉は,書くことによっても伝えられます。メモを残したり,メールやメッセージを送ったりしましょう。

行動で愛情を伝える。ハグやキスをしたり,ちょっと手を握ったりすると,言葉だけではなく本当に愛しているということが伝わります。純粋な気遣いというのは,やさしく触れること,愛情のこもったまなざし,そして時折プレゼントをすることなどによっても表わせます。奥さんの喜ぶことをしてあげましょう。かばんを持ったり,ドアを開けたり,お皿を洗ったり,洗濯や料理をしてあげることができます。これは単なる手助けではなく,優しい愛情の表われなのです。

聖書のアドバイス: 「言葉や舌[だけ]によらず,行ない……をもって愛そう」。(ヨハネ第一 3:18

ヒント: 付き合っていたころと同じくらい優しくしてみましょう。

2人のための時間を作る。2人だけの時間を過ごすと結婚の絆が強まります。相手のために時間を取るということは,一緒にいたい,という気持ちの表われです。もちろん,子どもがいたり,ほかにやることがあったりすると,時間を取るだけでも大変かもしれません。でも,大それたことをする必要はありません。例えば,時々2人で散歩に行くことができますか。

聖書のアドバイス: 「より重要な事柄を見きわめる」。(フィリピ 1:10

ヒント: 忙しい夫婦の中には,夜や週末“デート”に出かけて,定期的に2人で過ごす時間を取っている人もいます。

相手のことを知る。愛情の表現の仕方は,人によって異なります。どうやって愛情を示してほしいか,もっとそうする必要があるかについて話し合いましょう。そして,相手の必要に応えるよう一生懸命努力します。愛情は結婚の絆に欠かせないということを忘れないでください。

聖書のアドバイス: 「愛は……自分の利を求め[ない]」。(コリント第一 13:4,5

ヒント: 相手に愛情を要求するのではなく,「愛情を示されやすい人になるには,何ができるだろうか」と考えてみましょう。