内容へ

その信仰に倣う | ヨブ

エホバはヨブの苦痛を取り除く

ついに3人の男性は静かになりました。聞こえる音といえば,アラビア砂漠から吹いてくるそよ風ぐらいです。ヨブはもう話す言葉が出てきません。3人との長い話し合いで疲れ果てています。ヨブは,知人のエリパズ,ビルダド,ツォファルをにらみ付け,まだ何か話せるのかと言わんばかりです。でも,3人はヨブと目を合わせようとしません。巧みな論法や強い「風のような」言葉を使い,痛烈な皮肉を浴びせても,うまくいかなかったからです。(ヨブ 16:3,脚注)さらに何かを話せば,ヨブは忠誠を貫く決意をいっそう固めたでしょう。

ヨブは自分に残されているのは忠誠心だけだ,と感じていたのかもしれません。富や10人の子供たちを奪われ,友人や隣人からの支えや敬意,さらには自分の健康まで失いました。皮膚は黒くなってかさぶたに覆われ,うじがはっています。吐く息でさえ嫌な臭いがします。(ヨブ 7:5; 19:17; 30:30)そんな状況の中で3人から批判を受け,激しい怒りがこみ上げてきます。そして,自分は3人が言うようなどうしようもない罪人ではない,と反論します。ヨブの最後の言葉を聞いて,3人は黙ってしまいます。3人の矢継ぎ早な糾弾の言葉は収まりましたが,ヨブの苦痛はなくなっていません。助けを切実に必要としていたのです。

無理もないことですが,ヨブは極端な考え方をしていました。導きや矯正が必要でした。何よりも,例の知人たちからは得られなかった,慰めや励ましを必要としていました。あなたは導きや慰めがとにかく欲しいと思ったことがありますか。友達だと思っていた人からがっかりさせられたことがあるでしょうか。エホバ神がヨブをどのように助け,ヨブがそれにどのように応じたかを学ぶなら,希望を持つことができ,問題に対処する力が得られます。

賢くて親切な助言者

ヨブの物語は意外な展開を迎えます。実はエリフという若い男性が近くにずっといて,年長者たちの会話を静かに聞いていました。でも,エリフは話の内容を快く思いませんでした。

エリフは怒りに燃えました。正しい人ヨブが感情に任せて「神の正しさよりも自分の正しさを証明しようとした」ことに心を痛めていました。それでも,ヨブの気持ちに寄り添います。ヨブの苦しみや誠実な態度,助けや慰めが切実に必要だったことを見て取ったのでしょう。3人の“友人”に我慢できなくなったのも当然です。3人はヨブに痛烈な言葉を浴びせ,ヨブの信仰や尊厳,忠誠を奪おうとしました。さらには,神が邪悪だと思わせるような発言もしました。エリフは居ても立ってもいられず,話し始めます。(ヨブ 32:2-4,18

「私は若く,皆さんはお年を召しています。それで私は敬意を込めて身を引き,自分が知っている事を述べませんでした」。エリフはもう黙っていられません。こう続けます。「ただ年を取れば賢くなるのでも,ただ年を重ねれば正しい事を理解するのでもありません」。(ヨブ 32:6,9)そして,この点を裏付ける長い話をします。エリフの話の切り口は,エリパズ,ビルダド,ツォファルがした話とは大きく異なっています。エリフはヨブを安心させるため,けなしたり,プレッシャーを加えたりはしないと述べます。また,名前で呼び掛け,あざけりを受けたヨブに理解を示します。 * 敬意を込めて「ヨブ,私の言葉を聞いてください」と語り掛けます。(ヨブ 33:1,7; 34:7

エリフはヨブに名前で呼び掛け,親切や敬意を示した。

エリフははっきりとこう言います。「あなたの言葉が私の耳に入りました。……『私は清く,違反がない。私は清く,過ちがない。それなのに神は,私に敵対する理由を見つけ[る]』」。エリフは問題の核心を突いて,こう尋ねます。「あなたは『私は神よりも正しい』と言いました。それほどまでに自分が正しいと確信しているのですか」。ヨブのこのような発言を見過ごすことができず,「あなたがそう言ったのは正しくありません」と言います。(ヨブ 33:8-12; 35:2)ヨブは多くのものを失ったことや,3人の“友人”に苦しめられたことに憤っていました。エリフはそれを知っていましたが,「憤りのままに恨みを抱くことがないよう気を付けてください」と言います。(ヨブ 36:18

エリフはエホバの親切を際立たせる

エリフは何よりもエホバ神を擁護するため,簡潔ながらも重要な真理を力強く伝えます。「真の神が悪を行ったり,全能者が不正を行ったりすることなどあり得ません! ……全能者は絶対に公正を曲げません」。(ヨブ 34:10,12)エホバは公正で憐れみ(あわれみ)深い方なので,軽率で不敬な発言をしたヨブをあえて処罰しなかった,とエリフは述べます。(ヨブ 35:13-15)エホバについて何でも知っているというふりをせず,謙遜に「神の偉大さは私たちの理解をはるかに超えています」と言います。(ヨブ 36:26

エリフははっきりと助言しましたが,親切でした。エホバがやがてヨブの健康を回復させてくださるという明るい希望を語ります。神は自分に尽くす人について,「彼の肉体を若い頃よりも元気にし,彼を活力にあふれた若い日々に戻そう」と述べています。エリフは別の面でも親切でした。一方的に説教をするのではなく,ヨブ自身が話せるように優しく促し,こう言います。「話してください。あなたの正しさを証明したいのです」。(ヨブ 33:25,32)でも,ヨブは答えません。親切で励みのある言葉を掛けられたので,弁明しなくても大丈夫だと感じたのでしょう。エリフが自分のことを本当に気遣ってくれているのが分かり,泣いていたのかもしれません。

この忠実な2人から,たくさんのことを学べます。エリフからは,苦しんでいる人にどのように助言し,慰めることができるかを学べます。本当の友は,重大な過ちや危険な行動について恐れずに指摘してくれます。(格言 27:6)そのような友になりましょう。相手が感情的になって何かひどいことを言うとしても,親切に接し,励まし続けましょう。ヨブのように助言を受ける場合には,それを退けたりせず,謙遜に聞きましょう。助言や矯正の要らない人はいません。それを受け入れるなら,自分の命を救うことになります。(格言 4:13

「暴風の中から」

エリフは,風や雲,雷や稲妻について何度も述べています。そして,「とどろく神の声をよく聞いてください」と言い,「暴風」にも言及します。(ヨブ 37:2,9)エリフが話しているうちに,風が徐々に激しくなり,嵐になっていきます。やがて大暴風になり,驚くようなことが起きます。エホバの声がします! (ヨブ 38:1

宇宙を創造した方から自然界の講義を受けられるのは本当に光栄なこと。

ヨブ記を読んで,エホバがヨブに語る壮大な章まで来ると,本当に感動します。暴風のように力強い真実の言葉が,エリパズ,ビルダド,ツォファルの語った無意味な話,偽りの言葉全てを吹き飛ばすかのようです。エホバはしばらくの間,この3人には何も話し掛けません。ヨブだけに注意を向けます。エホバは息子を正す父親のように,毅然(きぜん)とした態度で愛するヨブに語り掛けます。

エホバはヨブの苦痛を理解していました。そして,かわいそうだと思いました。エホバは自分の大切な子供たちが苦しむ時には,いつでもそのように思ってくださいます。(イザヤ 63:9。ゼカリヤ 2:8)とはいえ,ヨブが「知らないのに言葉を発し」,問題を悪化させていることも知っていました。それで,ヨブを正すために次のように問い掛けます。「私が大地を据えた時,あなたはどこにいたのか。教えてほしい。もし理解していると言うのなら」。「明けの星」である神の天使たちは,創造の際に称賛の叫び声を上げました。(ヨブ 38:2,4,7)ヨブはこうしたことを何も知りませんでした。

エホバは暴風の中から語り掛け,愛情深くヨブの考え方を正した。

エホバは創造について話し始めます。いわば自然科学を巡る旅にヨブを連れていき,天文学,生物学,地質学,物理学などの分野に触れます。さらに,当時ヨブが住んでいた場所にいたたくさんの動物について解説します。その中には,ライオン,ワタリガラス,山ヤギ,野ロバ,野牛,ダチョウ,馬,ハヤブサ,ワシ,ベヘモト(恐らくカバ),レビヤタン(恐らくワニ)などがいます。宇宙を創造した方から自然界の講義を受けられるのは本当に光栄なことです。 *

謙遜さと愛について教える

話の要点は何でしょうか。ヨブはもっと謙遜になる必要がある,ということです。ヨブはエホバのせいでひどい目に遭っていると言いましたが,それはいっそう自分を苦しめ,愛情深い父エホバから自分を引き離すだけでした。それでエホバは何度もヨブに,こうした素晴らしいものが存在するようになった時あなたはどこにいたのか,あなたは私が造った動物を養い,従わせることができるのか,と問い掛けます。創造されたものを従わせることができないのであれば,どうして創造した方に偉そうなことを言えるでしょうか。ヨブの狭い見方よりも,エホバの方法や考え方の方がはるかに優れていないでしょうか。

ヨブはエホバと言い争ったり,自己弁護したり,言い訳したりはしなかった。

エホバの発言全てに,ヨブへの深い愛が込められています。こう訴えているかのようです。「息子よ,私はこれら全てのものを創造し,世話している。それなのに,私があなたを助けられないと本当に思っているのか。あなたを見捨てたり,平和な暮らしや子供たち,健康を奪ったりするだろうか。私こそ,あなたが失ったものを取り戻し,つらい痛みを癒やせるのではないか」。

エホバの考えさせる問い掛けに,ヨブは2回しか答えません。言い争ったり,自己弁護したり,言い訳したりはしません。ほとんど何も知らなかったことを正直に認め,軽率に話したことを悔い改めます。(ヨブ 40:4,5; 42:1-6)ここにヨブの信仰の強さが表れています。さまざまな苦しみに遭いながらも,信仰が揺らぐことはなかったのです。ヨブはエホバの矯正を受け入れ,心に留めました。私たちも次の点を真剣に考えたいと思います。「私は矯正や助言を受けたとき,謙遜に受け入れるだろうか」。そのような矯正は誰にとっても必要です。それを受け入れるなら,ヨブの信仰に倣っていることになります。

「私について真実を語らなかった」

エホバは今,ヨブの苦痛を和らげるために行動します。3人の“友人”の中で恐らく最年長だったエリパズに対し,こう言います。「私の怒りは,あなたとあなたの2人の友人に対して燃えている。あなたたちは,私に仕えるヨブとは異なり,私について真実を語らなかった」。(ヨブ 42:7)この発言について考えてみてください。エホバは,3人の言ったことは全部間違いだとか,ヨブの発言全てが正しかった,と言っていたのでしょうか。いいえ。 * それでも,ヨブと,ヨブをとがめた3人との間には大きな違いがあります。ヨブは心が折れて悲しみに暮れ,不当な批判を浴びせられました。時々軽率に発言してしまったのも無理はありません。一方,エリパズとほかの2人はヨブのような苦痛を味わっていませんでした。それなのに,信仰が弱く,傲慢(ごうまん)な態度で悪意のある発言をしました。無実なヨブを非難しただけでなく,エホバが厳しくて邪悪な神だというレッテルを貼ることさえしました。

エホバが代償を支払うよう3人に求めたのも当然です。7頭の雄牛と7匹の雄羊を捧げるという大きな犠牲が求められました。後にモーセの律法は,大祭司が罪を犯し,国民全体にも罪があると見なされた場合に,雄牛の犠牲を捧げることを規定しました。(レビ 4:3)これは律法の中で一番高価な動物の犠牲でした。エホバは,まずヨブが3人のために祈ってからでなければ3人の捧げ物を受け入れない,と言います。 *ヨブ 42:8)ヨブは神が擁護してくれたこと,エホバが物事を公正に扱ってくださることを見て,本当に救われたでしょう。

「私に仕えるヨブがあなたたちのために祈る」。 ヨブ 42:8

エホバは,ヨブが言われたことを実行し,自分を深く傷つけた人たちをきっと許してくれると確信していました。ヨブはその信頼に応えます。(ヨブ 42:9)従順に行動したことは,ヨブの忠誠心の紛れもない証拠です。口で言うことよりもはるかに説得力があります。従順な行動により,ヨブは人生最高の祝福を経験することになります。

「優しい愛情にあふれ[る]」

「エホバは優しい愛情にあふれ,憐れみ深い方」です。(ヤコブ 5:11)エホバはヨブの健康を回復させました。エリフが予告した通り,ヨブは肉体が「若い頃よりも元気に」なるのを感じた時,どんな思いだったでしょう。ついに親族や友人が周りに集まってきて,ヨブに同情し,贈り物を差し出しました。エホバはヨブが以前に持っていた物を2倍にして,富を与えました。とりわけヨブが深く心を痛めた,子供たちの死についてはどうなりましたか。ヨブと妻は再び10人の子供の親になることができ,いくらか慰められたでしょう。エホバの奇跡により,ヨブの寿命は延びました。ヨブはさらに140年生き,4世代にわたる繁栄を見ました。「ヨブは長生きして充実した日々を送り,やがて生涯を終えた」とあります。(ヨブ 42:10-17)ヨブと最愛の妻は,サタンに奪われた10人の子供たちと楽園で再会し,家族が一つになることでしょう。(ヨハネ 5:28,29

なぜエホバはこれほど豊かな祝福を与えたのでしょうか。「皆さんはヨブの忍耐について聞き」ました,と聖書は答えています。(ヤコブ 5:11)ヨブは,私たちが想像もできないほど多くの困難に耐えました。「忍耐」という語は,ヨブがそうした試練を生き延びた以上のことを伝えています。ヨブはエホバへの強い信仰と愛を保ちつつ,忍耐しました。故意に自分を傷つけた人たちに怒りや恨みを持つのではなく,進んで許しました。希望を決して失わず,忠誠を貫きました。(ヨブ 27:5

私たちは皆,忍耐する必要があります。サタンはヨブの時と同様,私たちを落胆させようとするでしょう。でも,信仰を持って忍耐し,謙遜であり続け,進んで人を許し,忠誠を貫く決意をするなら,希望を失うことは決してありません。(ヘブライ 10:36)ヨブの信仰にぜひとも倣いましょう。そうするなら,サタンは非常に腹を立てますが,愛情深いエホバは心から喜んでくださいます。

^ 6節 エリパズ,ビルダド,ツォファルは,聖書の9つの章に上るほど多くの言葉を語りました。しかし,ヨブを名前で呼んだ箇所は一つもありません。

^ 14節 ある箇所でエホバは,具体的で現実に沿った描写から,より詩的で比喩的な表現に切り替えています。(例えば,ヨブ 41:1,7,8,19-21をご覧ください。)いずれの場合もエホバの意図は,ヨブが創造者に深い敬意を持つよう助けることでした。

^ 18節 後に使徒パウロは,エリパズの言葉を真実なものとして引用しました。(ヨブ 5:13。コリント第一 3:19)エリパズは真理を語りましたが,間違った仕方でヨブに当てはめました。

^ 19節 ヨブは妻のために同じような犠牲を捧げることを求められませんでした。