内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

その信仰に倣う | ヨナタン

「エホバにとっては……何の妨げもない」

フィリスティア人の前哨(ぜんしょう)部隊が,殺伐とした岩場に目をやります。兵士たちは,殺風景なその岩場で何かを見つけます。峡谷の向こう側に姿を現わした,2人のイスラエル人です。兵士たちはニヤリとします。その2人に何の脅威も感じません。それもそのはずです。フィリスティア人はイスラエル人を長い間支配していました。イスラエル人はフィリスティア人の所に行かなければ,農具を研ぐことさえできませんでした。ですから,まともな武器はありませんでした。しかも,現われたのはたった2人です! 武器を持っていたとしても,相手にはならないでしょう。フィリスティア人は小ばかにしながら,こう叫びます。「我々のところに上って来い。そうしたら,お前たちに思い知らせてやる!」(サムエル第一 13:19‐23; 14:11,12

しかし,思い知らされたのはフィリスティア人のほうでした。イスラエル人の2人は峡谷を下って渡り,別の岩壁から登り始めます。傾斜が急なので手足を使ってごつごつした岩をよじ登っていき,前哨部隊の正面に近づいていきます。(サムエル第一 14:13)フィリスティア人は,武装した男と武具持ちの従者がこっちに向かってくることに気づきます。さて,この2人は自分たちだけで守備隊全員を攻めるつもりなのでしょうか。気は確かなのでしょうか。

心配する必要はありません。その男は神を信頼した人,ヨナタンです。彼の生き方は,今日のクリスチャンにとって本当によい手本です。わたしたちは武器を取って実際の戦いに加わることはありません。しかし,ヨナタンの示した勇気や揺るぎない愛,自己犠牲の手本からたくさんのことを学んで,本物の信仰を深めることができます。(イザヤ 2:4。マタイ 26:51,52

父親を支持した勇敢な兵士

どうして彼は前哨部隊に向かっていったのでしょうか。ヨナタンの背景からそのことが分かります。ヨナタンはイスラエルの最初の王サウルの長男でした。サウルが王に任命された時,ヨナタンは少なくとも20歳にはなっていたと思われます。父親と何でも話せるほど親しい関係にあったことでしょう。そのころのサウルはヨナタンにとって,長身でりりしく,勇敢な戦士であり,何よりも,神に信仰を抱く謙遜な父親でした。ヨナタンは,エホバがサウルを王に選んだ理由を見て取れたことでしょう。預言者サムエルも,イスラエルにサウルのような人はほかにいないと言いました。(サムエル第一 9:1,2,21; 10:20‐24; 20:2

ヨナタンは,父親の指揮のもと,イスラエル人の敵たちと戦えることを誇らしく感じていたはずです。当時の戦いは現代の国家間の戦争とは違いました。イスラエル人はエホバによって選ばれた国民であり,偽りの神々を崇拝する他国の攻撃に常にさらされていました。特に,フィリスティア人はダゴンなどの神々を崇拝していたので道徳的に腐敗しており,エホバの民イスラエルを抑圧し,滅ぼそうとさえしていました。

ヨナタンのような人たちにとって,当時の戦いは,神への忠実な奉仕でした。エホバはヨナタンの努力を祝福されました。サウルが王になってすぐに,ヨナタンは1000人の兵士を任されました。ヨナタンは兵士たちを率いてゲバにいるフィリスティア人の守備隊と戦います。十分な装備はありませんでしたが,エホバの助けによって戦いに勝利します。それに対して,フィリスティア人は膨大な数の兵士たちを集結させます。そのような中,サウルの兵士たちは怖くなり,逃げ出して身を隠す人もいれば,敵に寝返った人もいました。それでも,ヨナタンは勇気を失いません。(サムエル第一 13:2‐7; 14:21

冒頭で述べた場面の少し前,ヨナタンは従者だけを連れてひそかに策を講じます。自分たちが前哨部隊の前に姿を現わすという戦略を従者に知らせ,ミクマシュにいるフィリスティア人の前哨部隊に近づきます。もし,かかってこいと挑発してきたなら,それはエホバが助けてくださることの合図になります。話を聞いた従者は納得します。ヨナタンの次の力強い言葉に励まされたのでしょう。「多数の者によるのであっても,少数の者によるのであっても,エホバにとっては救うのに何の妨げもないからです」。(サムエル第一 14:6‐10)どういう意味なのでしょうか。

ヨナタンはエホバのやり方をよく知っていたはずです。エホバはかつて,ご自分の民がはるかに数の多い敵を打ち倒せるよう助けました。たった1人で勝利を得られるようにしたことさえありました。(裁き人 3:31; 4:1‐23; 16:23‐30)大切なのは,数や戦力ではなく,戦う人の信仰だということをヨナタンはよく理解していました。それで,自分と従者がフィリスティア人を攻めるかどうか,信仰のうちにエホバの判断に任せ,それを知るためのサインを決めました。そしてサインを見た時,恐れずに進んでいきました。

ヨナタンの信仰の2つの面に注目しましょう。1つ目に,ヨナタンはエホバ神の偉大さを心から認めていました。全能の神はご自分の目的を果たすときに人間に頼る必要のない方です。しかし,忠実に仕える人を喜んで祝福してくださる,ということを知っていました。(歴代第二 16:9)2つ目に,ヨナタンは行動する前にエホバからの導きを求めました。今日では,エホバがわたしたちの行動を導いてくださるかを確かめようとして,超自然的なしるしを求めることはありません。神の導きを受けた聖書全巻によって,神のご意志を見分けることができます。(テモテ第二 3:16,17)重要な決定の前に,聖書を注意深く調べるでしょうか。そうするなら,ヨナタンのように,自分よりも神のご意志を大切に思っていることを示せます。

ヨナタンと従者は,急な斜面を素早くよじ登っていきます。ようやくフィリスティア人は2人が攻めてきていることに気づき,撃退しようとして兵士たちを遣わします。フィリスティア人には兵士が大勢おり,高い所に陣取っていたので,2人を簡単に殺せたはずです。しかし,ヨナタンは兵士たちを次々に倒していきました。あとに続いた従者がとどめを刺します。ヨナタンたちはわずかな距離を進んだだけで20人を討ち倒します。エホバはさらに事態に介入します。こうあります。「それで野の陣営でも,前哨部隊のすべての民の間でもおののきが生じ,略奪隊も,彼らさえも,おののいた。地は震い動きだし,それは神からのおののきとなった」。(サムエル第一 14:15

ヨナタンが従者を連れて,武装した前哨部隊に向かっている。

サウルと部下たちは,フィリスティア人が混乱し,同士討ちさえ始めている様子を遠くから見ます。(サムエル第一 14:16,20)ついに,イスラエル人は勇気を出して攻めていきます。死んだフィリスティア人の武器を使ったのでしょう。その日の戦いは大勝利でした。この時から,エホバは何も変わっておられません。ヨナタンや従者のようにエホバに信仰を持つなら,わたしたちも自分のした選択を後悔するようなことは決してないでしょう。(マラキ 3:6。ローマ 10:11

「彼は……神と共に働いた」

ヨナタンとは違い,こうした勝利がサウルの状況を好転させることはありませんでした。実は,サウルは重大な過ちを犯していました。例えば,エホバが任命した預言者サムエルに従いませんでした。本来ならレビ族のサムエルが犠牲をささげるはずでしたが,その到着を待たずにサウルがささげてしまったのです。そして,そうした不従順のゆえに王国が長く続くことはないとサムエルから告げられました。また,サウルは部下たちを戦いに送り出す時,無謀な誓いをさせました。こう書かれています。「夕方になる前に,わたしが敵に復しゅうをするまで,パンを食べる者は,のろわれよ!」(サムエル第一 13:10‐14; 14:24

この発言は,悲しい変化の兆しでした。かつては謙遜で神を愛していたサウルが,野心的で自己中心的な人になってしまうのでしょうか。エホバはこうした制約を,勇敢で懸命に働く兵士たちに課すようにと命じてはいませんでした。「わたしが敵に復しゅうをする」と言ったサウルは,戦っているのは自分だけだと思っていたのでしょうか。エホバの公正さが,復しゅう心や名誉や支配欲よりも大切であることを覚えていなかったのでしょうか。

この無謀な誓いを知らなかったヨナタンは,激戦から疲れて帰ってくると,はちみつを食べ始め,すぐに元気を取り戻します。すると,サウルの出した禁止令について聞かされ,ヨナタンはこう言います。「わたしの父はこの地をのけ者にならせました。どうか,ご覧なさい。この蜜をほんの少し味見しただけで,わたしの目は何と輝いているのでしょう。まして民が今日,自分たちの見つけた,敵の分捕り物から取って食べてさえいたなら,なおさらのことだったでしょう! 今もフィリスティア人に対する殺りくは大きくはないからです」。(サムエル第一 14:25‐30)ヨナタンの言うとおり,サウルのこの誓約は兵士たちにとって負担になっていたのです。ヨナタンは父親によく従っていましたが,言いなりになっていたわけではありません。このようによく考えて行動していたので,みんなから尊敬されていました。

ヨナタンが禁止令を破ったことを知っても,サウルは自分が愚かな命令を出したことを認めませんでした。むしろ,息子は死ぬべきだと本気で思っていたのです! ヨナタンは,自分を押し通すことも命乞い(いのちごい)をすることもありませんでした。いさぎよく,「私はここにいます! 私を死なせてください!」と答えます。しかし,周りの人は黙っていません。こう言います。「イスラエルでこのような大いなる救いを施したヨナタンが死ななければならないのですか。それは考えられないことです! エホバは生きておられます。ヨナタンの髪の毛はただの一本も地に落ちることはありません。彼は今日,神と共に働いたからです」。サウルは民の声を聞き入れることにしました。次のように書かれています。「こうして民はヨナタンを請け戻したので,彼は死ななかった」。(サムエル第一 14:43–45

「私はここにいます! 私を死なせてください!」

ヨナタンは勇気や勤勉さ,また自己犠牲の精神によって良い評判を築くことができました。そして,そのような評判に救われました。わたしたちも,毎日の生活で自分がどのような評判を築いているかをじっくり考えるのは良いことです。聖書が述べているとおり,良い名つまり良い評判を得ることはとても大切です。(伝道の書 7:1)ヨナタンのようにエホバのみ前で良い名を得られるように努力するなら,それは素晴らしい宝になるでしょう。

暗雲が立ち込める

サウルの過ちに面しても,ヨナタンは何年も父親のもとで忠実に戦い続けます。父親が不従順で誇り高くなっていくのを見て,どれだけがっかりしたことでしょう。サウルの中の“闇”は深くなっていき,ヨナタンにはなすすべがありませんでした。

ついに決定的なことが起きます。ある日,エホバはサウルにアマレク人と戦うようお命じになります。アマレク人は非常に邪悪だったので,モーセの時代からエホバによって滅ぼされることが決まっていました。(出エジプト記 17:14)エホバは家畜をすべて滅ぼし,王アガグを処刑するようサウルにお命じになります。サウルは戦いに勝ちます。ヨナタンも父親のもとでこれまでどおり勇敢に戦ったことでしょう。しかし,サウルはエホバの命令をあからさまに無視します。アガグと,家畜の中の良いものを生かしておいたのです。預言者サムエルはエホバの最終的な裁きをサウルに言い渡します。「あなたはエホバの言葉を退けたので,神もあなたを王としての立場から退けられます」。(サムエル第一 15:2,3,9,10,23

ほどなくしてエホバはサウルから聖霊を取り去られます。エホバに見放されてしまった今,サウルの感情は不安定になり,かっとしたり,恐怖感に襲われたりするようになります。聖霊が取り去られ,陰うつな気持ちに悩まされるようになりました。(サムエル第一 16:14; 18:10‐12)立派だった父親の態度が変化していくのを見るのはヨナタンにとってつらいことだったでしょう。時には苦言を呈することまでして父親のサウルを支えようとしました。でも,ヨナタンがエホバからそれることはありませんでした。変わることのない天の父エホバに従い続ける道を選んだのです。(サムエル第一 19:4,5

あなたの親しい家族など大切な人がエホバから離れていってしまったことがありますか。それは本当につらい経験だったでしょう。ヨナタンの例は,詩編作者が後に書き記した事柄を思い起こさせます。「わたしの父とわたしの母がわたしを捨て去ったとしても,エホバご自身がわたしを取り上げて[または,迎えて]くださることでしょう」。(詩編 27:10)エホバがわたしたちを見捨てることはありません。不完全な人間に失望させられたり,がっかりさせられたりすることがあっても,エホバはあなたのことを迎え入れてくださり,考え得る最高のお父さんになってくださいます。

ヨナタンは,エホバがサウルから王権を取り去ろうとしていることに気づいたことでしょう。どう感じましたか。自分だったらどんな王になれるだろうかと考えたでしょうか。もっと神に忠実で従順な王になって父親の失敗を正したい,という望みを抱いたでしょうか。実際にどう思っていたかは知る由もありません。確実なことは,そのような願いは一つもかなわなかったということです。エホバは忠実なヨナタンを見捨ててしまったのでしょうか。いいえ。むしろ,エホバはヨナタンを,最も固い友情を示した人として聖書の中に記録させました。その友情については別の機会に取り上げます。