内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

その信仰に倣う | ヨナタン

固い友情で結ばれた2人

戦いは終わり,エラの谷は静けさに包まれていました。軍のキャンプ地では穏やかな風が吹き,テントがパタパタ揺れています。サウルは部下を集めます。そこには長男のヨナタンと,戦いについて生き生きと報告する羊飼いの少年がいました。その少年はダビデです。ダビデは熱意にあふれていました。サウルはその話を一心に聞いています。しかし,ヨナタンはその様子をどう感じたでしょうか。ヨナタンは長年エホバの軍で戦い,たくさんの勝利を勝ち取ってきました。しかし,この日の勝利はヨナタンではなく,少年ダビデの手柄です。ダビデが巨人ゴリアテを打ち倒したのです! ヨナタンは称賛を浴びるダビデを見て,ねたましく思ったでしょうか。

ヨナタンの反応は意外なものでした。こうあります。「彼がサウルと話し終えるや,ヨナタンの魂がダビデの魂と結び付[いた]」。2人は強い友情で結ばれたのです。ヨナタンは自分の戦いの装備をダビデに贈りました。なんと,弓もです。これは特別な贈り物です。ヨナタンは凄腕(すごうで)の射手だったからです。さらに,2人は契約を交わします。友人として互いを支え合うという厳粛な誓いを立てたのです。(サムエル第一 18:1‐5

聖書に記録された強い友情の物語はこうして始まりました。神に信仰を持つ人たちにとって友情は大切です。人との関係が希薄な今の時代にあって,友人を賢く選び,自分も良い友になるなら,信仰を強め合うことができます。(箴言 27:17)では,ヨナタンから友情について何を学べるでしょうか。

友情の土台になったもの

2人がすぐにこれほど強い友情を持てたのはなぜでしょうか。それには土台がありました。少し背景を考えましょう。ヨナタンは難しい状況にありました。父親のサウルが年と共に性格が悪くなっていたのです。かつては謙遜で従順な信仰の人でしたが,今ではごう慢で不従順な王になっています。(サムエル第一 15:17‐19,26

父親と仲の良かったヨナタンは,こうした変化を見てつらく感じたに違いありません。(サムエル第一 20:2)ヨナタンは,サウルがエホバの民にどんな悪影響を与えるのか,心配したかもしれません。王の不従順によって民はエホバの好意を失ってしまうのでしょうか。ヨナタンのような信仰の人にとって,確かに難しい時期だったと言えるでしょう。

このような背景は,ヨナタンが若いダビデを友とした理由を知る手がかりになります。ヨナタンはダビデの強い信仰を目にしました。サウルのほかの兵士たちとは違い,ダビデは巨大なゴリアテを見てもひるみませんでした。エホバの名によって戦えば,武装したゴリアテにも負けるはずはないと考えました。(サムエル第一 17:45‐47

何年も前,ヨナタンも同じように考えたことがありました。武具持ちの従者と2人だけで,敵の守備隊全員を打ち倒せると考えたのです。なぜですか。ヨナタンは「エホバにとっては……何の妨げもない」と言いました。(サムエル第一 14:6)確かに,ヨナタンとダビデには共通点があります。エホバへの強い信仰と深い愛です。それが2人の友情の確かな土台となりました。50歳になろうとしている勇敢な王子ヨナタンと,まだ20歳にもならないただの羊飼いだったダビデでしたが,2人にとってその差は何の問題にもなりませんでした。 *

2人が交わした契約により,友情は守られました。どのようにでしょうか。ダビデは自分がエホバから次のイスラエルの王に選ばれたことを知っていました。ダビデは,そのことをヨナタンに隠しませんでした。強い友情に,コミュニケーションは大切です。うそや隠し事のない,何でもオープンに話し合える関係の上に築かれるものです。では,ダビデが王になることを知らされたヨナタンはどう感じたのでしょうか。それは分かりません。自分がいつか王になって,父親の不手際を正してやろうと策を巡らすことなどあったでしょうか。聖書はそのことについて何も記していません。むしろ,ヨナタンの揺るぎない愛と信仰という大切な事柄だけを記しています。ヨナタンはエホバがダビデと共にいることを知っていたはずです。(サムエル第一 16:1,11‐13)ヨナタンは引き続き誓いを守り,ライバルではなく親友としてダビデと接しました。エホバの望むことがどのように果たされるのかを見たい,と思っていたのです。

ヨナタンとダビデの友情にはエホバ神への強い信仰と深い愛という土台があった。

2人の友情は大きな祝福につながりました。わたしたちはヨナタンの信仰から何を学べますか。神に仕える人は友情の大切さを知っている必要があります。たとえ年齢や背景が違っていても,神への強い信仰を持っている友人は,わたしたちにとって心強い存在になってくれるでしょう。ヨナタンとダビデはいつも互いを励ましました。2人にはそのような助けが必要でした。大きな困難に直面することになっていたからです。

どちらの側を支持すべきか

サウルは当初,ダビデのことを気に入っており,ダビデに軍の指揮を任せていました。しかしほどなくして,強力な敵に屈してしまいます。サウルはその犠牲となりましたが,ヨナタンはそうなりませんでした。それはねたみという敵です。ダビデはイスラエルの敵フィリスティア人を次々と打ち倒していき,称賛の的になりました。イスラエルの女性たちは「サウルは千を討ち倒し,ダビデは万を」と歌いました。サウルは不愉快になって,「その日以降,絶えずダビデを疑るように見て」いました。(サムエル第一 18:7,9)そしてダビデが自分の王権を奪うのではないかと恐れました。それは愚かな考えでした。確かにダビデは,自分が次の王になることを知っていましたが,エホバに選ばれ今も王として治めているサウルの立場を力づくで奪おうとは考えもしなかったからです。

サウルはダビデを戦死させようと画策しますが,うまくいきません。むしろ,ダビデは戦いで勝利を収めていき,人々の注目の的になります。それで,今度は家来たち全員や長男と共謀してダビデを殺そうとします。そのような父親を見てヨナタンがどれほど心を痛めたか,想像できるでしょうか。(サムエル第一 18:25‐30; 19:1)ヨナタンはサウルによく従ってきましたが,ダビデの親友でもありました。でも,今や両方を支持するわけにはいきません。どちらの側についたらよいのでしょうか。

ヨナタンはこう切り出します。「王がその僕(しもべ)ダビデに対して罪をおかしませんように。彼はあなたに対して罪をおかしていませんし,彼の業はあなたにとって非常に良いものとなっておりますので。そして,彼は自分の魂をそのたなごころに置いてあのフィリスティア人を討ち倒したので,エホバは全イスラエルのために大いなる救いを施されました。あなたはそれをご覧になって,歓ばれる(よろこばれる)ようになりました。それなのに,どうして故なくダビデを殺して,罪のない者の血に対して罪をおかしてよいのでしょうか」。意外にもサウルはヨナタンの言うことを聞き,ダビデに悪いことはしないと約束さえしました。しかし,サウルは約束を守るような人ではありません。ダビデが成功を収めていくと,サウルはねたみと憎しみに満たされ,ダビデに槍(やり)を投げつけます! (サムエル第一 19:4‐6,9,10)ダビデは命からがらサウルの宮廷から逃げます。

あなたもどちらにつけばいいのか迷ったことがありますか。それはつらい経験だったでしょう。「家族を何よりも大切にすべきだ」と言われたかもしれません。でもヨナタンはそうした考えが間違っていることに気付いていました。エホバを従順に支持しているダビデを見捨てて,どうして父親の側につけるでしょうか。ヨナタンはエホバの側につくことにしました。それで,父親の前でダビデを擁護しました。ヨナタンはエホバを第一にしましたが,父親も助けました。父親が喜びそうなことを言うのではなく,父親の間違いを率直に伝えました。ヨナタンに倣うなら,良い結果になるでしょう。

友への揺るぎない愛

ヨナタンは,サウルがダビデと良い関係となるよう再び努力します。しかしサウルは耳を傾けようともしません。ダビデはひそかにヨナタンと会い,自分の命が危険にさらされていることを伝え,こう言います。「わたしと死との間にはただ一歩の隔たりしかありません!」それを聞いたヨナタンは,父の気持ちを探ること,そしてその結果をダビデに知らせることを約束します。隠れているダビデに,ヨナタンは弓矢を使ってメッセージを伝えることにします。ヨナタンが求めたのは,ただダビデがヨナタンの家の者にずっと愛を示し続けることでした。それに対しダビデはヨナタンの家の者たちをいつも見守り,世話することを約束します。(サムエル第一 20:3,13‐27

ヨナタンはサウルにダビデの良い点について話そうとしますが,それがサウルの怒りを買います。ヨナタンを「反逆の女の息子」呼ばわりし,ダビデへの忠誠心は家族の恥だと侮辱します。サウルはヨナタンの利己心に訴えようとし,「エッサイの子が地上に生きている限り,お前とお前の王権が堅く立てられることはないのだ」と言います。それでもヨナタンは動じることなく父親に懇願します。「なぜ彼は殺されるべきなのでしょうか。彼が何をしたというのですか」。ついにサウルは怒りを爆発させます。年はとっていてもサウルは依然,強力で腕の良い戦士でした。自分の息子に向かって槍(やり)を投げつけたのです! 当たりはしなかったものの,深く傷つき,屈辱を受けたヨナタンは怒って立ち去ります。(サムエル第一 20:24‐34

ヨナタンは友情を守り抜いた。

次の日の朝,ヨナタンはダビデが隠れている野原へ出かけていきます。約束通り矢を放ち,サウルがまだダビデを殺そうとしていることを知らせます。それからヨナタンは従者を町に帰らせます。2人きりになると,ヨナタンとダビデは言葉を交わします。2人とも涙を流します。ヨナタンはこれから逃亡者として生きていかなければならない若い友との別れを嘆きます。(サムエル第一 20:35‐42

ヨナタンは友情を守り抜きました。忠実な人すべての敵サタンは,ヨナタンがサウルのように権力や名声を何よりも優先するのを見たかったに違いありません。サタンが,人間の利己心に訴えてくることを忘れてはなりません。最初の人間アダムとエバはその罠(わな)にかかりました。(創世記 3:1‐6)しかしヨナタンには通用しませんでした。サタンはどれほど悔しがったことでしょう。あなたは利己心に屈しないように抵抗しますか。今は自分ファーストな人がたくさんいます。(テモテ第二 3:1‐5)ヨナタンに見倣って無私の愛を示しますか。

忠実な友として,ヨナタンはダビデの身を守るために危険を知らせた。

「あなたはわたしにとって非常に快い人だった」

ダビデへの憎しみはサウルの中で激しさを増してゆきました。サウルが狂気に取りつかれ,軍隊を集合させて荒野へと進軍し,一人の罪のない男性を殺そうとしているのを知っても,ヨナタンにはなすすべがありませんでした。(サムエル第一 24:1,2,12‐15; 26:20)ヨナタンはその軍隊に加わったのでしょうか。興味深いことに,ヨナタンがこうした間違った軍事行動に加わったという記述は聖書中にありません。エホバ,ダビデ,そして友情の誓いに忠実だったので,そうはできなかったのです。

ダビデに対するヨナタンの気持ちは決して変わりませんでした。やがて,ダビデに再び会う方法を考え出します。「樹木の茂った所」という意味のホレシャで会うことにしたのです。ホレシャはヘブロンから何キロか南東にある荒れ果てた山地です。どうしてヨナタンは逃亡中のダビデにあえて会おうとしたのでしょうか。「神に関して彼[ダビデ]の手を強める」よう助けるためだった,と聖書にはあります。(サムエル第一 23:16)どのようにそうしましたか。

ヨナタンはこう言って力づけます。「恐れてはなりません。わたしの父サウルの手はあなたを見いだすことがないからです」。どうしてそう言えたのでしょうか。エホバの目的は必ず実現するという深い信仰があったからです。そして,「あなたはイスラエルの王とな[る]」と言います。これは預言者サムエルによって何年も前に予告されていたことでした。ヨナタンはエホバの言葉はいつでも信頼できるということを思い起こさせていたのです。ではヨナタンは,自分は将来どうなると考えていましたか。「わたしはあなたに次ぐ者となる」と語ります。すばらしい謙遜さです。30歳も年下のダビデの右腕として喜んで仕えるのです。それからヨナタンは「わたしの父サウルもまた,そうなることを知っているのです」と言います。(サムエル第一 23:17,18)サウル自身も,次の王に定められていたダビデと戦っても,勝てないということを知っていたのです。

ヨナタンはダビデが大変な時に力づけた。

その後の年月,ダビデはきっとこの日のことを何度も懐かしく思い返したことでしょう。2人が会ったのはその日が最後でした。残念なことに,ダビデに次ぐ者として仕えるというヨナタンの願いがかなう日は来ませんでした。

ヨナタンは父親と共に,公然とイスラエルに敵するフィリスティア人との戦いに出かけます。父親と一緒に戦うことに良心のとがめを感じません。父親がどんな間違いを犯したとしても,エホバに仕えることを第一にしているからです。ヨナタンは,これまでと同じように勇敢かつ忠実に戦いましたが,イスラエルは劣勢になります。サウルは,律法下では死刑となる心霊術を行なうまでに身を落としていたので,エホバの祝福を得ていませんでした。ヨナタンを含めサウルの3人の息子は戦死しました。サウルは傷を負い,自ら命を絶ちました。(サムエル第一 28:6‐14; 31:2‐6

「あなたはイスラエルの王となり,わたしはあなたに次ぐ者となるのです」とヨナタンは言った。(サムエル第一 23:17

ダビデは悲しみに打ちひしがれます。懐の深いダビデは,自分を惨めで困難な生活に追いやったサウルのためにも嘆きます! そして,サウルとヨナタンのために哀歌を書きます。愛する助言者であり友であったヨナタンに対する次の言葉は,本当に心を打ちます。「わたしの兄弟ヨナタン,わたしはあなたのために苦しんでいる。あなたはわたしにとって非常に快い人だった。あなたの愛はわたしにとって女の愛よりもすばらしかった」。(サムエル第二 1:26

ダビデはヨナタンとの誓いを決して忘れませんでした。何年か後,ヨナタンの息子で体が不自由だったメピボセテを探し出し,世話をしました。(サムエル第二 9:1‐13)ダビデがヨナタンの忠実さ,敬意,犠牲を払っても友に示す揺るぎない愛情から多くのことを学んでいたことは明らかです。わたしたちも教訓を学ぶことができますか。ヨナタンのような友を見つけ,わたしたち自身も固い友情を示すことはできるでしょうか。友がエホバへの信仰を築き強めるよう助け,エホバへの揺るぎない愛を第一にし,自己中心的にならずにエホバと友に対し忠実であるなら,ヨナタンのような友になることができます。その信仰に倣いましょう。

^ 10節 聖書が最初にヨナタンについて記録しているのは,サウルが統治を始めた時です。その時ヨナタンは軍を指揮していたので,少なくとも20歳に達していたと思われます。(民数記 1:3。サムエル第一 13:2)サウルは40年間治めました。ですからサウルが死んだ時,ヨナタンはおよそ60歳になっていたと思われます。その時ダビデは30歳でした。(サムエル第一 31:2。サムエル第二 5:4)ですから,ヨナタンは30歳ほどダビデより年上でした。