内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

その信仰に倣う | エリヤ

終わりまで耐え忍んだ人

エリヤのもとに,アハブ王が死んだという知らせが届きました。年老いたエリヤは感慨深げにあごひげをなでながら,邪悪な王との数十年間の出来事を思い返します。本当にたいへんでした。アハブ王と王妃イゼベルに脅され,追い回され,殺されそうになったことさえありました。アハブ王は,イゼベルがエホバの預言者たちを殺すよう命じた時にも,止めようとはしませんでした。アハブとイゼベルは,律法を守ろうとした何の罪もないナボテとその息子たちを共謀して殺すことまでしました。ただただ貪欲だったのです。そこで,エリヤはアハブとその王朝に対する,エホバからの裁きのメッセージを伝えました。今や,神の言葉は実現し始めました。アハブはエホバの予告どおりの死に方をしました。(列王第一 18:4; 21:1‐26; 22:37,38。列王第二 9:26

しかし,これで終わったわけではありません。イゼベルが生きていて,王家と国民を牛耳っているからです。エリヤはさらに多くの困難に直面することでしょう。そして,友であり後継者でもあるエリシャに教えるべきことはまだたくさんあります。ではこれから,エリヤに残された3つの任務について考えましょう。エリヤが耐え忍ぶうえで信仰がどのように助けになったかを理解すると,この困難な時代に自分の信仰を強める方法が分かるでしょう。

アハジヤを裁く

アハブとイゼベルの息子であるアハジヤがイスラエルの次の王になります。アハジヤは,両親の愚かさから学ばず,その邪悪な歩みに倣います。(列王第一 22:52)そして,両親と同じようにバアルを崇拝します。バアル崇拝は,人々に神殿での売春や子どものいけにえを行なわせる,堕落した宗教でした。アハジヤが行状を改め,国民をエホバへのはなはだしい不忠実から引き戻すことなどあるでしょうか。

突然の悲劇がこの尊大な若い王を襲います。屋上の間の格子のあいだから落ちて,大けがをしたのです。命が危うくなっても,アハジヤはエホバに助けを求めようとはしません。それどころか,敵であるフィリスティア人の都市エクロンに使者を遣わして,回復の見込みがあるかどうかを異教の神バアル・ゼブブに伺わせようとします。エホバは,さすがにこれはひどいと思い,1人の天使を遣わして,エリヤがその使者たちの行く手を阻むようにされます。エリヤは王に対する痛烈なメッセージを使者たちに持ち帰らせます。アハジヤは,イスラエルには神がいないかのように振る舞うことによって,重大な罪を犯しました。それで,エホバはアハジヤが病の床から回復しないことを定められます。(列王第二 1:2‐4

頑固なアハジヤは横柄な態度で,こう尋ねます。「お前たちに会おうと上って来て,お前たちにこれらの言葉を語ったその人は,どんな様子をしていたか」。使者たちが預言者の簡素な服装を説明すると,アハジヤはすぐに,それは「エリヤだ」と言います。(列王第二 1:7,8)注目に値するのは,エリヤが神への奉仕を中心としたシンプルな生活を送っていたので,アハジヤはその服装について聞いただけでそれがだれかすぐに分かった,という点です。貪欲で物質主義的なアハジヤやその両親では,あり得ないことでした。エリヤの手本から,今日でもイエスの助言に従って,生活をシンプルにし,本当に重要なことを生活の中心にすることの大切さを学べます。(マタイ 6:22‐24

復しゅう心に燃えるアハジヤは,エリヤを捕らえるために,隊長と50人から成る部隊を差し向けます。エリヤが「山 *の頂に座って」いたので,その隊長はぶしつけな態度で,王の名において「降りて来[る]」ようエリヤに命令します。連行して処刑するつもりだったのでしょう。信じられないことに,兵士たちはエリヤが「まことの神の人」であることを知っていたにもかかわらず,脅してもかまわないと考えていたのです。それは大きな間違いでした。エリヤはその隊長にこう言います。「もし,わたしが神の人であるなら,天から火が下って来て,あなたとあなたの五十人とを食らい尽くすように」。すると,神はその言葉を聞き入れ,「天から火が下って来て,彼とその五十人とを食らい尽くし」ます。(列王第二 1:9,10)この兵士たちが悲劇的な最期を迎えたことから,エホバはご自分の僕(しもべ)たちをばかにしたりむげに扱ったりする人々を決して許されないということが分かります。(歴代第一 16:21,22

アハジヤは別の隊長と部下たち50人を遣わします。2番目の隊長は,最初の隊長よりもさらに無謀でした。考えてみてください。前に遣わされた51人の焼け焦げた死体が山の中腹でまだくすぶっています。それなのに,何も学ばないどころか,前の隊長の軽蔑的な命令を繰り返し,「早く」という言葉まで加えたのです。何と愚かなことでしょう。それで,その隊長と部下たちは最初の部隊と同じように命を落とします。とはいえ,王はそれに輪をかけて愚かです。動揺することなく,3番目の部隊を遣わします。幸いなことに,3番目に遣わされた隊長は,賢い人でした。謙遜な態度でエリヤに近づき,自分と部下の命乞いをします。神の人エリヤは,エホバの憐れみを反映していたに違いありません。その謙遜な隊長に応じます。エホバの天使はエリヤに,その兵士たちと共に行くよう指示します。エリヤはそれに従って行き,邪悪な王にエホバの宣告を述べます。その言葉の通り,アハジヤは死にます。その治世はわずか2年で終わります。(列王第二 1:11‐17

謙遜さを示した隊長に対して,エリヤはエホバの憐れみを反映した。

頑固で反抗的な人が多い中,エリヤはどのように耐え忍んだのでしょうか。この疑問は,今のわたしたちにも関係があります。大切に思っている人が良い判断をせずに,間違った行ないを続けているのを見ると,本当にがっかりするものです。気落ちしないためには,どうすれば良いでしょうか。兵士たちがエリヤを見つけた場所について考えてみましょう。それは「山の頂」でした。エリヤは祈りの人だったので,そういう静かな場所で愛する神と話していたのかもしれません。(ヤコブ 5:16‐18)わたしたちも定期的に時間を取って,神に語りかけ,心を開いて問題や心配を打ち明けることができます。そうすれば,周囲の人がどうであれ,自分のスタンスを保つことができます。

後継者に責任を託す

エリヤがついに預言者としての任務を終える時がやってきます。どうするでしょうか。エリヤはエリシャと一緒にギルガルの町を去ろうとする時,エリシャにそこに残るよう勧め,1人で11㌔ほど離れたベテルに行こうとします。エリシャはきっぱりとこう答えます。「エホバは生きておられ,あなたの魂も生きています。私はあなたを離れません」。2人がベテルに到着すると,エリヤはエリシャに,自分は22㌔ほど離れたエリコに1人で行くと言います。エリシャはきっぱりと前と同じ返事をします。3度目にエリコでも同じようなやり取りがあった後に,2人は8㌔ほど離れたヨルダン川に向かいます。今回も,エリシャは断固としてエリヤを離れようとはしません。(列王第二 2:1‐6

エリシャは,エリヤに対して揺るぎない愛を示していました。このたいへん重要な特質は,ルツがナオミに対して示した愛と似ています。その対象に固く付き,絶対に離れない強い愛です。(ルツ 1:15,16)神の僕たちすべては今日,これまで以上にこの特質を必要としています。わたしたちは,その重要性をエリシャのようにはっきりと理解しているでしょうか。

若い仲間の揺るぎない愛を感じ,エリヤは心を打たれたことでしょう。それで,エリシャはエリヤの最後の奇跡を目撃するという機会に恵まれます。ヨルダン川は所々で流れが速く,深くなっていますが,そのほとりで,エリヤは自分の職服で水を打ちます。すると,水が2つに分かれます。「預言者の子ら五十人」もこの奇跡を見ます。その人たちは,その地で清い崇拝を率先して行なうよう訓練を受けた一団と思われます。(列王第二 2:7,8)エリヤはその訓練を監督していたようです。ほんの数年前,彼は国内に神の忠実な僕は自分しか残っていないと思っていた時がありました。しかしエホバはエリヤの忍耐に報われます。神の崇拝者たちが増加している様子をお見せになったのです。(列王第一 19:10

ヨルダン川を渡ると,エリヤはエリシャにこう言います。「わたしがあなたから取られる前に,あなたのためにすべきことを求めなさい」。エリヤは自分の旅立ちの時が来たことを知っていました。若いエリシャが特権や名声を得るようになることを嫌がりません。むしろ,エリヤはできる限りエリシャを助けたいと思っています。エリシャは唯一,こう求めます。「どうか,あなたの霊の二つの分が私に臨みますように」。(列王第二 2:9)エリシャは,エリヤが受けていた聖霊の2倍が欲しいと言っていたのではありません。長男が受ける相続分を求めていたのです。律法では長男が家族の頭としての新しい責任をしっかり担えるよう,最も多い,つまり2倍の相続物を受けることになっていました。(申命記 21:17)エリヤの霊的な相続人として務めを果たすには,エリヤのような勇敢さが必要だということを理解していたのでしょう。

エリヤは謙遜にも,その答えをエホバの手に委ねます。神が年老いたエリヤを取り去られる時に,エリシャがその様子を見るなら,神はエリシャの願いをかなえてくださるでしょう。やがて,長年の友である2人が一緒に「歩きながら話して」いると,不思議なことが起きます!(列王第二 2:10,11

固い友情があったので,エリヤとエリシャは,困難な時代を耐え忍べたに違いない。

空に浮かんだ不思議な光がどんどん近づいてきます。その情景をイメージしてみてください。突然暴風が起こり,すさまじい音とともに,その輝くものが2人に向かってきます。2人はびっくりして後ずさりしたのでしょう,引き離されてしまいます。それは,火のように輝く兵車でした。エリヤは別れの時が来たことを知ります。エリヤはその兵車に乗り込んだのでしょうか。聖書には何も述べられていません。いずれにせよ,暴風にさらわれ,空中を高く,高く上って行きます。

エリシャは恐れに打たれて立ち尽くします。驚嘆すべき光景を見たので,エリヤの勇気の霊の「二つの分」をエホバが確かに与えてくださるということを知ります。しかし,そのことを考えるのは悲しいことでもありました。大切な旧友がどこに行ったか分かりませんが,恐らく二度と会えないでしょう。エリシャは「我が父,我が父,イスラエルの戦車とその騎手たちよ!」と叫びます。尊敬するエリヤが遠く離れていくのを見て,悲しみのあまり衣を2つに裂きました。(列王第二 2:12

エリヤは空に上って行きながら,若い友の悲痛な叫びを聞いて涙を流したかもしれません。きっと,そのような友がいたからこそ様々な苦境を耐え忍べたと感じていたはずです。わたしたちもエリヤの手本から教訓を得て,神を愛し,神のご意志を行なおうとしている人たちとの友情を築きましょう。

エホバはエリヤを新しい場所に移動させた。

最後の任務

エリヤは次にどこへ行ったのでしょうか。天に取り上げられて神のもとに行ったのだと教える宗教もあります。しかし,それはあり得ません。何世紀も後に,イエス・キリストは,これまでだれも天に上ったことはない,と述べました。(ヨハネ 3:13)それで,「エリヤは風あらしに乗って天に上って行った」という「天」には,別の意味があるはずです。(列王第二 2:11)聖書中で「天」という語は,エホバ神がおられる文字通りの天だけでなく,雲が流れ,鳥が飛ぶ空のことも指します。(詩編 147:8)そのような天つまり空に,エリヤは上ったのです。それからどうなりましたか。

エホバはこの愛すべき預言者を新しい区域,つまり隣のユダ王国に移動させたにすぎませんでした。聖書の記録によると,エリヤはその新しい場所で,その後7年以上も奉仕したものと思われます。当時のユダを支配していたのは,邪悪な王エホラムでした。エホラムはアハブとイゼベルの間に生まれた娘と結婚していたので,アハブとイゼベルの邪悪な影響は続いていました。エホバは,エホラムへの裁きを宣告する手紙を書くよう,エリヤに命じます。その予告どおり,エホラムはひどい死に方をします。その上,記録はこう結ばれています。「ついに彼は好まれることもなく去って行った」。(歴代第二 21:12‐20

この邪悪なエホラムとエリヤは,たいへん対照的です。エリヤがいつ,どのように死んだのかは分かりません。しかし,エホラムのようにだれにも惜しまれずに死んだことはなかったはずです。エリシャは友との別れを悲しみました。他の忠実な預言者たちも悲しんだに違いありません。エホバもエリヤを高く評価しておられたので,1000年ほど後,変貌の幻の中でこの愛する預言者の姿をお用いになりました。(マタイ 17:1‐9)あなたもエリヤのように,苦境にあっても耐え忍ぶ強い信仰を持ちたいと思いませんか。では,神を愛する人たちとの友情を築き,神を中心とした生活を送り,いつも心から祈ることを忘れないでください。そうすれば,愛に富むエホバの心に永遠に記憶されることでしょう。

^ 9節 一部の学者たちは,この山はカルメル山ではないかと考えています。この出来事の何年か前に,エホバから力を与えられたエリヤが,バアルの預言者たちを打ち負かした場所です。とはいえ,聖書はそれがどの山かを明確には述べていません。