エリヤ​の​もと​に,アハブ​王​が​死ん​だ​と​いう​知らせ​が​届き​まし​た。年老い​た​エリヤ​は​感慨深げ​に​あごひげ​を​なで​ながら,邪悪​な​王​と​の​数十​年​間​の​出来事​を​思い返し​ます。本当​に​たいへん​でし​た。アハブ​王​と​王妃​イゼベル​に​脅さ​れ,追い回さ​れ,殺さ​れ​そう​に​なっ​た​こと​さえ​あり​まし​た。アハブ​王​は,イゼベル​が​エホバ​の​預言​者​たち​を​殺す​よう​命じ​た​時​に​も,止め​よう​と​は​し​ませ​ん​でし​た。アハブ​と​イゼベル​は,律法​を​守ろ​う​と​し​た​何​の​罪​も​ない​ナボテ​と​その​息子​たち​を​共謀​し​て​殺す​こと​まで​し​まし​た。ただただ​貪欲​だっ​た​の​です。そこで,エリヤ​は​アハブ​と​その​王朝​に​対する,エホバ​から​の​裁き​の​メッセージ​を​伝え​まし​た。今や,神​の​言葉​は​実現​し​始め​まし​た。アハブ​は​エホバ​の​予告​どおり​の​死​に​方​を​し​まし​た。(列王​第​一 18:4; 21:1‐26; 22:37,38。列王​第​二 9:26

しかし,これ​で​終わっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。イゼベル​が​生き​て​い​て,王家​と​国民​を​牛耳っ​て​いる​から​です。エリヤ​は​さらに​多く​の​困難​に​直面​する​こと​でしょ​う。そして,友​で​あり​後継​者​で​も​ある​エリシャ​に​教える​べき​こと​は​まだ​たくさん​あり​ます。では​これ​から,エリヤ​に​残さ​れ​た​3​つ​の​任務​に​つい​て​考え​ましょ​う。エリヤ​が​耐え忍ぶ​うえ​で​信仰​が​どの​よう​に​助け​に​なっ​た​か​を​理解​する​と,この​困難​な​時代​に​自分​の​信仰​を​強める​方法​が​分かる​でしょ​う。

アハジヤ​を​裁く

アハブ​と​イゼベル​の​息子​で​ある​アハジヤ​が​イスラエル​の​次​の​王​に​なり​ます。アハジヤ​は,両親​の​愚か​さ​から​学ば​ず,その​邪悪​な​歩み​に​倣い​ます。(列王​第​一 22:52)そして,両親​と​同じ​よう​に​バアル​を​崇拝​し​ます。バアル​崇拝​は,人々​に​神殿​で​の​売春​や​子ども​の​いけにえ​を​行なわ​せる,堕落​し​た​宗教​でし​た。アハジヤ​が​行状​を​改め,国民​を​エホバ​へ​の​はなはだ​し​い​不​忠実​から​引き戻す​こと​など​ある​でしょ​う​か。

突然​の​悲劇​が​この​尊大​な​若い​王​を​襲い​ます。屋上​の​間​の​格子​の​あいだ​から​落ち​て,大​けが​を​し​た​の​です。命​が​危うく​なっ​て​も,アハジヤ​は​エホバ​に​助け​を​求め​よう​と​は​し​ませ​ん。それどころか,敵​で​ある​フィリスティア​人​の​都市​エクロン​に​使者​を​遣わし​て,回復​の​見込み​が​ある​か​どう​か​を​異教​の​神​バアル​・​ゼブブ​に​伺わ​せ​よう​と​し​ます。エホバ​は,さすが​に​これ​は​ひどい​と​思い,1​人​の​天使​を​遣わし​て,エリヤ​が​その​使者​たち​の​行く手​を​阻む​よう​に​され​ます。エリヤ​は​王​に​対する​痛烈​な​メッセージ​を​使者​たち​に​持ち帰ら​せ​ます。アハジヤ​は,イスラエル​に​は​神​が​い​ない​か​の​よう​に​振る舞う​こと​に​よっ​て,重大​な​罪​を​犯し​まし​た。それで,エホバ​は​アハジヤ​が​病​の​床​から​回復​し​ない​こと​を​定め​られ​ます。(列王​第​二 1:2‐4

頑固​な​アハジヤ​は​横柄​な​態度​で,こう​尋ね​ます。「お前​たち​に​会お​う​と​上っ​て​来​て,お前​たち​に​これら​の​言葉​を​語っ​た​その​人​は,どんな​様子​を​し​て​い​た​か」。使者​たち​が​預言​者​の​簡素​な​服装​を​説明​する​と,アハジヤ​は​すぐ​に,それ​は「エリヤ​だ」と​言い​ます。(列王​第​二 1:7,8)注目​に​値する​の​は,エリヤ​が​神​へ​の​奉仕​を​中心​と​し​た​シンプル​な​生活​を​送っ​て​い​た​の​で,アハジヤ​は​その​服装​に​つい​て​聞い​た​だけ​で​それ​が​だれ​か​すぐ​に​分かっ​た,と​いう​点​です。貪欲​で​物質​主義​的​な​アハジヤ​や​その​両親​で​は,あり得​ない​こと​でし​た。エリヤ​の​手本​から,今日​で​も​イエス​の​助言​に​従っ​て,生活​を​シンプル​に​し,本当​に​重要​な​こと​を​生活​の​中心​に​する​こと​の​大切​さ​を​学べ​ます。(マタイ 6:22‐24

復しゅう​心​に​燃える​アハジヤ​は,エリヤ​を​捕らえる​ため​に,隊長​と​50​人​から​成る​部隊​を​差し向け​ます。エリヤ​が「山​ *の​頂​に​座っ​て」い​た​の​で,その​隊長​は​ぶしつけ​な​態度​で,王​の​名​に​おい​て「降り​て​来[る]」よう​エリヤ​に​命令​し​ます。連行​し​て​処刑​する​つもり​だっ​た​の​でしょ​う。信じ​られ​ない​こと​に,兵士​たち​は​エリヤ​が「まこと​の​神​の​人」で​ある​こと​を​知っ​て​い​た​に​も​かかわら​ず,脅し​て​も​かまわ​ない​と​考え​て​い​た​の​です。それ​は​大きな​間違い​でし​た。エリヤ​は​その​隊長​に​こう​言い​ます。「もし,わたし​が​神​の​人​で​ある​なら,天​から​火​が​下っ​て​来​て,あなた​と​あなた​の​五十​人​と​を​食らい尽くす​よう​に」。すると,神​は​その​言葉​を​聞き入れ,「天​から​火​が​下っ​て​来​て,彼​と​その​五十​人​と​を​食らい​尽くし」ます。(列王​第​二 1:9,10)この​兵士​たち​が​悲劇​的​な​最期​を​迎え​た​こと​から,エホバ​は​ご自分​の​僕(しもべ)たち​を​ばか​に​し​たり​むげ​に​扱っ​たり​する​人々​を​決して​許さ​れ​ない​と​いう​こと​が​分かり​ます。(歴代​第​一 16:21,22

アハジヤ​は​別​の​隊長​と​部下​たち​50​人​を​遣わし​ます。2​番​目​の​隊長​は,最初​の​隊長​より​も​さらに​無謀​でし​た。考え​て​み​て​ください。前​に​遣わさ​れ​た​51​人​の​焼け焦げ​た​死体​が​山​の​中腹​で​まだ​くすぶっ​て​い​ます。それなのに,何​も​学ば​ない​どころ​か,前​の​隊長​の​軽蔑​的​な​命令​を​繰り返し,「早く」と​いう​言葉​まで​加え​た​の​です。何​と​愚か​な​こと​でしょ​う。それで,その​隊長​と​部下​たち​は​最初​の​部隊​と​同じ​よう​に​命​を​落とし​ます。と​は​いえ,王​は​それ​に​輪​を​かけ​て​愚か​です。動揺​する​こと​なく,3​番​目​の​部隊​を​遣わし​ます。幸い​な​こと​に,3​番​目​に​遣わさ​れ​た​隊長​は,賢い​人​でし​た。謙遜​な​態度​で​エリヤ​に​近づき,自分​と​部下​の​命乞い​を​し​ます。神​の​人​エリヤ​は,エホバ​の​憐れみ​を​反映​し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。その​謙遜​な​隊長​に​応じ​ます。エホバ​の​天使​は​エリヤ​に,その​兵士​たち​と​共​に​行く​よう​指示​し​ます。エリヤ​は​それ​に​従っ​て​行き,邪悪​な​王​に​エホバ​の​宣告​を​述べ​ます。その​言葉​の​通り,アハジヤ​は​死に​ます。その​治世​は​わずか​2​年​で​終わり​ます。(列王​第​二 1:11‐17

謙遜​さ​を​示し​た​隊長​に​対し​て,エリヤ​は​エホバ​の​憐れみ​を​反映​し​た。

頑固​で​反抗​的​な​人​が​多い​中,エリヤ​は​どの​よう​に​耐え忍ん​だ​の​でしょ​う​か。この​疑問​は,今​の​わたしたち​に​も​関係​が​あり​ます。大切​に​思っ​て​いる​人​が​良い​判断​を​せ​ず​に,間違っ​た​行ない​を​続け​て​いる​の​を​見る​と,本当​に​がっかり​する​もの​です。気落ち​し​ない​ため​に​は,どう​すれ​ば​良い​でしょ​う​か。兵士​たち​が​エリヤ​を​見つけ​た​場所​に​つい​て​考え​て​み​ましょ​う。それ​は「山​の​頂」でし​た。エリヤ​は​祈り​の​人​だっ​た​の​で,そう​いう​静か​な​場所​で​愛する​神​と​話し​て​い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。(ヤコブ 5:16‐18)わたしたち​も​定期​的​に​時間​を​取っ​て,神​に​語りかけ,心​を​開い​て​問題​や​心配​を​打ち明ける​こと​が​でき​ます。そうすれば,周囲​の​人​が​どう​で​あれ,自分​の​スタンス​を​保つ​こと​が​でき​ます。

後継​者​に​責任​を​託す

エリヤ​が​ついに​預言​者​と​し​て​の​任務​を​終える​時​が​やっ​て​き​ます。どう​する​でしょ​う​か。エリヤ​は​エリシャ​と​一緒​に​ギルガル​の​町​を​去ろ​う​と​する​時,エリシャ​に​そこ​に​残る​よう​勧め,1​人​で​11​㌔​ほど​離れ​た​ベテル​に​行こ​う​と​し​ます。エリシャ​は​きっぱり​と​こう​答え​ます。「エホバ​は​生き​て​おら​れ,あなた​の​魂​も​生き​て​い​ます。私​は​あなた​を​離れ​ませ​ん」。2​人​が​ベテル​に​到着​する​と,エリヤ​は​エリシャ​に,自分​は​22​㌔​ほど​離れ​た​エリコ​に​1​人​で​行く​と​言い​ます。エリシャ​は​きっぱり​と​前​と​同じ​返事​を​し​ます。3​度​目​に​エリコ​で​も​同じ​よう​な​やり取り​が​あっ​た​後​に,2​人​は​8​㌔​ほど​離れ​た​ヨルダン​川​に​向かい​ます。今回​も,エリシャ​は​断固​と​し​て​エリヤ​を​離れ​よう​と​は​し​ませ​ん。(列王​第​二 2:1‐6

エリシャ​は,エリヤ​に​対し​て​揺るぎない​愛​を​示し​て​い​まし​た。この​たいへん​重要​な​特質​は,ルツ​が​ナオミ​に​対し​て​示し​た​愛​と​似​て​い​ます。その​対象​に​固く​付き,絶対​に​離れ​ない​強い​愛​です。(ルツ 1:15,16)神​の​僕​たち​すべて​は​今日,これ​まで​以上​に​この​特質​を​必要​と​し​て​い​ます。わたしたち​は,その​重要​性​を​エリシャ​の​よう​に​はっきり​と​理解​し​て​いる​でしょ​う​か。

若い​仲間​の​揺るぎない​愛​を​感じ,エリヤ​は​心​を​打た​れ​た​こと​でしょ​う。それで,エリシャ​は​エリヤ​の​最後​の​奇跡​を​目撃​する​と​いう​機会​に​恵ま​れ​ます。ヨルダン​川​は​所々​で​流れ​が​速く,深く​なっ​て​い​ます​が,その​ほとり​で,エリヤ​は​自分​の​職服​で​水​を​打ち​ます。すると,水​が​2​つ​に​分かれ​ます。「預言​者​の​子​ら​五十​人」も​この​奇跡​を​見​ます。その​人​たち​は,その​地​で​清い​崇拝​を​率先​し​て​行なう​よう​訓練​を​受け​た​一団​と​思わ​れ​ます。(列王​第​二 2:7,8)エリヤ​は​その​訓練​を​監督​し​て​い​た​よう​です。ほんの​数​年​前,彼​は​国内​に​神​の​忠実​な​僕​は​自分​しか​残っ​て​い​ない​と​思っ​て​い​た​時​が​あり​まし​た。しかし​エホバ​は​エリヤ​の​忍耐​に​報わ​れ​ます。神​の​崇拝​者​たち​が​増加​し​て​いる​様子​を​お見せ​に​なっ​た​の​です。(列王​第​一 19:10

ヨルダン​川​を​渡る​と,エリヤ​は​エリシャ​に​こう​言い​ます。「わたし​が​あなた​から​取ら​れる​前​に,あなた​の​ため​に​す​べき​こと​を​求め​なさい」。エリヤ​は​自分​の​旅立ち​の​時​が​来​た​こと​を​知っ​て​い​まし​た。若い​エリシャ​が​特権​や​名声​を​得る​よう​に​なる​こと​を​嫌がり​ませ​ん。むしろ,エリヤ​は​できる​限り​エリシャ​を​助け​たい​と​思っ​て​い​ます。エリシャ​は​唯一,こう​求め​ます。「どうか,あなた​の​霊​の​二つ​の​分​が​私​に​臨み​ます​よう​に」。(列王​第​二 2:9)エリシャ​は,エリヤ​が​受け​て​い​た​聖霊​の​2​倍​が​欲しい​と​言っ​て​い​た​の​で​は​あり​ませ​ん。長男​が​受ける​相続​分​を​求め​て​い​た​の​です。律法​で​は​長男​が​家族​の​頭​と​し​て​の​新しい​責任​を​しっかり​担える​よう,最も​多い,つまり​2​倍​の​相続​物​を​受ける​こと​に​なっ​て​い​まし​た。(申命記 21:17)エリヤ​の​霊的​な​相続​人​と​し​て​務め​を​果たす​に​は,エリヤ​の​よう​な​勇敢​さ​が​必要​だ​と​いう​こと​を​理解​し​て​い​た​の​でしょ​う。

エリヤ​は​謙遜​に​も,その​答え​を​エホバ​の​手​に​委ね​ます。神​が​年老い​た​エリヤ​を​取り去ら​れる​時​に,エリシャ​が​その​様子​を​見る​なら,神​は​エリシャ​の​願い​を​かなえ​て​くださる​でしょ​う。やがて,長年​の​友​で​ある​2​人​が​一緒​に「歩き​ながら​話​し​て」いる​と,不思議​な​こと​が​起き​ます!(列王​第​二 2:10,11

固い​友情​が​あっ​た​の​で,エリヤ​と​エリシャ​は,困難​な​時代​を​耐え忍べ​た​に​違いない。

空​に​浮かん​だ​不思議​な​光​が​どんどん​近づい​て​き​ます。その​情景​を​イメージ​し​て​み​て​ください。突然​暴風​が​起こり,すさまじい​音​と​とも​に,その​輝く​もの​が​2​人​に​向かっ​て​き​ます。2​人​は​びっくり​し​て​後ずさり​し​た​の​でしょ​う,引き離さ​れ​て​しまい​ます。それ​は,火​の​よう​に​輝く​兵車​でし​た。エリヤ​は​別れ​の​時​が​来​た​こと​を​知り​ます。エリヤ​は​その​兵車​に​乗り込ん​だ​の​でしょ​う​か。聖書​に​は​何​も​述べ​られ​て​い​ませ​ん。いずれ​に​せよ,暴風​に​さら​われ,空中​を​高く,高く​上っ​て​行き​ます。

エリシャ​は​恐れ​に​打た​れ​て​立ち尽くし​ます。驚嘆​す​べき​光景​を​見​た​の​で,エリヤ​の​勇気​の​霊​の「二つ​の​分」を​エホバ​が​確か​に​与え​て​くださる​と​いう​こと​を​知り​ます。しかし,その​こと​を​考える​の​は​悲しい​こと​で​も​あり​まし​た。大切​な​旧友​が​どこ​に​行っ​た​か​分かり​ませ​ん​が,恐らく​二​度​と​会え​ない​でしょ​う。エリシャ​は「我​が​父,我​が​父,イスラエル​の​戦車​と​その​騎手​たち​よ!」と​叫び​ます。尊敬​する​エリヤ​が​遠く​離れ​て​いく​の​を​見​て,悲しみ​の​あまり​衣​を​2​つ​に​裂き​まし​た。(列王​第​二 2:12

エリヤ​は​空​に​上っ​て​行き​ながら,若い​友​の​悲痛​な​叫び​を​聞い​て​涙​を​流し​た​か​も​しれ​ませ​ん。きっと,その​よう​な​友​が​い​た​から​こそ​様々​な​苦境​を​耐え忍べ​た​と​感じ​て​い​た​はず​です。わたしたち​も​エリヤ​の​手本​から​教訓​を​得​て,神​を​愛し,神​の​ご意志​を​行なお​う​と​し​て​いる​人​たち​と​の​友情​を​築き​ましょ​う。

エホバ​は​エリヤ​を​新しい​場所​に​移動​さ​せ​た。

最後​の​任務

エリヤ​は​次​に​どこ​へ​行っ​た​の​でしょ​う​か。天​に​取り上げ​られ​て​神​の​もと​に​行っ​た​の​だ​と​教える​宗教​も​あり​ます。しかし,それ​は​あり得​ませ​ん。何​世紀​も​後​に,イエス​・​キリスト​は,これ​まで​だれ​も​天​に​上っ​た​こと​は​ない,と​述べ​まし​た。(ヨハネ 3:13)それで,「エリヤ​は​風​あらし​に​乗っ​て​天​に​上っ​て​行っ​た」と​いう「天」に​は,別​の​意味​が​ある​はず​です。(列王​第​二 2:11)聖書​中​で「天」と​いう​語​は,エホバ​神​が​おら​れる​文字通り​の​天​だけ​で​なく,雲​が​流れ,鳥​が​飛ぶ​空​の​こと​も​指し​ます。(詩編 147:8)その​よう​な​天​つまり​空​に,エリヤ​は​上っ​た​の​です。それ​から​どう​なり​まし​た​か。

エホバ​は​この​愛す​べき​預言​者​を​新しい​区域,つまり​隣​の​ユダ​王国​に​移動​さ​せ​た​に​すぎ​ませ​ん​でし​た。聖書​の​記録​に​よる​と,エリヤ​は​その​新しい​場所​で,その​後​7​年​以上​も​奉仕​し​た​もの​と​思わ​れ​ます。当時​の​ユダ​を​支配​し​て​い​た​の​は,邪悪​な​王​エホラム​でし​た。エホラム​は​アハブ​と​イゼベル​の​間​に​生ま​れ​た​娘​と​結婚​し​て​い​た​の​で,アハブ​と​イゼベル​の​邪悪​な​影響​は​続い​て​い​まし​た。エホバ​は,エホラム​へ​の​裁き​を​宣告​する​手紙​を​書く​よう,エリヤ​に​命じ​ます。その​予告​どおり,エホラム​は​ひどい​死​に​方​を​し​ます。その​上,記録​は​こう​結ば​れ​て​い​ます。「ついに​彼​は​好ま​れる​こと​も​なく​去っ​て​行っ​た」。(歴代​第​二 21:12‐20

この​邪悪​な​エホラム​と​エリヤ​は,たいへん​対照​的​です。エリヤ​が​いつ,どの​よう​に​死ん​だ​の​か​は​分かり​ませ​ん。しかし,エホラム​の​よう​に​だれ​に​も​惜しま​れ​ず​に​死ん​だ​こと​は​なかっ​た​はず​です。エリシャ​は​友​と​の​別れ​を​悲しみ​まし​た。他​の​忠実​な​預言​者​たち​も​悲しん​だ​に​違いあり​ませ​ん。エホバ​も​エリヤ​を​高く​評価​し​て​おら​れ​た​の​で,1000​年​ほど​後,変貌​の​幻​の​中​で​この​愛する​預言​者​の​姿​を​お用い​に​なり​まし​た。(マタイ 17:1‐9)あなた​も​エリヤ​の​よう​に,苦境​に​あっ​て​も​耐え忍ぶ​強い​信仰​を​持ち​たい​と​思い​ませ​ん​か。では,神​を​愛する​人​たち​と​の​友情​を​築き,神​を​中心​と​し​た​生活​を​送り,いつも​心​から​祈る​こと​を​忘れ​ない​で​ください。そうすれば,愛​に​富む​エホバ​の​心​に​永遠​に​記憶​さ​れる​こと​でしょ​う。

^ 9節 一部​の​学​者​たち​は,この​山​は​カルメル​山​で​は​ない​か​と​考え​て​い​ます。この​出来事​の​何​年​か​前​に,エホバ​から力​を​与え​られ​た​エリヤ​が,バアル​の​預言​者​たち​を​打ち負かし​た場所​です。と​は​いえ,聖書​は​それ​が​どの​山​か​を​明確​に​は​述べ​て​い​ませ​ん。