内容へ

神に愛される人となる

性格を改善するには

道徳基準は今でも必要?

聖書の道徳基準が今も必要だと言えるのはなぜでしょうか。2つの理由を考えてみましょう。

しあわせな生き方 満足し,喜んで与える

多くの人は,お金や物がたくさんあれば幸せになれると考えています。では,お金や物があれば,ずっと幸せでいられるのでしょうか。実際はどうでしょうか。

与える喜びを味わってください

与えることは,自分にも他の人にもプラスになります。協力の精神や友情を育みます。どうすれば,快く与える人になれるでしょうか。

聖書は感謝の気持ちについて何と述べているか

感謝の気持ちを表わすことには,たくさんのメリットのあることが実証されています。感謝の気持ちはどのように役立ちますか。またどのように育めるでしょうか。

温和さを示す 知恵の道

不公正な扱いを受けた時,穏やかさを保つのは簡単ではありません。しかし聖書はクリスチャンに,温和さを示すよう勧めています。どうすればこの特質を培えるでしょうか。

もっと辛抱強くなるには

短気を克服するための4つのかぎ。

しあわせな生き方 許す

いつも怒りの気持ちを募らせていると,幸せではありませんし,健康にも良くありません。

正直は報われる

幾つもの経験談は,正直であることの価値を物語っています。

他の人と良い関係を築く

偏見 親切にする

親切にすると偏見はなくなります。どんな親切なことができるでしょうか。

しあわせな生き方 愛する

愛し愛されることは,人が幸せになるうえで重要な役割を果たします。

あらゆる時代のあらゆる人に当てはまる道徳律 ― 愛

聖書はしばしば愛に言及していますが,そのほとんどは恋や性に関係したものではありません。

親切心 ― 神の目から見て,なくてはならないもの

だれにでも親切にするべきでしょうか。神は親切という特質をどう見ておられるでしょうか。

友情を育むには

大抵だれでも,『親友を持つことは大切だ』と考えます。どうすれば他の人の良い友になれるでしょうか。この記事には,聖書から指針となる4つの点が取り上げられています。

家庭をもっと平和にするには?

聖書の知恵に従えば,平和が存在しない所に平和を作り出せるでしょうか。それに従ってみた人たちのコメントをお読みください。

惜しみなく許す

相手を許すというのは,自分がどれだけ傷ついたかを軽く考えたり無視したりすることですか。

怒りを爆発させないためには

怒りの感情をぶちまけるのも抑え込むのも健康に良くありません。では配偶者にイラッときたときはどうしたらいいでしょうか。