内容へ

バビロンに連れていかれたユダヤ人の暮らしに関する聖書の記述は正確ですか

2600年ほど前,ユダヤ人はバビロンに連れていかれ,捕囚の民として約70年とどまりました。バビロンでどのような生活を送るのかについて,神は聖書の中でこう予告しました。「家を建てて住みなさい。果樹園を造って実を食べなさい。妻を迎えて息子や娘をもうけなさい。……私があなたたちを捕囚の身にした都市の平和を求め……なさい」。(エレミヤ 29:1,4-7)では,ユダヤ人は本当にそのように暮らしていたのでしょうか。

研究者たちは,古代バビロンかその付近のものとみられる,100以上の粘土板を分析しました。それらの粘土板によれば,捕囚にされたユダヤ人の多くはバビロニア人の支配に従いつつも,自国の文化的,宗教的なアイデンティティーを守っていました。紀元前572年から477年までのものである粘土板には,賃貸借契約書,開業届,約束手形,その他の取引の記録が含まれています。「これらの文書により,田舎で暮らしていた人々の普段の生活様式を垣間見ることができる。彼らは土地を耕し,家を建て,税を支払い,労役に服していた」と,ある文献は述べています。

「ユダヤの町」のものとみられるくさび形文字の書字板

これらの重要な文書から,アル・ヤフドゥ(「ユダヤの町」の意)という場所にユダヤ人の大きな共同体があったことも分かります。4世代にわたるユダヤ人の名前が刻まれた粘土板や,古代ヘブライ文字が記された粘土板もあります。粘土板が見つかるまで,学者たちはバビロンでのユダヤ人の暮らしについてほとんど知りませんでした。イスラエル考古学庁の役員フィリップ・ブカサボビッチ博士はこう言います。「これらの粘土板を通じて,ついに彼らと会えた。彼らの名前,住んでいた場所や年代,職業を知ることができた」。

捕囚にされたユダヤ人には,ある程度の自由が与えられた。

捕囚にされたユダヤ人は,ある程度自由に移動できました。ブカサボビッチ氏によれば,彼らは「アル・ヤフドゥのみならず,それ以外のたくさんの町に」住んでいました。ユダヤ人はさまざまな商取引を通して技術を磨き,後のエルサレム再建の際にその技術を生かしました。(ネヘミヤ 3:8,31,32)アル・ヤフドゥ文書は,強制移住の期間が終わった後もバビロンにとどまったユダヤ人がいたことも裏付けています。確かにユダヤ人は,聖書が予告していた通り,バビロンで比較的平和に暮らしていたのです。