内容へ

イスラエルの一部族の居住地を示す古代の記録

聖書によれば,イスラエル人が約束の地を征服して土地を分割した時,マナセ族のうち10の氏族が残りの氏族と別れ,ヨルダン川の西側の領地を割り当てられました。(ヨシュア 17:1-6)この記述を裏付けるどんな考古学的な証拠がありますか。

1910年,サマリアで,文字が刻まれた陶器の破片の一群が出土しました。これらの陶片(オストラカ)の中にはヘブライ語で書かれた記録もあります。それによると,首都サマリアの王宮には,ぶどう酒や化粧品の油など高価な品物が送られていました。紀元前8世紀のものと見られるオストラカが合計102個発見されましたが,解読できるのは63個だけです。それでも,63個の陶片を合わせると,日付や氏族名,さらには商品の送り主と受取人の情報も分かります。

サマリア・オストラカに出てくる全ての氏族名がマナセ族に属しているのは注目に値します。「新国際訳 考古学研究用聖書」(英語)によれば,このオストラカは「マナセの諸氏族と彼らの領地を結び付ける,聖書以外からの情報となって」います。

この文字はノアという女性について述べている。ノアはマナセの子孫だった。

サマリア・オストラカは別の点でも,聖書の記述の正確さを裏付けています。聖書筆者アモスは当時の裕福な人たちが「ぶどう酒を鉢で飲み,最上の油を体に塗る」と言いました。(アモス 6:1,6)サマリア・オストラカは,これらの品物がマナセの10氏族の領地に運ばれていたことを確かに示しています。