アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

若い尋ねる

飲酒について前もって知っておきたいこと

法律飲酒許さいる場合,聖書適度お酒飲むこと悪いことません。でも,酔っぱらうこと禁止ます。―詩編 104:15。コリント一 6:10

では,法律両親禁止いるに,お酒飲むよう圧力かけられたら,どうたらいいでしょか。

 飲酒こと考える

盛り上げるお酒欠かない思っいる友だちいるでしょう。でも,飲んどんなこと起こりそうですか。

  • 法的ペナルティー: 住むところよっ異なりますが,飲酒違法ある場合は,罰金科せられ,罪問われ,運転免許取り消されることあります。社会奉仕活動懲役科されることあります。―ローマ 13:3

  • 評判つく: お酒抑制弱めます。そのよう状況は,後悔すること言ったり行なったりやすいものです。(箴言 23:31‐33)今ソーシャルメディアあるで,自分行動よっ評判傷つき,それずっ残っしまうしれません。

  • 警戒弱まる: お酒飲むと,身体的,性的暴力被害遭いやすくなります。また,他流さやすくなり,危険違法行動しまうしれません。

  • 依存症: 研究よると,飲酒始める年齢低いほど,依存なる可能高くなります。ストレス孤独感,退屈から逃れるためお酒飲むようなり,その循環から抜け出せなくなります。

  • 死: 最近,米国は,飲酒運転原因521亡くなっます。ある5は,飲酒運転よる衝突事故毎年1500超える21未満若者死亡ました。あなた自身お酒飲んないも,飲ん運転する乗る非常危険です。

 決意する

自分どうする前もって決定おくなら,よくない飲酒よって,危険遭ったり悲惨結果なったりすること避けられます。

聖書原則: 「災い隠す明敏ある」。(箴言 22:3)十分集中必要活動するに,お酒飲む愚かことです。例えば,車運転するお酒飲むこと一切禁止いるあります。

決意: 「お酒飲むは,法律許さいる年齢なっからする。よくない状況飲まない」。

聖書原則: 「その従うゆえにその奴隷な」る。(ローマ 6:16)友だち飲んいるから,という理由自分お酒飲むたら,ほかコントロールされいることなります。退屈ストレスから逃れるためお酒飲んいるたら,問題解決する必要スキル着けることできません。

決意: 「友だち圧力負け飲んだりない」。

聖書原則: 「多量飲む者……の仲間加わっならない」。(箴言 23:20)悪い友だちいると,決意徐々弱まることあります。お酒誤用する一緒いるなら,危ない場所自分置いいることなります。

決意: 「お酒誤用する親しくしすぎない」。

こちらもご覧ください

もっと調べる

聖書はアルコールについて何と述べていますか。飲酒は罪ですか

実のところ,聖書にはぶどう酒や他のアルコール飲料の良い面が幾つか出てきます。

飲酒に対する聖書の見方

飲酒に対する平衡の取れた見方を持つのに,聖書の教えるどんな原則が役立つでしょうか。