内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

若い​人​は​尋ねる

恋人と別れたら

「彼女​と​別れ​て,完全​に​打ちのめさ​れ​た​感じ​でし​た。それ​は,僕​の​人生​の​中​で​一番​つらい​心​の​痛み​でし​た」と​スティーブン​は​言い​ます。

あなた​も​同じ​よう​な​経験​を​し​た​こと​が​あり​ます​か。そう​だ​と​し​たら​この​記事​は​きっと​役立ち​ます。

 どう​感じる​か

別れ​は​当事​者​双方​に​心痛​を​もたらし​ます。

  • あなた​が​別れ​を​切り出し​た​の​で​あれ​ば,恐らく​ジャズミン​の​言う​こと​に​うなずける​でしょ​う。「好き​だっ​た​相手​を​傷つけ​て​しまっ​た​と​いう​この​良心​の​呵責(かしゃく)は,二​度​と​経験​し​たく​あり​ませ​ん」。

  • あなた​が​別れ​を​切り出し​た​の​で​ない​場合,ある​人​たち​が​その​体験​を“小さな​死別”と​呼ん​で​いる​理由​を​きっと​理解​できる​でしょ​う。「わたし​は​悲しみ​の​いろんな​段階​を​経験​し​まし​た。否定,怒り,憂鬱​を​経て,1​年​ぐらい​かかっ​て​やっと​受け入れ​られる​よう​に​なり​まし​た」と​ジャネット​と​いう​若い​女性​は​言っ​て​い​ます。

まとめ: 別れる​と​憂鬱​に​なり,失望​感​を​味わう​もの​です。聖書​筆者​が「打ちひしが​れ​た​霊​は​骨​を​枯らす」と​書い​て​いる​とおり​です。(箴言 17:22

 どう​すれ​ば​よい​か

  • 信頼​できる​親友​に​話し​て​みる。「真​の​友​は​どんな​時​に​も​愛し​つづける​もの​で​あり,苦難​の​とき​の​ため​に​生ま​れ​た​兄弟​で​ある」と​聖書​は​述べ​て​い​ます。(箴言 17:17)自分​の​気持ち​を​親​や​信頼​できる​友だち​に​打ち明ける​なら,客観​的​な​見方​を​取り戻せる​よう​助け​て​もらえる​でしょ​う。

    「何​か月​も​孤立​し​て​い​まし​た​し,だれ​に​も​自分​の​気持ち​を​話し​ませ​ん​でし​た。でも,友だち​の​存在​は​立ち直る​助け​に​なり​ます。打ち明け​て​初めて​気持ち​が​楽​に​なり​まし​た」。ジャネット

  • 経験​から​学ぶ。次​の​よう​な​聖書​の​ことわざ​も​あり​ます。「知恵​を​得,理解​を​得よ」。(箴言 4:5)つらい​経験​は​自分​自身​の​こと​を​よく​知り,落胆​に​対処​する​方法​を​学ぶ​機会​に​なり​ます。

    「別れ​た​後,友だち​に​こう​尋ね​られ​まし​た。『付き合っ​て​何​を​学べ​た? 将来​だれ​か​と​付き合う​とき​に​その​こと​を​どう​生かせる​と​思う?』」スティーブン

  • 祈る。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「あなた​の​重荷​を​エホバ​ご自身​に​ゆだねよ。そうすれば,神​が​自ら​あなた​を​支え​て​くださる」。(詩編 55:22)祈り​は,悲しみ​を​乗り越え​て,別れ​を​違っ​た​角度​から​見る​助け​に​なり​ます。

    「いつも​祈っ​て​ください。エホバ​は​あなた​の​心​の​痛み​を​分かっ​て​くださっ​て​い​て,その​状況​を​あなた​より​も​よく​ご存じ​です」。マーシャ

  • 人​の​ため​に​何​か​を​する。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「自分​の​益​を​図っ​て​自分​の​事​だけ​に​目​を​留め​ず,人​の​益​を​図っ​て​他​の​人​の​事​に​も​目​を​留め​なさい」。(フィリピ 2:4)人​の​ため​に​尽力​すれ​ば,それ​だけ​早く​その​別れ​を​客観​的​に​とらえ​られる​よう​に​なり​ます。

    「別れる​と​世界​が​終わっ​た​よう​に​感じ​ます​し,それ​は​体​の​痛み​より​つらい​もの​です。でも,必ず​立ち直れ​ます。心​を​癒やす​ため​に​時間​を​かける​必要​が​あっ​た​ん​です」。エベリン

こちらもご覧ください

もっと調べる

「目ざめよ!」

交際が終わってしまったら

どうすれば別れた後のつらさから立ち直って前向きになれるでしょうか。

「目ざめよ!」

結婚たらどうなるだろう―パート1

結婚対し現実期待するうえで,どんな良い問題考えおくよいでしょか。

「目ざめよ!」

結婚したらどうなるだろう ― パート2

結婚生活の予想外の問題に備えるために何ができるでしょうか。