内容へ

サブ・メニューへ

エホバの証人

日本語

若い​人​は​尋ねる

外国語を学ぶメリットは?

外国​語​を​学ぶ​に​は,自己​鍛錬​と​謙遜​さ​が​必要​です。努力​する​だけ​の​価値​が​あり​ます​か。多く​の​若い​人​が「はい!」と​答える​でしょ​う。この​記事​で​は,外国​語​を​学ん​だ​若者​たち​が,どうして​そう​し​た​努力​を​払っ​た​の​か​に​注目​し​ます。

 なぜ​学ん​で​いる​の?

多く​の​人​は​学校​で​必修​だ​から​第​二​言語​を​学び​ます。でも​中​に​は​自分​から​願っ​て​そう​する​人​も​い​ます。例えば:

  • オーストラリア​の​若い​女性,アナ​は,母親​の​母語​で​ある​ラトビア​語​を​学ぶ​こと​に​し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「家族​で​ラトビア​に​旅行​する​計画​を​立て​て​いる​ん​です。向こう​で​親戚​と​コミュニケーション​が​取れ​たら​いい​な​と​思っ​て​い​ます」。

  • アメリカ​の​エホバ​の​証人​の​ジーナ​は​宣教​を​拡大​する​ため​アメリカ​手話​を​学び,ベリーズ​に​移動​し​まし​た。こう​語っ​て​い​ます。「ろう者​の​世界​は​コミュニケーション​を​取り合える​わずか​な​人​たち​だけ​で​成り立っ​て​い​ます。聖書​を​教える​ため​に​アメリカ​手話​を​学ん​だ​こと​を​伝える​と,みんな​とても​感謝​し​て​くれる​ん​です!」

知っ​て​い​まし​た​か。聖書​は,神​の​王国​に​つい​て​の​良い​たより​が「あらゆる​国民​・​部族​・​国語」の​人々​に​伝え​られる​こと​を​予告​し​て​い​まし​た。(啓示 14:6)その​預言​どおり,大勢​の​エホバ​の​証人​の​若者​が​新た​な​言語​に​チャレンジ​し,国内​外​を​問わ​ず​宣教​奉仕​を​拡大​し​て​い​ます。

 大変​だっ​た​こと​は?

新た​な​言語​を​学ぶ​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん。10​代​の​コリーナ​は​こう​言っ​て​い​ます。「ただ​新た​な​単語​を​学べ​ば​いい​と​思っ​て​い​まし​た。でも,新た​な​文化​と​考え方​を​学ぶ​こと​で​も​ある​と​気づき​まし​た。間違い​なく​時間​が​かかる​ん​です」。

謙遜​さ​も​必要​です。スペイン​語​を​学ん​だ​若者,ジェームズ​は​こう​言っ​て​い​ます。「自分​の​こと​を​笑える​と​いい​です​ね。たくさん​間違う​から​です。それ​が​言語​を​学ぶ​過程​な​ん​です」。

まとめ: スランプ​や​恥ずかしく​なる​よう​な​間違い​と​も​うまく​付き合える​なら,新しい​言語​の​習得​に​大きく​近づく​こと​に​なる​でしょ​う。

ヒント: ほか​の​人​の​ほう​が​どんどん​進歩​し​て​いる​よう​に​感じ​て​も​がっかり​し​ない​で​ください。聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「各人​は​自分​の​業​が​どんな​もの​か​を​吟味​す​べき​です。そうすれば,他​の​人​と​比べ​て​で​は​なく,ただ​自分​自身​に​関し​て​歓喜​する​理由​を​持つ​こと​に​なる​でしょ​う」。―ガラテア 6:4

 努力​は​報わ​れ​た?

新た​な​言語​を​学ぶ​こと​に​は​たくさん​の​メリット​が​あり​ます。例えば,10​代​の​オリビア​は​こう​述べ​て​い​ます。「新た​な​言語​を​学ぶ​と​世界​が​広がる​し,新しい​友だち​が​でき​ます」。

メアリー​と​いう​10​代​の​女​の​子​は,新しい​言語​を​学ぶ​こと​で​自信​が​持てる​よう​に​なり​まし​た。こう​言っ​て​い​ます。「わたし​は​何​を​する​に​し​て​も​自信​が​持て​ませ​ん​でし​た。でも​言語​を​学ぶ​よう​に​なっ​て​から,新しい​単語​を​使える​よう​に​なる​たび​に​ワクワク​し​て​い​ます。この​気持ち​の​おかげ​で​自分​自身​に​対し​て​いい​見方​が​できる​よう​に​なっ​て​い​ます」。

先​ほど​の​ジーナ​は,手話​で​聖書​に​つい​て​人々​に​教える​こと​に​よっ​て​宣教​で​の​喜び​が​大きく​なっ​て​いる​と​感じ​て​い​ます。こう​述べ​て​い​ます。「わたし​が​手話​で​コミュニケーション​を​取り​始める​と,人々​の​顔​が​ぱっと​明るく​なる​の​が​分かり​ます。努力​が​報わ​れ​た​と​感じ​ます!」

まとめ: 新た​な​言語​を​学ぶ​こと​は,新しい​友だち​を​作っ​たり,自信​を​付け​たり,宣教​奉仕​を​さらに​充実​さ​せ​たり​する​の​に​役立つ​でしょ​う。それ​は「すべて​の​国民​と​部族​と​民​と​国語」に​良い​たより​を​届ける​ため​の​欠か​せ​ない​手段​な​の​です。―啓示 7:9

こちらもご覧ください