アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

若い尋ねる

創造? それとも進化? ― パート1: 神を信じる理由

 創造? それ進化?

あなたは,神すべてもの創造信じますか。そう信じいるは,あなただけありません。大勢若いも(大人も)同じこと信じます。でも,生物宇宙は“神”の助けなし進化だ,というたちます。

知っましか? どちら意見持つも,自分信じいるすぐ主張できも,なぜ信じいるよく分かっない場合少なくありません。

  • あるたちは,教会教えられからいうだけで,創造信じます。

  • 多くは,学校教えられからいうだけで,進化信じます。

このシリーズ読めば,創造関する確信深め,他自分信条上手説明できるようなります。まず,次基本質問つい考えましょう。

 自分なぜ信じいるだろ

こう考える大切なぜでしょか。聖書わたしたちに,「理性」的考えるよう勧めいるからです。(ローマ 12:1)ですから,神信じいるも,以下理由だけ十分です。

  • 感情(何となく,人間より次元存在いるはず思う)

  • 影響(周り信じいる)

  • 圧力(親信じるよう育てられた,など)

存在自分確信,その確信裏付ける根拠知っなけれならないです。

あなた存在確信いるなぜですか。「自分なぜ信じいるだろ」というワークシート使って,その確信強めましょう。また,他若いたちこの質問対し答えいる読んください。きっと参考なるでしょう。

「授業先生人体働きつい説明いる聞いいると,神絶対いるだ,と思います。体どんな小さな部分それぞれ働きあり,自分意識なくちゃんと機能ます。人間すごいです!」―テレーザ。

「超高層ビルか,大型客船か,車見ると,『だれ造っだろう』と考えます。車製造優れ知能持つたち必要です。たくさん細かい部品正常機能ないと,車走らせることできないからです。車設計必要あれば,人間設計必要当然です」。―リチャード。

「人間特に賢いたち何百かかっ宇宙ほんの一部ようやく理解できこと考えると,その宇宙知能働きなし存在するようなっいう全く道理合いません」。―カレン。

「科学学べ学ぶほど,『進化信ぴょうない』と思えます。例えば,自然数学正確人間特異あります。人間は,自分だれで,どこからて,どこ向かっいる知りたいいう欲求あります。進化は,こう事柄すべて動物結び付け説明ようます。でも,なぜ人間特異存在説明することできません。わたしとって,進化信じる創造存在信じる以上の“信仰”が必要です」。―アンソニー。

 自分信条説明する

クラスメートから,見えないもの信じいることついばかされなら,どうますか。進化科学よって“証明”されいる言わなら,どうますか。

まず,自信持っください。おびえたり,恥ずかしがったりなりません。ローマ 1:16)そして,次こと覚えおきましょう。

  1. 信じいるは,あなただけありません。大勢信じます。そのは,非常聡明専門家,さらに科学ます。

  2. 信じない言うは,本当こと理解ないしれません。そのため,自分意見根拠言うなく,「神いるなら,なぜ苦しみ許しいるか」といっ質問ます。いわば,知性なく,感情問題とらえいるです。

  3. 本来,「霊的必要」があります。マタイ 5:3)その必要信じること含まます。ですから,だれが「神などない」と言う場合,自分主張根拠説明する責任は,あなたなく,そのあります。―ローマ 1:18‐20

  4. 信じることは,全く道理かなっます。生物ひとりでに存在するようなることない,という証明事実一致ます。生物無生物から自然発生すること裏付ける証拠ありません。

では,だれよう言わなら,何答えられるでしょか。

こう言われるしれません: 「教育受けないだけ信じるよ」。

こう答えられるしれません: 「それ固定観念じゃない? わたしそう思わない。名門大学科学教授1,600以上対象調査は,31無神不可知ない答えだって。 *信じいるからいって,そういうたちこと悪い考えるな?」

こう言われるしれません: 「神いるだったら,世界これほどたくさん苦しみあるどうして?」

こう答えられるしれません: 「それって,行動仕方理解できないっていうことね? だって,今行動ないよう思えるね。そうじゃない? [答え置く] 実は,なぜこれほどたくさん苦しみあるいう疑問ついて,納得ゆく答え見つけだ。そのため聖書幾つ教えつい調べる必要あるけど,よかったら一緒考えない?」

このシリーズ記事は,進化人間存在つい満足ゆく説明ない理由取り上げます。

^ 32節 資料: Social Science Research Council, "Religion and Spirituality Among University Scientists," by Elaine Howard Ecklund, February 5, 2007.

こちらもご覧ください