内容へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

貧血 原因と症状と対処法

「10代の時に貧血になりました。体がだるくて疲れやすく,骨が痛みましたし,物事に集中できませんでした。医師に鉄剤を処方してもらって,食生活を改めると,調子が良くなっていきました」。ベスという女性はこう述べています。

ベスのような症状は珍しくありません。世界保健機関(WHO)によれば,世界人口の約30パーセントにあたる20億人が貧血症です。発展途上国では,妊婦の2人に1人,就学前の子どもの約40パーセントが貧血症です。

貧血は深刻な結果を招くことがあります。ひどいときには心臓の病気につながり,心不全を引き起こすこともあります。ある国々では,貧血が「妊産婦死亡原因の20パーセントを占めている」と世界保健機関は述べています。母親が最も一般的な貧血である鉄欠乏性貧血の場合,早産児や低出生体重児が生まれるリスクが高まります。貧血の子どもは発育が遅く,感染症にかかりやすい傾向にあります。しかし,鉄欠乏性貧血は大抵,予防や治療が可能です。 *

貧血とは

貧血は疾患の一つで,簡単に言えば,正常な赤血球が不足していることです。その原因は様々で,貧血の種類は400以上もあり,症状には一過性のものや慢性的なもの,軽症のものや重症のものがあります。

貧血の原因

代表的な原因は次の3つです。

  • 失血により体内の赤血球の数が減少する

  • 体が十分な数の正常な赤血球を生成できない

  • 体が赤血球を破壊する

鉄欠乏性貧血は世界で最も広く見られる貧血です。体内の鉄分が不足すると,十分な数の正常なヘモグロビンを生成できません。ヘモグロビンは赤血球内にあり,酸素を運搬します。

鉄欠乏性貧血の症状

貧血の初期症状は軽く,気づかないこともあります。貧血の症状は様々ですが,鉄欠乏性貧血の症状には次のものがあります。

  • 極度の疲労感

  • 手足の冷え

  • 脱力感

  • 肌が青白くなる

  • 頭痛とめまい

  • 胸の痛み,どうき,息切れ

  • 爪がもろくなる

  • 食欲不振(主に乳児や子ども)

  • 氷,でんぷん,土を無性に食べたくなる

貧血にかかりやすい人

女性。生理中の失血が原因で,鉄欠乏性貧血にかかりやすい。妊娠中に葉酸や他のビタミンBをしっかり取らないと,貧血のリスクが高まる。

乳児。早産や低体重の乳児で,母乳や粉ミルクから鉄分を摂取していない場合。

子ども。栄養バランスの悪い食事をしている場合。

菜食主義の人。鉄分の少ない食事をしている場合。

慢性疾患の人。血液疾患やがん,腎不全や出血性潰瘍を患っていたり,ある種の感染症にかかったりしている場合。

貧血の対処法

あらゆる貧血の予防や治療ができるわけではありませんが,貧血の原因が鉄分やビタミンの不足であれば,健康に良い食事をすることで大抵は予防や治療ができます。次の栄養素を含めることができます。

鉄分。肉,豆,レンズマメ,葉物野菜の中に含まれています。 * また,ある調査によれば,鉄製の鍋やフライパンを使って調理すると,食事に含まれる鉄分が増えるとのことです。

葉酸塩。果物,葉物野菜,グリーンピース,インゲンマメ,チーズ,卵,魚,アーモンド,ピーナッツに含まれています。パン,シリアル,パスタ,米など,ビタミン豊富な穀物類の中にもあります。葉酸塩の中でも,合成されたものが葉酸です。

ビタミンB12。肉,乳製品,栄養強化シリアル,大豆製品に含まれています。

ビタミンC。かんきつ系の果物やジュース,ピーマン,ブロッコリー,トマト,メロン,いちごに含まれています。ビタミンCは鉄分の吸収率を上げます。

食べ物は土地によって異なります。必要な栄養素を含んだ食べ物を探しましょう。これは,妊娠中の,または妊娠予定のある女性にとって特に重要です。自分の健康を管理することで,赤ちゃんが貧血になるリスクを減らすことができます。 *

^ 4節 この記事に載せられている食品などの主な情報源は,メイヨー・クリニックと「ゲール看護保健学百科事典」(英語)です。貧血の疑いがある場合は,医療の専門家に相談してください。

^ 32節 自分や子どもが鉄剤を服用する場合,まず医師に相談してください。鉄分の取りすぎは肝臓を傷つけ,他の疾患を引き起こすことがあります。

^ 36節 医師は貧血を治療するために輸血をする場合があります。しかし,エホバの証人はそのような治療を受け入れません。(使徒15:28,29