内容へ

男性が抱える不安 聖書が教える対処法

不安な気持ち *になると,怖くなって何もできなくなる人や朝起きられなくなる人,不安な気持ちをいつまでも話し続ける人がいます。

でも,そのような反応をする人たちだけではありません。研究によると,特に男性は違った反応をする傾向があります。ある報告にはこうあります。男性は「不安を解消しようとして,お酒を飲み,ドラッグを使うことが多い。これは飲酒の問題に思えるかもしれないが,実際には極度の不安が原因かもしれない。不安を抱える男性は怒りやいら立ちを表すことも多い」。

もちろん,男性の誰もが同じような反応を示すわけではありません。人によって反応はさまざまですが,今の「困難で危機的な時」に不安を抱える人がますます増えています。(テモテ第二 3:1)あなたも不安を抱えていますか。聖書にはどんな対処法が書かれているでしょうか。

聖書が教える不安への対処法

聖書には不安になった時に役立つアドバイスがたくさん書かれています。3つ取り上げましょう。

  1. 1. 「次の日のことを決して心配してはなりません。次の日は次の日で心配する事があります。その日の問題は,その日だけで十分です」。(マタイ 6:34

    説明 将来起きるかもしれないことを心配し過ぎないようにします。心配していたことが実際には起きないこともよくあります。思っていたより状況が良くなることさえあります。

    実践する 心配していたことが実際には起きなかった,ということがありませんでしたか。その時のことを思い返してみましょう。そして,今自分が抱えている不安を分析しましょう。その不安が現実のものになる可能性がどれほどあるか冷静に考えます。

  2. 2. 「鉄が鉄を研ぐように,人は友を研ぐ」。(格言 27:17

    説明 自分の気持ちを話すのは気が進まないかもしれませんが,打ち明けることで周りの人が助けになってくれます。自分の経験に基づくアドバイスをしてくれるかもしれません。アドバイスがぴったりではないと思えても,自分の状況を客観的に見る助けにはなるでしょう。

    実践する 良いアドバイスをしてくれそうな人がいますか。自分と似たような問題を経験した友達がいるかもしれません。不安に対処するのにやってみてよかったことや避けた方がよいことを聞いてみましょう。

  3. 3. 「心配事[または「不安,悩み」,脚注]を全て神に委ねましょう。神は優しく気遣ってくださるからです」。(ペテロ第一 5:7

    説明 神はつらい思いをしている人たちのことを深く気に掛けています。気になることは何でも祈ってほしいと思っています。

    実践する 不安の原因になっているものを書き出してみましょう。その一つ一つについて神に祈り,状況を伝えてください。対処するための助けをお願いしましょう。

不安が全てなくなる時

聖書は不安の対処法を教えているだけではありません。もうすぐ私たちが抱える不安が完全になくなる時が来ると約束しています。それはどのように実現するのでしょうか。

神の王国が不安の原因を全てなくします。(啓示 21:4)神の王国が治める時,過去の不安やストレスを引きずって苦しむことさえなくなります。(イザヤ 65:17

これが「平和を与える神」が私たちに与えている素晴らしい将来です。(ローマ 16:20)神はこう保証しています。「私は,あなたたちのために自分が行おうとしていることをよく知っている。あなたたちに災いではなく平和をもたらし,良い将来と希望を与えたいと思っている」。(エレミヤ 29:11

^ 1節 この記事で言う「不安」とは,重度の精神疾患のことではなく,沈んだ気持ちになるほどの大きな心配事やストレスのことです。精神疾患がある場合,専門家に相談するとよいかもしれません。(ルカ 5:31