内容へ

コロナ疲れ どうしたらいい?

コロナの影響が長引いていて疲れを感じていますか。そう感じている人はたくさんいます。コロナ禍で世界中の人たちの生活スタイルが大きく変わりました。世界保健機関のハンス・クルーゲ欧州地域事務局長はこう述べています。「人々はコロナの感染拡大を抑えるために多大の犠牲を払っている。……そうした状況では疲れを感じ,無気力になるのも無理はない」。

コロナ疲れになっていてもがっかりしないでください。こういう大変な時期にも聖書の言葉は役立ちます。きっとあなたにも良いヒントが見つかるはずです。

 コロナ疲れとは

コロナ疲れとは病気のことではありません。コロナ感染が長引いて先行きが見えないために陥りやすい状態を指しています。人によってその表れ方は違いますが,以下のような特徴が見られます。

  • やる気が出ない

  • 食事や睡眠の習慣が変わる

  • いらいらしやすい

  • 以前はできていたことがおっくうになる

  • 集中力が落ちる

  • 悲観的になる

 コロナ疲れ 放っておくと危険なのはなぜか

コロナ疲れをそのままにしておくと,自分にも他の人にも危険が及びます。感染症対策を守ろうという意欲がなくなっていくかもしれません。感染が広がって大勢の人が亡くなっているのに,警戒心が薄れることもあります。規制の多い生活が嫌になり,制限を無視して自分や他の人を危険にさらす行動を取るかもしれません。

聖書には「苦難の時に落胆するなら,力が失われる」とあります。(格言 24:10)このストレスの多い時期に,多くの人がそのことを経験してきました。聖書にはパンデミックなど気が重くなるような状況に対処するのに役立つ言葉があります。

 聖書の知恵はコロナ疲れ対策に役立つ

  • 人との距離は保っても心の距離は置かない。

    聖書の言葉 「真の友は……苦難の時に頼れる」。(格言 17:17

    ポイント 良い友達と一緒にいると元気が出ます。(テサロニケ第一 5:11)逆に独りでいる時間が長引くと,健康に良くありません。(格言 18:1

    やってみましょう ビデオ通話,電話,メールやメッセージなどで,友達とのつながりを保ってください。気持ちが晴れない日には友達と話すようにしましょう。定期的に連絡を取って,友達がどうしているか知るようにしてください。コロナ対策に役立つアイデアを交換しましょう。友達のために何かをしてあげれば,お互い心が晴れやかになります。

  • 今の状況でできることをする。

    聖書の言葉 「時間を有効に使ってください」。(エフェソス 5:16

    ポイント 時間を上手に使えば,前向きになり,心配し過ぎなくて済みます。(ルカ 12:25

    やってみましょう できなくなったことではなく,今だからこそできることを考えましょう。例えば,趣味など何か新しいことにチャレンジできますか。家族ともっと一緒に過ごせるでしょうか。

  • 毎日のルーティンを守る。

    聖書の言葉 「全てのことを……取り決めに沿って行いましょう」。(コリント第一 14:40

    ポイント 毎日のルーティンを保つと,充実感や安心感が生まれます。

    やってみましょう 今の状況に合ったスケジュールを立てましょう。学校の勉強,仕事,家事をするための時間を取り分けます。聖書を読むなど,心を豊かにするための時間もつくれます。家族と過ごしたり,外の空気に触れたり,運動したりして,リフレッシュできる時間も取りましょう。時々スケジュールを見直して,必要であれば調整します。

  • 季節の変化に合わせる。

    聖書の言葉 「聡明な人は危険に気付いて身を隠す」。(格言 22:3

    ポイント 住んでいる場所にもよりますが,季節が変わると外に出る機会が減ってしまうかもしれません。新鮮な空気を吸ったり日光を浴びたりすることは,心と体の健康に欠かせません。

    やってみましょう 冬が近づいてきたら,リビングや仕事場にできるだけ日が入るように工夫しましょう。寒い時期も外で体を動かすようにします。外で快適に過ごせるように防寒着を用意することもできます。

    夏が近づくと,外出する人が増えてくるので注意が必要です。人混みを避けるために,行き先や時間帯をよく選びましょう。

  • 気を緩めずに感染予防を続ける。

    聖書の言葉 「愚かな人は無謀で,自信過剰である」。(格言 14:16

    ポイント 新型コロナに感染すると命に関わります。気を緩めないことが大切です。

    やってみましょう 政府や自治体の感染予防ガイドラインを定期的にチェックし,警戒心を弱めないようにしましょう。自分の行動が,自分だけでなく家族や周りの人にどんな影響を与えるかを考えてください。

  • 神様について知る。

    聖書の言葉 「神に近づいてください。そうすれば,神は近づいてくださいます」。(ヤコブ 4:8

    ポイント 神様はどんな問題にも対処できるように助けてくれます。(イザヤ 41:13

    やってみましょう 毎日,聖書を少しずつ読みましょう。この聖書通読計画表を使って早速読んでみるのはどうですか。

エホバの証人はコロナ禍でも,ビデオ会議システムを使ってみんなで聖書を学んでいます。会衆の集会,イエスの死の記念式,大会が世界各地で開かれています。あなたもどうすれば出席できるかエホバの証人に尋ねてみるのはいかがですか。

 コロナ疲れの時に読みたい聖書の言葉

イザヤ 30:15 「平静を保ち,信頼するなら,力を得る」。

意味 聖書のアドバイスを実践すれば,大変な時でも穏やかな気持ちでいられる。

格言 15:15 「苦しむ人にはどの日も悪い日で,陽気な心の人には毎日が宴会である」。

意味 生活の良い面に目を向けるなら,大変な時にも前向きでいられる。

格言 14:15 「世間知らずの人は全ての言葉を信じ,聡明な人は1歩ごとにじっくり考える」。

意味 感染予防策に従う。そういう制限は必要ないと決め付けたりしない。

イザヤ 33:24 「『私は病気だ』と言う住民はいなくなる」。

意味 神様は全ての病気をなくすと約束している。