アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

情報保護に関する方針

情報保護に関する方針

エホバ証人組織は,聖書記さいる原則基づい個人プライバシー権利尊重ます。この組織は,エホバ証人必要応え,その宗教また慈善活動遂行するためは,包み隠しせ率直意思通わせ,個人情報センシティブ情報集める必要あること認識ますが,それ対応て,内密守り,情報ふさわしく保護れるよう見届ける必要あること認識ます。(箴言 15:22,25:9)内密保つこと高く評価ます。―箴言 20:19

様々は,個人プライバシー守るため情報保護制定ました。このよう情報保護制定以前さえ,エホバ証人組織長年わたっプライバシー尊重し,内密守っ歴史あります。エホバ証人組織引き続き,長年慣行今やこの方針記さ事柄調和て,組織開示情報保護続けます。

適用範囲

この方針世界所在する支部事務よっ代表れる,エホバ証人組織全体適用ます。

情報保護

エホバ証人組織すべて個人情報原則調和扱います。

  1. 個人情報公正かつ合法仕方処理ます。

  2. 個人情報は,エホバ証人宗教また慈善目的遂行するため必要程度限っ収集され,処理れ,使用ます。

  3. 個人情報正確あり,最新情報保たます。どんな過誤組織気付いなら,できるだけ早く訂正ます。

  4. 個人情報は,組織持つ正当目的とっ必要期間のみ保持ます。

  5. 情報対象権利尊重するため,十分配慮なさます。

  6. 個人情報不正あるいは違法流出避けるため,適切技術また組織方策講じられます。コンピューター保持れる個人情報すべては,パスワード保持する正当ユーザーのみ使用できる,パスワードよっ保護コンピューター置かます。事務は,就業時間終了施錠れるともに,正当スタッフのみ入室できます。

  7. 個人情報は,エホバ証人組織宗教あるいは慈善目的果たすため必要ない限り,支部移転れることありません。その目的対し,すべてエホバ証人は,エホバ証人となりその数えられたいいう自由かつ自発決定よっ賛同表明ます。

情報対象権利

  1. 情報対象持つ,個人情報センシティブ情報保護対する権利,および個人情報センシティブ個人情報訂正削除対する権利は,この方針示さいるエホバ証人慣行沿っ授与ます。

  2. このセクション基づく要請行なうも,本人あること十分証拠提示なけれなりません。

  3. もし情報対象が,当人個人情報またはセンシティブ個人情報参照,訂正あるいは削除要請する場合,当該情報参照,訂正あるいは削除することよりられる当人利益と,要請応えることより組織信教自由実践危険さらされるどう含む,組織正当宗教利益比較衡量て,組織要請応じるどう公正考慮ます。

  4. 組織は,エホバ証人一員個人立場関する情報永久保持する利益有します。そのよう情報削除することこの組織宗教信条実践不当侵害することなります。

異議申し立てる権利

もしある個人自分権利侵害信じる場合,当人書面個人手紙より支部委員異議申し立てることできます。この手紙は,申し立て根拠なっ行為起きから2以内提出なけれなりません。