内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

生活と奉仕の集会ワークブック  |  2017年12月

 クリスチャン​と​し​て​生活​する

宣教の技術を向上させる 区域にいるすべての人に会う

宣教の技術を向上させる 区域にいるすべての人に会う

なぜ​大切​か: ゼカリヤ​は,諸国​の​あらゆる​言語​から​来​た​人々​が​良い​知らせ​に​対し​て​望ましい​反応​を​する​こと​を​預言​し​まし​た。(ゼカ 8:23)では,だれ​が​彼ら​を​教える​の​でしょ​う​か。(ロマ 10:13‐15)わたしたち​が,区域​に​いる​すべて​の​人​に​良い​知らせ​を​伝える​特権​と​責任​を​持っ​て​い​ます。(行 84​ページ​10‐11​節

どの​よう​に​行なう​か:

  • 準備​する。ほか​の​言語​を​話す​人​たち​に​出会う​こと​が​ある​なら,JW Language<ランゲージ>アプリ​を​使っ​て​簡単​な​証言​方法​を​学べる。また,奉仕​者​自身​の​モバイル​機器​を​使い,相手​の​言語​で​jw.org​から​情報​を​探す​方法​を​教える​こと​も​できる。

  • 目ざとく​ある。家​から​家​の​奉仕​を​し​て​いる​時,通りかかる​人​や​車中​で​待っ​て​いる​人​に​証言​する​機会​を​見逃さ​ない​よう​に​する。公​の​証言​に​携わっ​て​いる​時,証言​を​する​と​いう​目的​を​常​に​意識​する。

  • 勤勉​で​ある。最初​の​訪問​で​留守​宅​だっ​た​と​し​て​も,会う​ため​の​努力​を​続ける。訪問​する​時間​帯​や​曜日​を​変え​て​み​て,すべて​の​家​で​人​に​会う​努力​を​払う。手紙​や​電話,また​街路​証言​で​なけれ​ば​伝え​られ​ない​場合​も​ある​か​も​しれ​ない。

  • 自分​の​分​を​果たす。相手​が​関心​を​示し​た​なら,すぐ​に​再​訪問​する。ほか​の​言語​を​話す​人​なら,その​言語​で​援助​できる​資格​ある​奉仕​者​を​探す。関心​を​示し​た​人​が​その​言語​を​話せる​奉仕​者​から​連絡​を​受ける​まで,引き続き​その​人​を​訪問​する。(行 94​ページ​39‐40​節

『地​の​最も​遠い​ところ』で​宣べ伝える」の​動画​を​見​て,次​の​質問​を​考慮​し​ましょ​う。

  • 僻地​に​住む​人々​に​会う​ため​に,兄弟​姉妹​たち​は​どんな​準備​を​し​まし​た​か。(コリ​一 9:22,23

  • どんな​障害​を​克服​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た​か。

  • どんな​祝福​を​経験​し​まし​た​か。

  • あなた​の​区域​内​で​もっと​多く​の​人​に​会う​ため​に,どんな​努力​を​払え​ます​か。