アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

クリスチャンとしての生活と奉仕 集会ワークブック 2016年9月

 クリスチャン    生活 する

研究司会の際に避けたいこと

研究司会の際に避けたいこと
表示
画像
テキスト

話し 過ぎる: すべて  自分  説明  よう  思わ ない  ください。イエス  質問  使う こと  より,人々  考え,正しい 結論  達する よう  助け まし た。(マタ 17:24‐27)質問  すれ ば,研究  生き生き    もの  なり,研究     理解 し,何  信じ  いる   見極め られ ます。(校 253 ページ 3‐4 )質問   なら,辛抱強く 答え  待ち ましょ う。研究   間違え  も,正しい 答え  言う    なく,さらに 質問  用い  正しい 結論  至る よう 導き ます。(校 237 ページ 5 節–238 ページ 1 )研究   新しい 考え  把握 できる ぐらい  速さ    ましょ う。―校 230 ページ 4 節。

複雑  する: 自分  知っ  いる こと  すべて   たい  いう 誘惑  負け   なり ませ ん。(ヨハ 16:12)節  要点    絞り ましょ う。(校 226 ページ 4 節–227 ページ 1 )たとえ 興味深い こと  も,詳しく 話す  要点  ぼけ  しまう こと  あり ます。(校 235 ページ 3 )研究   要点  理解   なら,次    進み ましょ う。

資料  単に 網羅 する: 研究  目的    達する こと  あっ て,資料  網羅 する こと   あり ませ ん。(ルカ 24:32)学ん  いる 箇所  かぎ  なる 聖句  注目  て,神  言葉    活用  ましょ う。(コリ 二 10:4。ヘブ 4:12校 144 ページ 1‐3 )簡単  たとえ  使っ  ください。(校 245 ページ 2‐4 )研究   持つ 個人   問題  信条  配慮 し,その   必要  合っ  方法  司会  ましょ う。次  よう  尋ねる こと  でき ます。「今 学ん  いる こと  どう 思い ます か」,「この こと から エホバ  つい  どんな こと  分かり ます か」,「学ん  アドバイス  当てはめる と,どんな   ある  思い ます か」。―校 238 ページ 2‐4 節,259 ページ 1 節。