アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2015年11月

 特集 記事 | 神  戦争  どう   いる 

戦争に対する神の見方 古代において

戦争に対する神の見方 古代において

ずっ  虐げ られ    その  は,神     救出  祈り 求め ます が,何  答え  あり ませ ん。少なく   しばらく    そう でし た。その    古代     イスラエル で,彼ら  虐げ      強国 エジプト でし た。(出エジプト 記 1:13,14)イスラエル   長年,神  エジプト  圧制  終わらせる   待ち望ん   まし た。そして ついに,神  行動  れる    ます。(出エジプト 記 3:7‐10)聖書  よる と,神 自ら エジプト   戦わ  まし た。エジプト  一連  壊滅   災厄  臨ま せ,王  その 軍勢  紅海  滅ぼし ます。(詩編 136:15)エホバ  は,ご自分    ため に「雄々しい 戦人」と   行動   まし た。―出エジプト 記 15:3,4

 自ら エジプト   戦わ   こと から する と,神  すべて  戦争  反対   いる わけ   あり ませ ん。戦争  する 権限  ご自分   イスラエル  与え  こと  あり ます。例えば,神  イスラエル   対し て,甚だしい まで  邪悪 だっ  カナン    戦い  命じ まし た。(申命記 9:5; 20:17,18)また,イスラエル   ダビデ に,圧制   フィリスティア   戦う よう 指示 し,必勝 戦術  授ける こと さえ    ます。―サムエル  二 5:17‐25

聖書  こう   記述 から 分かる とおり,神 は,ある     圧制  イスラエル 国民  脅かす 場合 に,民  保護    崇拝  存続  目的    戦い  よし  され まし た。と  いえ,神  命じ  戦い  つい  は,見過ごし   なら ない 3   重要    あり ます。

  1. だれ  戦う     決定  た。  イスラエル  に,「あなた方 は……戦う   およば ない」と 告げ  こと  あり ます。なぜ でしょ  か。イスラエル 国民  ため   自ら  戦わ れる から です。(歴代  二 20:17; 32:7,8)ほか   その よう  事例  多く あり,記事  冒頭  述べ  出来事  その 一例 です。神  また,古代 イスラエル  ご自分   に,約束    征服  防衛 する ため  戦う よう 命じ  こと  あり ます。―申命記 7:1,2。ヨシュア 10:40

  2. いつ 戦う     決定  た。   たち は,神  ご予定   まで,周囲  圧制   邪悪  人々  戦う   辛抱強く 待つ 必要  あり,その  まで  戦っ   なり ませ  でし た。待た   行動   場合,神  恵み   失い まし た。聖書 は,イスラエル    から 権限  与え られ   ない 戦争  あえて 行なっ    は,たいてい 悲惨  結果  なっ  こと  示し   ます。 *

  3.   カナン   対する 戦い  行なっ  が,ラハブ  その 家族 など,一部  人々    救わ  

          喜ば  ない。邪悪      例外   ない。エホバ      で,人間  造ら    です。(詩編 36:9)ですから,神    死ぬ    たい  思っ   おら  ませ ん。しかし 残念  こと に,他    虐げる こと  殺す こと さえ 画策 する 邪悪  人々   ます。(詩編 37:12,14)神  過去 に,そう     やめ させる ため,イスラエル  邪悪  人々  戦う 権限  与える こと  あり まし た。しかし  は,イスラエル  虐げる 人々  対し,いつ  も,「怒る こと  遅く」「憐れみ」深い こと  示し まし た。(詩編 86:15)例えば,都市  攻める  に「和平  条件   告げ」る よう   イスラエル   お命じ  なり まし た。都市  住民 に,行ない  改めて 戦い  回避 する 機会  与える ため です。(申命記 20:10‐13)神 は,「邪悪       なく,邪悪    その  から 立ち返っ て,実際  生き つづける こと  喜ぶ」の です。―エゼキエル 33:11,14‐16 *

これ まで 取り上げ    事柄 から 分かる とおり,神  古代  おい て,戦い を,様々  虐げ    終わらせる 正当  手段  みなし  おら  まし た。そして,いつ 戦う  だれ  戦う   決め   は,人間   なく  でし た。それにしても,神  残虐  戦い  積極   行なっ   でしょ  か。その よう  こと  あり ませ ん。神  暴虐  憎ま れる から です。(詩編 11:5)では,戦争  対する   見方 は,イエス  キリスト  宣教  開始   1 世紀  変わっ   でしょ  か。

^ 7節  よう    あり ます。アマレク   カナン    戦い  関し て,イスラエル  は,戦っ   なら ない   から 命じ られ      それ  無視   ため,敗北  喫し まし た。(民数記 14:41‐45)また 何百   後,忠実  ヨシヤ     認め   ない 戦い  臨み,この 軽率  行動  よっ    失い まし た。―歴代  二 35:20‐24

^ 8節 イスラエル   カナン    和平  条件  告げ ませ  でし た。なぜ でしょ  か。カナン  は,その 邪悪  歩み  正す ため  400   期間  与え られ    から です。イスラエル   攻め    時,その 邪悪  は,集団    矯正 不能  まで  なっ   まし た。(創世記 15:13‐16)その ため,カナン   完全  滅ぼし尽くさ  まし た。しかし,行ない  改め  個々      救わ  まし た。―ヨシュア 6:25; 9:3‐27

もっと調べる

イスラエルの民はカナンに入る

イスラエル人がカナンに入った時,エホバがエリコに住むラハブとその家族の命を助けたのはなぜですか。

ラハブは「業によって義と宣せられた」

ラハブに関する物語を読むと,エホバにとって無意味な人はだれもいない,ということが分かります。どのようにでしょうか。ラハブの信仰からどんなことを学べるでしょうか。