内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 特集​記事 | 神​は​戦争​を​どう​見​て​いる​か

戦争に対する神の見方 今日において

戦争に対する神の見方 今日において

今日,人々​は​虐げ​られ​て​い​ます。多く​の​人​は​神​に​何​度​も​助け​を​叫び求め​ます​が,その​日​が​本当​に​来る​の​か​疑問​に​思っ​て​い​ます。神​は​人々​の​叫び​を​聞い​て​おら​れる​の​でしょ​う​か。武力​に​訴え​て​虐げ​を​終わらせ​よう​と​する​人々​に​つい​て​は​どう​です​か。神​は,そう​し​た​戦い​を​正当​な​もの​と​みなし​て​支援​さ​れる​の​でしょ​う​か。

ハルマゲドン​は,すべて​の​戦争​を​終わらせる​戦争​と​なる

まず,次​の​事実​から​慰め​を​得​られ​ます。神​は​世界​に​見​られる​苦しみ​を​ご存じ​で​あり,ある​こと​を​行なう​つもり​で​おら​れ​ます。(詩編 72:13,14)聖書​の​中​で​約束​し​て​いる​とおり,「患難​を​忍ぶ[人々​に]安らぎ」を​お与え​に​なり​ます。それ​は​いつ​でしょ​う​か。「主​イエス[は]その​強力​な​み使い​たち​を​伴い,……天​から​表わし示さ​れる​時,……神​を​知ら​ない​者​と,わたしたち​の​主​イエス​に​つい​て​の​良い​たより​に​従わ​ない​者​に​報復​を​する」と​聖書​は​述べ​て​い​ます。(テサロニケ​第​二 1:7,8)イエス​が​表わし示さ​れる​の​は​将来​の​こと​で,聖書​で「全能​者​なる​神​の​大いなる​日​の​戦争」と​呼ば​れ​て​いる,ハルマゲドン​の​時​です。―啓示 16:14,16

神​は​将来​の​その​戦争​で,人間​で​は​なく,天​に​いる​イエス​・​キリスト​と​他​の​強力​な​霊者​たち​を​用い​て,邪悪​な​人々​に​対し​て​戦い​ます。天​の​その​軍勢​が​すべて​の​虐げ​に​終わり​を​もたらし​ます。―イザヤ 11:4。啓示 19:11‐16

戦争​に​対する​神​の​見方​は,今日​に​至る​まで​変わっ​て​い​ませ​ん。神​は​今​も​戦争​を,虐げ​や​悪​を​終わらせる​正当​な​手段​と​みなし​て​い​ます。そして,いつ​戦う​か​だれ​が​戦う​か​を​正当​に​決定​できる​の​は,歴史​を​通じ​て​そう​で​あっ​た​よう​に,神​だけ​です。これ​まで​学ん​で​き​た​よう​に,神​は,虐げ​られ​た​人々​の​ため​に​報復​を​する,また​悪​を​終わらせる​戦争​ を,将来​イエス​・​キリスト​に​行なわ​せる​こと​を​すでに​決め​て​おら​れ​ます。ですから,今日​地球​上​で​行なわ​れ​て​いる​戦争​は,崇高​な​目的​が​ある​と​思える​もの​で​あっ​て​も,神​の​是認​を​受け​て​い​ない​の​です。

例え​で​考え​て​み​ましょ​う。兄​と​弟​が,父親​の​留守​中​に​けんか​を​始め​まし​た。2​人​は​少し​の​間​けんか​を​やめ​て,父親​に​電話​を​し​ます。兄​は,弟​から​けんか​を​売ら​れ​た​の​だ​と​言い,弟​は,兄​から​虐待​さ​れ​た​と​言い​ます。2​人​と​も​父親​に​味方​に​なっ​て​ほしい​と​思っ​て​い​ます。父親​は​双方​の​言い分​を​聞い​て,「家​に​帰っ​て​から​問題​を​扱う​の​で,けんか​を​やめ​て​待っ​て​い​なさい」と​言い​ます。2​人​は​しばらく​の​あいだ​待ち​ます​が,また​すぐ​に​けんか​を​始め​て​しまい​ます。帰宅​し​た​父親​は,どちら​の​子​に​対し​て​も​快く​思わず,言いつけ​を​守ら​なかっ​た​2​人​に​罰​を​与え​ます。

今日,戦争​を​行なう​国々​は​しばしば,神​に​支援​を​求め​ます。しかし​神​は,今日​の​戦争​に​おい​て​どちら​の​味方​も​され​ませ​ん。それどころか,聖書​の​中​で,「だれ​に​対し​て​も,悪​に​悪​を​返し​て​は​なり​ませ​ん」,また,「自分​で​復しゅう​を​し​て​は​なり​ませ​ん」と​はっきり​述べ​て​おら​れ​ます。(ローマ 12:17,19)さらに​神​は,ご自分​が​行動​を​起こす​時​を​人類​は​辛抱強く​待つ​必要​が​ある,と​いう​こと​を​知らせ​て​い​ます。つまり​神​は​ハルマゲドン​で​行動​を​起こさ​れる​の​です。(詩編 37:7)諸​国家​が​神​の​行動​を​待た​ず​に​戦争​する​なら,神​は​それ​を​せん越​な​行為​と​み​なし,怒り立た​れ​ます。それで,ハルマゲドン​に​おい​て​ご自分​の​憤り​を​表明​し,「地​の​果て​に​至る​まで​戦い​を​やめ​させ」る​こと​に​より,諸​国家​の​紛争​を​永久​に​解決​し​ます。(詩編 46:9。イザヤ 34:2)ハルマゲドン​は,すべて​の​戦争​を​終わらせる​戦争​と​なる​の​です。

戦争​が​なくなる​こと​は,神​の​王国​が​もたらす​数々​の​祝福​の​1​つ​に​すぎ​ませ​ん。イエス​は​その​王国​政府​の​こと​を​ある​有名​な​祈り​の​中​で​触れ​て​い​ます。「あなた​の​王国​が​来​ます​よう​に。あなた​の​ご意志​が​天​に​おける​と​同じ​よう​に,地上​に​おい​て​も​なさ​れ​ます​よう​に」と​いう​祈り​です。(マタイ 6:10)神​の​王国​は,すべて​の​戦争​だけ​で​なく,その​根本​原因​で​ある​悪​を​も​根絶​する​の​です。 *詩編 37:9,10,14,15)イエス​に​従う​人々​が​神​の​王国​の​祝福​を​切​に​待ち望む​の​も,不思議​で​は​あり​ませ​ん。―ペテロ​第​二 3:13

では,神​の​王国​が​すべて​の​苦しみ​や​虐げ​や​悪​を​終わらせる​の​を,いつ​まで​待つ​必要​が​ある​の​でしょ​う​か。数々​の​聖書​預言​の​成就​を​見れ​ば,今​が​この​事物​の​体制​の「終わり​の​日」で​ある​こと​が​分かり​ます。(テモテ​第​二 3:1‐5 * ですから,間​も​なく​神​の​王国​は,ハルマゲドン​の​戦争​で​この「終わり​の​日」を​終わらせ​ます。

すでに​考え​た​よう​に,この​最後​の​戦争​で​滅びる​の​は,「主​イエス​に​つい​て​の​良い​たより​に​従わ​ない​者」たち​です。(テサロニケ​第​二 1:8)と​は​いえ,神​が​邪悪​な​人​たち​だけ​で​なく,だれ​の​死​も​喜ば​れ​ない​こと​を​思い出し​て​ください。(エゼキエル 33:11)神​は​最後​の​戦争​で「ひとり​も​滅ぼさ​れる​こと……を​望ま​れ​ない」の​です。それで,終わり​が​来る​前​に,主​イエス​に​つい​て​の​良い​たより​が「あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地​で​宣べ伝え​られる」よう​に​し​て​おら​れ​ます。(ペテロ​第​二 3:8,9。マタイ 24:14。テモテ​第​一 2:3,4)今日​人々​は​エホバ​の​証人​の​世界​的​な​伝道​活動​に​よっ​て,神​に​つい​て​知り,イエス​の​良い​たより​に​従い,戦争​が​なくなる​日​を​見る,と​いう​機会​を​得​て​いる​の​です。

^ 9節 神​の​王国​は,人類​の​敵​で​ある​死​も​除き去り​ます。この​号​の「聖書​の​質問​に​答える」の​記事​に​も​ある​よう​に,神​は​無数​の​人々​を​復活​さ​せ​ます。その​中​に​は,これ​まで​の​戦争​で​亡くなっ​た​大勢​の​人​も​含ま​れ​ます。

^ 10節 終わり​の​日​に​関し​て​詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​9​章​を​ご覧​ください。