内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」  |  2015年11月

 その 信仰  倣う | テモテ

「主にあってわたしの愛する忠実な子供」

「主にあってわたしの愛する忠実な子供」

テモテ は,これ から 経験 する 事柄  思い  はせ ながら,実家 から    しっかり    足取り  進み まし た。旅 仲間 たち  あと  従っ て,見慣れ  野原  横切り ます。低い     ある  ルステラ  後ろ  遠ざかっ  ゆき ます。テモテ は,母  祖母  自分  旅立ち  見守り ながら 誇らしい 笑顔  示し,涙  見せ ない よう      こと  思い出し,笑み  浮かべ ます。最後  もう 一度,振り返っ    振る べき でしょ  か。

使徒 パウロ  時折,テモテ  ほう   て,励ます よう  ほほえみ かけ まし た。テモテ   まだ 幾らか 内気  ところ  ある   知っ   まし  が,この 若者  示す 熱意  うれしく 思っ   ます。テモテ は,かなり 若く,十  後半  二十    だっ  よう です。パウロ  とても 尊敬  慕っ   まし た。そして 今,この 精力   忠実  パウロ  従っ て,実家 から 非常  遠く まで   する  です。歩い て,また   乗っ    し,数え切れない ほど 多く  危険  直面 する こと  なり ます。実  ところ,実家  戻れる  どう   分かり ませ  でし た。

若者 テモテ  どうして その よう  生き方  する よう  なっ   でしょ  か。その よう  犠牲  払う こと  は,どんな 報い  あり ます か。テモテ  信仰  つい  考える と,わたしたち 各自  信仰  どんな 影響  受ける でしょ  か。

「幼い  から」

テモテ  旅立つ 二,三    戻っ   ましょ う。テモテ  郷里 だっ   思わ れる ルステラ は,水  豊か  奥地  小さな 田舎  です。人々  ギリシャ   知っ      しれ ませ  が,地元  ルカオニア   話し   まし た。ある 日,その 静か    大騒ぎ  なり ます。クリスチャン  宣教 者,使徒 パウロ  その  仲間 バルナバ が,近く   都市 イコニオム から やっ    人々  伝道       こと です。体   自由  ある     信仰  示し,それ    パウロ  その   奇跡   いやし   です。―使徒 14:5‐10

ルステラ  人々  多く は,むかし 神々  人間  姿  この 地域  やっ   た,と いう 伝説  信じ    よう です。それで,パウロ  ヘルメス,バルナバ  ゼウス  思い込ん  しまい まし た。この 謙遜  クリスチャン たち は,自分 たち  犠牲  ささげ よう  する 人々 を,やっと  こと  とどめ まし た。―使徒 14:11‐18

しかし,ルステラ  少数   たち  とっ  2   訪問 は,異教  架空  神々  来訪 など   なく,現実  素晴らしい 出来事 でし た。例えば ユダヤ   ユニケ は,夫  ギリシャ   信者   あり ませ  でし  が, * ロイス   に,大きな 喜び  抱い  意欲   パウロ  バルナバ      傾け   違いあり ませ ん。その  は,忠実  ユダヤ  すべて  切望     知らせ,つまり メシア   て,自分  つい  聖書   記さ     多く  預言  成就  た,と いう 知らせ だっ   です。

テモテ  パウロ  訪問 から どんな 影響  受け  か,想像     ください。テモテ は「幼い  から」,聖 なる 書物  ある ヘブライ  聖書  愛する よう 訓練     まし た。(テモテ  二 3:15)母親  祖母  同じ よう に,パウロ  バルナバ  メシア  つい   真理  話す    まし  た。また,パウロ  いやさ  た,体   自由    こと  考え    ください。もしか  たら テモテ は,子ども  ころ から   も,ルステラ  街路  その   見かけ      しれ ませ ん。今 テモテ は,その   初めて 歩い  いる        です。テモテ  ユニケ  ロイス  同じ よう  クリスチャン  なっ    うなずけ ます。今日  も,子ども    いる   ユニケ  ロイス から 多く  こと  学べ ます。あなた も,若い   良い 影響  与える 存在  なれ ます か。

「多く  患難  経て」

ルステラ  クリスチャン  なっ   たち は,キリスト  弟子  差し伸べ られ  いる 希望  つい  知り,胸  躍らせ   違いあり ませ ん。しかし,弟子  なる こと   犠牲  伴う,と いう こと  知る よう  なり ます。イコニオム  アンティオキア から 狂信   ユダヤ   やっ   て,興奮  やすい 人々  駆り立て,パウロ  バルナバ  敵対     です。ほどなく  て,過激  群衆  パウロ    追っ    投げつけ,パウロ     打ちたたか   地面  倒れ,暴徒        引きずり出さ   死ぬ  まかさ  まし た。―使徒 14:19

ルステラ    弟子 たち は,そこ  行っ  パウロ  取り囲み まし  が,パウロ  動き出し,起き上がっ   で,本当    なで下ろし   違いあり ませ ん。パウロ  勇敢   ルステラ    戻っ  行き ます。翌日,パウロ  バルナバ は,伝道  続ける ため  デルベ     出発  まし た。そして そこ  も,新た  弟子  作っ  後,危険        ルステラ  戻り ます。何  ため でしょ  か。聖書  よれ ば,「弟子 たち    強め,信仰  とどまる よう  励ま」す ため   た。若い テモテ  パウロ  バルナバ      丸く   聴き入っ  いる 様子  想像     ください。パウロ  バルナバ  それら  クリスチャン に,将来  輝かしい 希望    犠牲  払う だけ  価値  十分  ある こと  教え,「わたしたち  多く  患難  経て   王国  入ら なけれ  なら ない」と 言い まし た。―使徒 14:20‐22

テモテ  使徒 パウロ  教え   から 受け入れ 

テモテ は,パウロ  その 言葉 どおり  生き方  し,人々  良い たより  伝える ため 勇敢  患難  立ち向かう      まし た。それで,その 手本  倣う なら,ルステラ  人々 から 反対  れ,父親 から  反対  れる   しれ ない こと  分かっ   まし た。しかし,神  どの よう  仕える   関し  下し  決定 を,そう   圧力  屈し  変える つもり  あり ませ  でし た。今日  も,テモテ  よう  若者  大勢  ます。賢明  も,自分  励まし 強め  くれる,強い 信仰  持つ   探し求め ます。そして,反対     も,真    仕える こと  やめ たり   ない  です。

「兄弟 たち から 良い 評判     た」

 ほど 述べ  とおり,パウロ  ルステラ  2    訪問    は,最初  訪問 から 二,三    こと  思わ  ます。この たび  シラス  伴っ  到着   時,テモテ  家族  とても 興奮   こと でしょ う。パウロ  とっ   喜び   だっ   違いあり ませ ん。ルステラ  まい  真理    どう なっ    じかに 見る こと  でき  から です。今や 忠節  クリスチャン  ある,ロイス    ユニケ   まし た。2  は,パウロ から 大いに 称賛   た「少し  偽善  ない 信仰」に 満ち   まし た。(テモテ  二 1:5)では,若い テモテ  どう でしょ  か。

パウロ  今回  訪問 で,テモテ  立派  円熟   こと  知り まし た。テモテ は,ルステラ  兄弟 たち から だけ  なく,北東   32  離れ  イコニオム  兄弟 たち から も「良い 評判     た」の です。(使徒 16:2)どの よう    その 評判     でしょ  か。

テモテ が「幼い  から」母  祖母  教え られ た「聖 なる 書物」に は,若い   対する 健全  実際   助言  含ま    ます。(テモテ  二 3:15)「あなた  若い 成年    あなた  偉大  創造   覚えよ」と いう 言葉  その 一例 です。(伝道  書 12:1)テモテ  とっ  この 言葉 は,クリスチャン  なっ   いっそう 深い 意味  持つ よう  なり まし た。偉大  創造   覚える 最善  方法  一つ は,神   キリスト  つい   良い たより  伝える こと  ある,と テモテ  理解    です。そして 徐々 に,しり込み   しまう 内気  傾向  克服 し,イエス  キリスト  つい   良い たより  大胆  告げる よう  なり まし た。

会衆  指導    当たっ     たち は,テモテ  進歩  注目  まし た。この 若者  周り   すべて  力づけ たり 励まし たり   いる 様子 に,感心      違いあり ませ ん。しかし,もっと 重要   は,エホバ  テモテ  注目   おら    いう こと です。神  テモテ  つい  幾つ   預言  語ら れる よう  導か  まし た。その 預言 は,テモテ  やがて 多く  会衆  対し  どんな 種類  奉仕  行なう   関する もの だっ  よう です。パウロ  訪問   時,テモテ なら 宣教  奉仕   仲間    有用  働き  する  考え,ルステラ  兄弟 たち  同意  まし た。兄弟 たち  テモテ      置き,テモテ  エホバ    奉仕  おける 特別  立場  任命    こと  示し まし た。―テモテ  一 1:18; 4:14

テモテ は,その よう  信頼    大きな 責任  委ね られ,恐縮  謙虚  気持ち  なっ  もの の,旅立と      まし た。 * しかし,信者   ない 父親 は,息子  旅行 する 奉仕  行なう こと  どう 反応   でしょ  か。息子  将来  関し   全く   こと  考え      しれ ませ ん。一方,テモテ    祖母  どう だっ  でしょ  か。誇らしい 気持ち  抱き ながら も,テモテ    案じ  こと でしょ う。心配 する   ごく 自然  こと です が,その よう  そぶり  見せ まい      しれ ませ ん。

いずれ  せよ,テモテ  旅立ち まし た。この 記事  冒頭  述べ  よう に,その 朝,使徒 パウロ    同行 する 生活  始め   です。ルステラ     て,サンダル  踏みしめる 砂利       は,自分  一歩 一歩,知ら ない 土地  向かっ  おり,故郷 から  遠ざかっ  ゆく こと  意味  まし た。3   一日 ずっ  歩い  イコニオム  着き まし た。そして テモテ は,パウロ  シラス  エルサレム  統治  から  最新  指示  どの よう  伝え,イコニオム    信者 たち  信仰  強める ため  どの よう  働く   観察 する よう  なり ます。(使徒 16:4,5)しかし,それ  始まり  すぎ ませ  でし た。

これら 宣教  たち は,ガラテア   会衆  訪問   後,ローマ  舗装    広い 道路 から それ,フリギア  広大  台地  何百 キロ  歩い   へ,次い  西   向かい まし た。常    聖霊  導き  従い,トロアス  至り,船  乗っ  マケドニア  行き ます。(使徒 16:6‐12)その ころ まで  パウロ は,テモテ  有用   よく 知る よう  なっ   まし た。それで,テモテ  シラス    ベレア  残し まし た。(使徒 17:14)また,テモテ     テサロニケ  遣わす こと さえ  まし た。テサロニケ  テモテ は,一心  観察     模範  倣っ  その   忠実  クリスチャン たち  強め ます。―テサロニケ  一 3:1‐3

パウロ   に,テモテ  つい て,「あなた方  こと  真に  気づかう,彼  よう  気持ち   は,わたし  とっ  ほか   ない」と 書き まし た。(フィリピ 2:20)その よう  評価 は,何  努力  なし   られ  わけ   あり ませ ん。テモテ は,難しい 問題  直面  ながら  一生 懸命  働き,謙遜  仕え,忠実  忍耐  て,それ  得る こと  でき   です。今日  若い  たち  倣う べき,なんと 優れ  手本 でしょ う。自分  どんな 評判  得る     自分  努力  かかっ  いる,と いう こと  忘れ   なり ませ ん。若い    素晴らしい 機会  あり ます。生活    エホバ      し,他    敬意  抱い  親切  接する なら,良い 評判  得る こと  できる  です。

「わたし  ところ   れる よう    尽くし  ください」

テモテ  若い  に,宣教 奉仕  専念 する 生活  始め 

テモテ は,約 14   わたっ て,友  ある 使徒 パウロ  一緒  働き まし た。共  多く  喜び  経験   だけ  なく,数々  危険   遭遇  まし た。(コリント  二 11:24‐27)ある 時期  は,自分  信仰 ゆえに 投獄    こと  あり ます。(ヘブライ 13:23)また,パウロ  行なっ    よう に,クリスチャン  兄弟 姉妹   から 深い   関心  払い まし た。だから こそ パウロ  テモテ に,「あなた    思い出す」と 書く こと  でき   です。(テモテ  二 1:4)パウロ  よう  テモテ も,「泣く  たち    泣」い  よう です。兄弟 姉妹  一層 よく 励まし たり 慰め たり できる よう,感情 移入 する こと  学ん   です。(ローマ 12:15)わたしたち も,そう する こと  学ん  ゆけ ます よう に。

テモテ  やがて クリスチャン  立派  監督  なっ   も,驚く   当たり ませ ん。パウロ  テモテ に,諸 会衆  訪問   強め たり 励まし たり する 務め だけ  なく,資格  ある 男子  会衆  長老  奉仕      任命 する 務め  委ね まし た。―テモテ  一 5:22

パウロ  テモテ  愛情  抱き,多く  有益  助言  父親  よう  アドバイス  与え まし た。そして,霊的  賜物  大切  し,進歩   ゆく よう 勧め まし た。(テモテ  一 4:15,16)また,若い から  いっ て,あるいは 内気  性格  から  いっ て,正しい こと  毅然    擁護  べき   しり込み  たり  ない よう,励まし まし た。(テモテ  一 1:3; 4:6,7,11,12)さらに,テモテ  度々 悩ませ   た,胃  疾患  思わ れる 病気   対処  仕方  つい  も,アドバイス  与え まし た。―テモテ  一 5:23

パウロ は,自分    終わる,つまり 処刑  れる   近い  分かっ  時,テモテ  霊感  よる 最後  手紙  送り まし た。その 手紙  は,「ま  なく わたし  ところ   れる よう    尽くし  ください」と いう   打つ 言葉  含ま    ます。(テモテ  二 4:9)パウロ  テモテ  深く 愛し,「主  あっ  わたし  愛する 忠実  子供」と 呼ん   ます。(コリント  一 4:17)最期    迫っ     ですから,友  ある テモテ  そば    ほしい  願っ    もっとも  こと です。それで,「わたし は,苦難  直面    から,そば    ほしい  思っ  もらえる だろ  か」と 自問   みる  よい でしょ う。

テモテ  パウロ  処刑  れる   到着 する こと  でき  でしょ  か。それ  分かり ませ  が,テモテ  パウロ    多く    慰め  励まし  与える ため  いつも 最善  尽くし  こと  確か です。テモテ は,「神  敬う 者」と いう 意味  自分  名前  ふさわしい 生き方   まし た。その よう   て,わたしたち すべて  倣う べき 信仰  立派  手本  残し   です。

^ 9節 この  の「ご存じ でし  」を ご覧 ください。

^ 20節 テモテ  パウロ  願い どおり  割礼  受ける こと さえ  まし た。パウロ  そう 願っ   は,クリスチャン   割礼  要求      から   なく,伝道  対象  なる ユダヤ  に,異邦   父親  持つ この 若者  同行   いる こと  反対 する 口実  与え たく なかっ  から です。―使徒 16:3

もっと調べる

映画

神の誉れとなる目標を追い求める

裕福になることや高等教育は,最も価値のある目標でしょうか。テモテの手本は,正しい選択をするうえで役立ちます。