内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2015年11月 | 神は戦争をどう見ているか

聖書の答えに驚かれるかもしれません。

特集記事

神は戦争をどう見ているか

むかし神はご自分の民に,戦うようにと告げました。後にイエスは人々に,敵を愛するようにと教えました。何が変わったのでしょうか。

特集記事

戦争に対する神の見方 古代において

神が権限を与えた戦争かどうかは,3つの重要な点によって識別できます。

特集記事

戦争に対する神の見方 1世紀において

戦争に対する神の見方は変わっていませんでした。しかし,何かが変わったということが,ある重大な出来事で明らかになりました。

特集記事

戦争に対する神の見方 今日において

神は間もなく,すべての戦争を終わらせる戦争を起こされます。

ご存じでしたか

ヨセフがファラオに会う前に毛をそったのはなぜですか。聖書はテモテの父親が「ギリシャ人」だったと述べていますが,これはテモテの父親がギリシャ生まれだったということでしょうか。

聖書は人の生き方を変える

人生を満喫していると思っていました

パーベル・ピザラはすぐに暴力を振るい,麻薬を使い,法律の学位を取得したいと思っていました。8人の男たちとけんかをしたことがきっかけとなり,変化するようになりました。

その信仰に倣う

「主にあってわたしの愛する忠実な子供」

テモテは内気な若者でしたが,クリスチャンの立派な監督になりました。そうなるのに何が助けになったでしょうか。

聖書の質問に答える

死んだ人はどこに復活しますか。

ウェブサイトの他の記事

ハルマゲドンの戦いとは何ですか

「ハルマゲドン」という語が聖書に登場するのは1回だけですが,その戦いについては聖書のいろいろな所で述べられています。