アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」 2015年8月

 その 信仰  倣う | デボラ

「わたしはイスラエルで母として立ち上がった」

「わたしはイスラエルで母として立ち上がった」

デボラ は,タボル     集結   兵士 たち  見回し,感動    ます。朝    もと,兵士 たち  勇敢   指導  バラク  信仰    動かさ    です。総勢  1万   ます が,その 信仰  勇気 は,その 日,大いに 試さ れる こと  なり ます。凶暴    対し,人数  装備  劣勢  まま 立ち向かわ なけれ  なら ない から です。それなのに,やっ     です。それ   に,その 1   女性  激励  こたえ   こと でし た。

デボラ  姿  思い描い    ください。そよ風    なびか  ながら,バラク   に,眼下  広がる 光景  眺め   ます。タボル   お椀  伏せ  よう      おり,山頂 付近  平ら  なっ   ます。その  から  眼下 に,約 400  下方  エスドラエロン 平原  見渡す こと  でき,平原  南西 方向  扇状  広がっ   ます。その 平坦  草原 を,キション   蛇行   進み,カルメル   そば  通っ て“大海”へ  流れ   ます。その   朝,広い 平原  中,キション  川床  乾い     など ない はず   に,何   きらめい   まし た。シセラ    近づい     です。不気味  きらめい     は,その   誇る 900    戦車 です。車軸 から   大鎌  突き出  いる  でしょ う。シセラ  その 大鎌 で,まるで 大麦   刈り取る   よう に,装備  劣っ  イスラエル  たち  なぎ倒す つもり でし た。

デボラ は,自分  出す 合図  バラク  部下 たち  待っ  いる こと  知っ   まし た。ところで,デボラ  そこ    唯一  女性 だっ   でしょ  か。その よう  状況   それ ほど  重責  担う  は,どんな 気持ち だっ  でしょ う。自分    ため  ここ     だろ   考え  でしょ  か。その よう  こと  なかっ  はず です。神 エホバ から,その 戦い  開始 する よう 命じ られ  おり,その 戦い  1   女性  終わらせる  いう こと  知らさ     から です。(裁き人 4:9)では,デボラ  それら 勇敢  戦士 たち から,信仰  つい  どんな こと  学べる でしょ  か。

「行っ て,タボル 山上  散開 する よう に」

デボラ は,聖書   初めて 登場 する 箇所 で「女 預言 者」と 呼ば    ます。聖書  記録    女性  預言   呼ば れる   珍しい こと です が,例  ない わけ   あり ませ ん。 * デボラ は,ほか  務め  果たし   まし た。民    論争  生じ   に,エホバ から  答え  示し  解決     よう です。―裁き人 4:4,5

デボラ は,エフライム  山地,ベテル  ラマ    住ん   まし た。そこで やし      座り,エホバ  指示  従っ    ため  奉仕    まし た。その 務め  容易  もの   なかっ  はず です が,しり込み  たり   ませ  でし た。その よう  奉仕  切実  必要  され    から です。事実,デボラ   に,神  導か     作る こと  加わっ  際,自国   忠実    つい て,「彼ら  新しい 神々  選ぶ よう  なっ た。その        戦い  あっ た」と 歌っ   ます。(裁き人 5:8)イスラエル   エホバ から 離れ    神々  仕え  ため,エホバ        引き渡し まし た。それで,カナン    ヤビン  無敵  将軍 シセラ  用い  イスラエル   支配      です。

人々 は,シセラ  聞く だけ で,恐怖  襲わ れ,うろたえ まし た。カナン   宗教  文化  残忍  もの で,子ども   いけにえ  され たり 神殿 売春  行なわ  たり    まし た。イスラエル は,カナン   将軍  その   支配   置か  て,どんな 状態  なっ    でしょ  か。デボラ    よる と,国内  行き来 する こと    暮らす こと も,ほとんど でき ませ  でし た。(裁き人 5:6,7)きっと 人々 は,森      潜め    こと でしょ う。農 作業  する こと  城壁  囲ま    ない   住む こと  危険 でし  し,開け    行き来 する なら 襲撃  誘拐  強姦  遭う 恐れ  あっ  から です。 *

20    恐怖  おびえ  過ごし    ついに その 強情  態度  悔い改める よう  なっ  時,エホバ  それ  ご覧  なり まし た。神  導き  もと  記さ   デボラ  バラク    は,「ついに わたし,デボラ  立ち上がっ た。ついに わたし  イスラエル      立ち上がっ た」と 述べ られ   ます。ラピドト  いう   男性   デボラ  文字どおり  母親 だっ   どう   分かり ませ  が,「母   て」と いう 表現   比喩   意味  込め られ   ます。デボラ  エホバ から,国民  母親  よう  守る 務め  割り当て られ,信仰  傑出   裁き人 バラク  呼び出し  シセラ  立ち向かわ せる,と いう 任務  与え られ   です。―裁き人 4:3,6,7; 5:7

デボラ  バラク に,神    救出     立ち上がる よう 勧め 

エホバ  デボラ  通し  バラク に,「行っ て,タボル 山上  散開 する よう に」と お命じ  なり まし た。バラク  イスラエル  2   部族 から 1万   召集   タボル   集まる  です。デボラ は,バラク  部下 たち  強力   シセラ  戦車 900   撃ち破る,と いう   約束  伝え まし た。それ  聞い  バラク  非常  驚い   違いあり ませ ん。イスラエル   軍隊  なく,武器  ほとんど なかっ  から です。それでも,戦い  行く こと  承諾  ます。ただし,デボラ  一緒  タボル   行く なら,と いう 条件 付き です。―裁き人 4:6‐8; 5:6‐8

その よう  条件  付け  ため に,バラク   信仰  なかっ   言わ    まし  が,決して そう   あり ませ ん。神  武器  願い求め たり  なかっ  から です。バラク  信仰  あっ  から こそ,エホバ  代理   その     もらえ  自分  部下 たち  力づけ られる,と 考え   です。(ヘブライ 11:32,33)エホバ  こたえ応じ,バラク  願い どおり,デボラ  行く こと  お許し  なり まし た。しかし 同時 に,デボラ  聖霊  よっ  導き,勝利  最終   栄誉  男性  もの   なら ない,と いう こと  預言   まし た。(裁き人 4:9)邪悪  シセラ  女性    処刑  れる よう,定め  おら    です。

今日  世界  も,女性  とかく 不当  扱わ れ,暴力  振るわ れ,虐待     ます。神  望ん  おら れる よう  尊厳   もっ  扱わ れる こと  滅多  あり ませ ん。しかし    から 見れ ば,女性  男性  平等 で,価値 ある 存在 です。(ローマ 2:11。ガラテア 3:28)デボラ   から 分かる よう に,神  女性  特権  授け,特別  信頼  好意  お示し  なる こと  ある  です。ですから,この 世界  浸透   いる 偏狭  考え  影響   ない よう  する   重要  こと です。

「地  激動 し,天    滴らせ」た

バラク は,軍隊  結成 する ため  出かけ,シセラ  恐ろしい 軍勢  立ち向かう 勇気  ある 男性 1万   集め まし た。それら 部下 たち  率い  タボル   上る 際,皆  士気  高める こと  できる      で,心強く 思い まし た。「デボラ      上っ た」と ある とおり です。(裁き人 4:10)デボラ  勇敢  も,エホバ   信じ  タボル    行軍  同行 し,自分    危険  さらす こと さえ いとわ なかっ   です。それ    兵士 たち  どれ ほど 奮い立っ  こと でしょ う。

シセラ は,自分  対し  イスラエル  大胆   軍隊  結成   こと  知っ て,直ちに 行動  起こし まし た。カナン   たち  ヤビン   加勢  まし た。ヤビン は,王 たち    最も   あっ     しれ ませ ん。その 後,シセラ  大戦  部隊  隊列  組ん で,地響き  とどろか  ながら 平原  進み まし た。カナン  たち は,イスラエル  お粗末  軍隊 など いとも 簡単  始末 できる,と   くくっ   まし た。―裁き人 4:12,13; 5:19

バラク  デボラ は,敵  近づい  来る    て,どう する でしょ  か。タボル   斜面  とどまっ  いれ ば,迫っ  来る カナン   軍勢  対し   有利   しれ ませ ん。それら 戦車  は,広々    平地  なけれ  実力  発揮 でき ない から です。しかし バラク は,エホバ  指示 どおり  戦う ため に,デボラ から  言葉  待ち ます。そして ついに,その    まし た。デボラ  こう 言っ   です。「立ち なさい。今日 は,エホバ  シセラ  必ず あなた    お与え  なる  です。あなた    進み出 られ    エホバ   あり ませ  か」。それ  合図 に「バラク  一万   率い  タボル   下り  行」き ます。―裁き人 4:14 *

イスラエル  軍勢 は,山腹  駆け下り,広々    平地 で,見る  恐ろしい その 戦車   向かっ  突き進み まし た。エホバ は,デボラ  約束 どおり 彼ら    進み出  行か   でしょ  か。答え  すぐ 明らか  なり まし た。「地  激動 し,天    滴らせ」た,と 記さ    ます。シセラ  誇り      軍勢 は,混乱  陥り まし た。そして,雨  降り注い で,まるで 奔流  よう  なり,あっと いう   地面  ぬかるみ まし た。鉄  装備  施し  重い 戦車  たちまち,強み  いう より 弱み  なり まし た。ぬかるみ  はまっ て,全く 動き  取れ なく なっ   です。―裁き人 4:14,15; 5:4

バラク  部下 たち は,あらし  戸惑う こと  あり ませ  でし た。なぜ あらし  なっ     知っ    から です。それで,すぐさま カナン   軍勢  襲いかかり,神   執行     シセラ    兵士  討ち,1   生かし   おき ませ  でし た。キション   逆巻きあふれ て,兵士 たち  死体 を“大海”へ  流し去り まし た。―裁き人 4:16; 5:21

デボラ  予告 どおり,エホバ  ご自分    ため  戦っ て,シセラ  軍勢  打ち破ら  

今日 エホバ は,もはや ご自分   たち  文字どおり  戦闘  送り込む こと  され ませ  が,霊的  意味   戦い  行なう よう 求め  おら  ます。(マタイ 26:52。コリント  二 10:4)今日  世界  あっ    従お   する  は,霊的  戦い    いる こと  なり ます。そう する   勇気  必要 です。今日     立つ なら,猛烈  反対  直面 する こと  ある から です。しかし,エホバ  変わっ  おら  ませ ん。古代 イスラエル  デボラ  バラク  勇敢  兵士 たち  同じ よう    信じ  頼る  を,今   守っ  ください ます。

「女  うち 最も 祝福    者」

敵軍  カナン    から 1  だけ,それ  一番 悪らつ    逃げ まし た。神    ひどく 虐げ  シセラ が,戦場 から 徒歩  逃げ   です。部下 たち  泥沼    死ぬ  任せ,イスラエル  兵士 たち    すり抜け て,ぬかるん   ない   進み,思い当たる 最寄り  同盟   もと   向かい ます。イスラエル  兵士  見つけ られる こと  恐れ,ひどく おびえ ながら,野原   キロ  走っ て,ケニ  ヘベル  天幕  向かっ   です。それ  ヘベル が,同族  遊牧  から 離れ  南下 し,ヤビン   平和  関係  あっ  から です。―裁き人 4:11,17

疲れきっ  シセラ は,ヘベル  宿営  たどり着き まし  た。ヘベル  不在 でし  が,妻  ヤエル   まし た。シセラ は,ヤエル    ヤビン      平和  重んじる もの  思い込ん    よう です。妻    違う 行動  取る   思わず,違う 考え方  する   思わ なかっ   でしょ う。ヤエル  こと  よく 知ら なかっ   です。ヤエル は,その    カナン   よる ひどい 虐げ  見聞き      違いあり ませ ん。そして,自分    2   選択   ある   見て取っ  はず です。この 邪悪    助ける か,エホバ    付い て,エホバ    敵対 する この   立ち向かう  です。もし 立ち向かう   たら,どう  たら いい でしょ  か。どう すれ   ひとり  その よう  歴戦  勇士  倒せる でしょ  か。

ヤエル  とっさ  考え,シセラ  休む 場所  提供  まし た。シセラ は,だれ   探し    も,い ない  言う  だ,と 命じ まし た。シセラ    なる と,ヤエル  毛布  掛け  やり,水  求め られる  濃厚  ミルク  飲ませ まし た。やがて シセラ  深い 眠り  落ちる と,天幕 生活  する 女性  使い慣れ  いる 道具    取り ます。天幕  留め杭   です。そして,シセラ    そば  かがみ,エホバ   執行     行動 する  いう   すくむ よう  務め  果たそ   身構え ます。一瞬   迷っ たり ためらっ たり すれ ば,取り返し  つか ない こと  なり かね ませ ん。ヤエル は,神    こと や,この   その   長年 虐げ    こと  考え  でしょ  か。エホバ    立てる こと  特権  考え  でしょ  か。聖書     述べ られ   ませ ん。分かっ  いる  は,ヤエル  即座    下し た,と いう こと です。シセラ  殺し   です。―裁き人 4:18‐21; 5:24‐27

その 後,バラク  シセラ  探し  やっ   まし た。バラク は,ヤエル から,留め杭  こめかみ  突き通さ   死ん  いる シセラ  見せ られ,デボラ  預言  実現   こと  知り まし た。力 ある 戦士 シセラ  女性  殺し   です。現代  批評   懐疑   たち  ヤエル  あり  あらゆる 汚名  着せ   ます が,バラク  デボラ  ほう  ヤエル  こと  知っ   まし た。2     導き  もと  作っ     で,ヤエル  その 勇敢  行動  ゆえに「女  うち 最も 祝福    者」と 称賛    ます。(裁き人 4:22; 5:24)デボラ    広さ  注目   ください。デボラ は,ヤエル  対する 称賛  惜しむ どころ か,物事  エホバ  予告 どおり  なっ  こと  喜ん   です。

シセラ  死ぬ  ヤビン   勢力  衰え,イスラエル   カナン   虐げ られる こと  もう なくなり まし た。その 後,平和  状態  40  続き まし た。(裁き人 4:24; 5:31)デボラ  バラク  ヤエル は,エホバ   信仰  置い  ゆえ に,大いに 報わ  まし た。わたしたち も,デボラ  信仰  倣い,大胆  エホバ    立ち,同じ こと  する よう     励ます なら,エホバ から 勝利 を,そして 永続 する 平和  与え  いただける でしょ う。

^ 7節 ミリアム,フルダ,イザヤ   など   預言   呼ば    ます。―出エジプト 記 15:20。列王  二 22:14。イザヤ 8:3

^ 9節 デボラ    よれ ば,シセラ  戦い  行く と,大抵,分捕り   持ち帰り まし た。その     たち  含ま   おり,兵士 各々  複数    あてがわ れる こと  あり まし た。(裁き人 5:30)歌    用い られ  いる「胎」と いう 言葉 は,女性  意味    ます。その 表現 から 分かる  は,捕虜  女性 たち  価値    その 生殖 器官  あっ た,と いう こと です。強姦 は,ありふれ  こと だっ  よう です。

^ 17節 その あと  戦闘  つい  は,聖書  裁き人 4   歴史  記述 5  デボラ  バラク    両方  描写     ます。その 2   記録  互い  補い合っ  おり,それぞれ   他方  述べ られ   ない   含ま    ます。

もっと調べる

神は「ご自分を切に求める者に報いてくださる」

エホバはどんな信仰を喜ばれるのでしょうか。ご自分を忠実に崇拝する人たちにどんな報いをお与えになるのでしょうか。

女性本当気遣っおられる

聖書女性軽視いる,と思いますか。実際ところ,神女性どうおられるでしょか。