デボラ​は,タボル​山​の​頂​に​集結​し​た​兵士​たち​を​見回し,感動​し​て​い​ます。朝​の​光​の​もと,兵士​たち​の​勇敢​さ​と​指導​者​バラク​の​信仰​に​心​を​動かさ​れ​た​の​です。総勢​で​1万​人​い​ます​が,その​信仰​と​勇気​は,その​日,大いに​試さ​れる​こと​に​なり​ます。凶暴​な​敵​に​対し,人数​も​装備​も​劣勢​の​まま​立ち向かわ​なけれ​ば​なら​ない​から​です。それなのに,やっ​て​来​た​の​です。それ​は​主​に,その​1​人​の​女性​の​激励​に​こたえ​て​の​こと​でし​た。

デボラ​の​姿​を​思い描い​て​み​て​ください。そよ風​に​衣​を​なびか​せ​ながら,バラク​と​共​に,眼下​に​広がる​光景​を​眺め​て​い​ます。タボル​山​は​お椀​を​伏せ​た​よう​な​形​を​し​て​おり,山頂​付近​は​平ら​に​なっ​て​い​ます。その​頂​から​は​眼下​に,約​400​㍍​下方​の​エスドラエロン​平原​を​見渡す​こと​が​でき,平原​は​南西​方向​へ​扇状​に​広がっ​て​い​ます。その​平坦​な​草原​を,キション​川​が​蛇行​し​て​進み,カルメル​山​の​そば​を​通っ​て“大海”へ​と​流れ​て​い​ます。その​日​の​朝,広い​平原​の​中,キション​の​川床​は​乾い​て​い​て​水​など​ない​はず​な​の​に,何​か​が​きらめい​て​い​まし​た。シセラ​の​軍​が​近づい​て​来​た​の​です。不気味​に​きらめい​て​い​た​の​は,その​軍​が​誇る​900​両​も​の​戦車​です。車軸​から​鉄​の​大鎌​が​突き出​て​いる​の​でしょ​う。シセラ​は​その​大鎌​で,まるで​大麦​で​も​刈り取る​か​の​よう​に,装備​の​劣っ​た​イスラエル​人​たち​を​なぎ倒す​つもり​でし​た。

デボラ​は,自分​の​出す​合図​を​バラク​と​部下​たち​が​待っ​て​いる​こと​を​知っ​て​い​まし​た。ところで,デボラ​は​そこ​に​い​た​唯一​の​女性​だっ​た​の​でしょ​う​か。その​よう​な​状況​下​で​それ​ほど​の​重責​を​担う​の​は,どんな​気持ち​だっ​た​でしょ​う。自分​は​何​の​ため​に​ここ​に​来​た​の​だろ​う​と​考え​た​でしょ​う​か。その​よう​な​こと​は​なかっ​た​はず​です。神​エホバ​から,その​戦い​を​開始​する​よう​命じ​られ​て​おり,その​戦い​を​1​人​の​女性​が​終わらせる​と​いう​こと​も​知らさ​れ​て​い​た​から​です。(裁き人 4:9)では,デボラ​と​それら​勇敢​な​戦士​たち​から,信仰​に​つい​て​どんな​こと​を​学べる​でしょ​う​か。

「行っ​て,タボル​山上​に​散開​する​よう​に」

デボラ​は,聖書​中​に​初めて​登場​する​箇所​で「女​預言​者」と​呼ば​れ​て​い​ます。聖書​の​記録​の​中​で​女性​が​預言​者​と​呼ば​れる​の​は​珍しい​こと​です​が,例​が​ない​わけ​で​は​あり​ませ​ん。 * デボラ​は,ほか​の​務め​も​果たし​て​い​まし​た。民​の​間​で​論争​が​生じ​た​時​に,エホバ​から​の​答え​を​示し​て​解決​し​て​い​た​よう​です。―裁き人 4:4,5

デボラ​は,エフライム​の​山地,ベテル​と​ラマ​の​間​に​住ん​で​い​まし​た。そこで​やし​の​木​の​下​に​座り,エホバ​の​指示​に​従っ​て​民​の​ため​に​奉仕​し​て​い​まし​た。その​務め​は​容易​な​もの​で​は​なかっ​た​はず​です​が,しり込み​し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。その​よう​な​奉仕​が​切実​に​必要​と​され​て​い​た​から​です。事実,デボラ​は​後​に,神​に​導か​れ​て​歌​を​作る​こと​に​加わっ​た​際,自国​の​不​忠実​な​民​に​つい​て,「彼ら​は​新しい​神々​を​選ぶ​よう​に​なっ​た。その​時​に​門​の​中​に​は​戦い​が​あっ​た」と​歌っ​て​い​ます。(裁き人 5:8)イスラエル​人​が​エホバ​から​離れ​て​他​の​神々​に​仕え​た​ため,エホバ​は​民​を​敵​の​手​に​引き渡し​まし​た。それで,カナン​人​の​王​ヤビン​が​無敵​の​将軍​シセラ​を​用い​て​イスラエル​人​を​支配​し​て​い​た​の​です。

人々​は,シセラ​と​聞く​だけ​で,恐怖​に​襲わ​れ,うろたえ​まし​た。カナン​人​の​宗教​や​文化​は​残忍​な​もの​で,子ども​が​ いけにえ​に​され​たり​神殿​売春​が​行なわ​れ​たり​し​て​い​まし​た。イスラエル​は,カナン​人​の​将軍​と​その​軍​の​支配​下​に​置か​れ​て,どんな​状態​に​なっ​て​い​た​でしょ​う​か。デボラ​の​歌​に​よる​と,国内​を​行き来​する​こと​も​村​で​暮らす​こと​も,ほとんど​でき​ませ​ん​でし​た。(裁き人 5:6,7)きっと​人々​は,森​や​丘​に​身​を​潜め​て​い​た​こと​でしょ​う。農​作業​を​する​こと​や​城壁​に​囲ま​れ​て​い​ない​村​に​住む​こと​は​危険​でし​た​し,開け​た​道​を​行き来​する​なら​襲撃​や​誘拐​や​強姦​に​遭う​恐れ​が​あっ​た​から​です。 *

20​年​間​も​恐怖​に​おびえ​て​過ごし​た​民​が​ついに​その​強情​な​態度​を​悔い改める​よう​に​なっ​た​時,エホバ​は​それ​を​ご覧​に​なり​まし​た。神​の​導き​の​もと​に​記さ​れ​た​デボラ​と​バラク​の​歌​に​は,「ついに​わたし,デボラ​は​立ち上がっ​た。ついに​わたし​は​イスラエル​で​母​と​し​て​立ち上がっ​た」と​述べ​られ​て​い​ます。ラピドト​と​いう​名​の​男性​の​妻​デボラ​が​文字どおり​の​母親​だっ​た​か​どう​か​は​分かり​ませ​ん​が,「母​と​し​て」と​いう​表現​に​は​比喩​的​な​意味​が​込め​られ​て​い​ます。デボラ​は​エホバ​から,国民​を​母親​の​よう​に​守る​務め​を​割り当て​られ,信仰​の​傑出​し​た​裁き人​バラク​を​呼び出し​て​シセラ​に​立ち向かわ​せる,と​いう​任務​を​与え​られ​た​の​です。―裁き人 4:3,6,7; 5:7

デボラ​は​バラク​に,神​の​民​の​救出​者​と​し​て​立ち上がる​よう​勧め​た

エホバ​は​デボラ​を​通し​て​バラク​に,「行っ​て,タボル​山上​に​散開​する​よう​に」と​お命じ​に​なり​まし​た。バラク​は​イスラエル​の​2​つ​の​部族​から​1万​人​を​召集​し​て​タボル​山​に​集まる​の​です。デボラ​は,バラク​と​部下​たち​が​強力​な​敵​シセラ​と​戦車​900​両​を​撃ち破る,と​いう​神​の​約束​を​伝え​まし​た。それ​を​聞い​た​バラク​は​非常​に​驚い​た​に​違いあり​ませ​ん。イスラエル​に​は​軍隊​が​なく,武器​も​ほとんど​なかっ​た​から​です。それでも,戦い​に​行く​こと​を​承諾​し​ます。ただし,デボラ​も​一緒​に​タボル​山​に​行く​なら,と​いう​条件​付き​です。―裁き人 4:6‐8; 5:6‐8

その​よう​な​条件​を​付け​た​ため​に,バラク​に​は​信仰​が​なかっ​た​と​言わ​れ​て​き​まし​た​が,決して​そう​で​は​あり​ませ​ん。神​に​武器​を​願い求め​たり​し​なかっ​た​から​です。バラク​は​信仰​が​あっ​た​から​こそ,エホバ​の​代理​者​に​その​場​に​い​て​もらえ​ば​自分​も​部下​たち​も​力づけ​られる,と​考え​た​の​です。(ヘブライ 11:32,33)エホバ​は​こたえ応じ,バラク​の​願い​どおり,デボラ​が​行く​こと​を​お許し​に​なり​まし​た。しかし​同時​に,デボラ​を​聖霊​に​よっ​て​導き,勝利​の​最終​的​な​栄誉​は​男性​の​もの​と​は​なら​ない,と​いう​こと​も​預言​さ​せ​まし​た。(裁き人 4:9)邪悪​な​シセラ​が​女性​の​手​で​処刑​さ​れる​よう,定め​て​おら​れ​た​の​です。

今日​の​世界​で​も,女性​が​とかく​不当​に​扱わ​れ,暴力​を​振るわ​れ,虐待​さ​れ​て​い​ます。神​の​望ん​で​おら​れる​よう​な​尊厳​ を​もっ​て​扱わ​れる​こと​は​滅多​に​あり​ませ​ん。しかし​神​の​目​から​見れ​ば,女性​も​男性​も​平等​で,価値​ある​存在​です。(ローマ 2:11。ガラテア 3:28)デボラ​の​例​から​分かる​よう​に,神​が​女性​に​特権​を​授け,特別​な​信頼​や​好意​を​お示し​に​なる​こと​も​ある​の​です。ですから,この​世界​に​浸透​し​て​いる​偏狭​な​考え​に​影響​さ​れ​ない​よう​に​する​の​は​重要​な​こと​です。

「地​は​激動​し,天​も​水​を​滴らせ」た

バラク​は,軍隊​を​結成​する​ため​に​出かけ,シセラ​の​恐ろしい​軍勢​に​立ち向かう​勇気​の​ある​男性​1万​人​を​集め​まし​た。それら​部下​たち​を​率い​て​タボル​山​に​上る​際,皆​の​士気​を​高める​こと​の​できる​人​が​い​た​の​で,心強く​思い​まし​た。「デボラ​も​彼​と​共​に​上っ​た」と​ある​とおり​です。(裁き人 4:10)デボラ​は​勇敢​に​も,エホバ​神​を​信じ​て​タボル​山​へ​の​行軍​に​同行​し,自分​の​命​を​危険​に​さらす​こと​さえ​いとわ​なかっ​た​の​です。それ​を​見​た​兵士​たち​は​どれ​ほど​奮い立っ​た​こと​でしょ​う。

シセラ​は,自分​に​対し​て​イスラエル​が​大胆​に​も​軍隊​を​結成​し​た​こと​を​知っ​て,直ちに​行動​を​起こし​まし​た。カナン​の​王​たち​も​ヤビン​王​に​加勢​し​まし​た。ヤビン​は,王​たち​の​中​で​最も​力​が​あっ​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。その​後,シセラ​の​大戦​車​部隊​が​隊列​を​組ん​で,地響き​を​とどろか​せ​ながら​平原​を​進み​まし​た。カナン​人​たち​は,イスラエル​の​お粗末​な​軍隊​など​いとも​簡単​に​始末​できる,と​高​を​くくっ​て​い​まし​た。―裁き人 4:12,13; 5:19

バラク​と​デボラ​は,敵​が​近づい​て​来る​の​を​見​て,どう​する​でしょ​う​か。タボル​山​の​斜面​に​とどまっ​て​いれ​ば,迫っ​て​来る​カナン​人​の​軍勢​に​対し​て​は​有利​か​も​しれ​ませ​ん。それら​戦車​隊​は,広々​と​し​た​平地​で​なけれ​ば​実力​を​発揮​でき​ない​から​です。しかし​バラク​は,エホバ​の​指示​どおり​に​戦う​ため​に,デボラ​から​の​言葉​を​待ち​ます。そして​ついに,その​時​が​来​まし​た。デボラ​が​こう​言っ​た​の​です。「立ち​なさい。今日​は,エホバ​が​シセラ​を​必ず​あなた​の​手​に​お与え​に​なる​日​です。あなた​の​前​に​進み出​られ​た​の​は​エホバ​で​は​あり​ませ​ん​か」。それ​を​合図​に「バラク​は​一万​人​を​率い​て​タボル​山​を​下り​て​行」き​ます。―裁き人 4:14 *

イスラエル​の​軍勢​は,山腹​を​駆け下り,広々​と​し​た​平地​で,見る​も​恐ろしい​その​戦車​隊​に​向かっ​て​突き進み​まし​た。エホバ​は,デボラ​の​約束​どおり​彼ら​の​前​に​進み出​て​行か​れ​た​でしょ​う​か。答え​は​すぐ​明らか​に​なり​まし​た。「地​は​激動​し,天​も​水​を​滴らせ」た,と​記さ​れ​て​い​ます。シセラ​が​誇り​と​し​て​い​た​軍勢​は,混乱​に​陥り​まし​た。そして,雨​が​降り注い​で,まるで​奔流​の​よう​に​なり,あっと​いう​間​に​地面​が​ぬかるみ​まし​た。鉄​の​装備​を​施し​た​重い​戦車​は​たちまち,強み​と​いう​より​弱み​と​なり​まし​た。ぬかるみ​に​はまっ​て,全く​動き​が​取れ​なく​なっ​た​の​です。―裁き人 4:14,15; 5:4

バラク​と​部下​たち​は,あらし​に​戸惑う​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。なぜ​あらし​に​なっ​た​の​か​を​知っ​て​い​た​から​です。それで,すぐさま​カナン​人​の​軍勢​に​襲いかかり,神​の​刑​執行​者​と​し​て​シセラ​の​軍​の​兵士​を​討ち,1​人​も​生かし​て​は​おき​ませ​ん​でし​た。キション​川​は​逆巻きあふれ​て,兵士​たち​の​死体​を“大海”へ​と​流し去り​まし​た。―裁き人 4:16; 5:21

デボラ​の​予告​どおり,エホバ​は​ご自分​の​民​の​ため​に​戦っ​て,シセラ​の​軍勢​を​打ち破ら​れ​た

今日​エホバ​は,もはや​ご自分​の​僕​たち​を​文字どおり​の​戦闘​に​送り込む​こと​は​され​ませ​ん​が,霊的​な​意味​で​の​戦い​は​行なう​よう​求め​て​おら​れ​ます。(マタイ 26:52。コリント​第​二 10:4)今日​の​世界​に​あっ​て​神​に​従お​う​と​する​人​は,霊的​な​戦い​を​し​て​いる​こと​に​なり​ます。そう​する​に​は​勇気​が​必要​です。今日​神​の​側​に​立つ​なら,猛烈​な​反対​に​直面​する​こと​が​ある​から​です。しかし,エホバ​は​変わっ​て​おら​れ​ませ​ん。古代​イスラエル​の​デボラ​や​バラク​や​勇敢​な​兵士​たち​と​同じ​よう​に​神​を​信じ​て​頼る​人​を,今​で​も​守っ​て​ください​ます。

「女​の​うち​最も​祝福​さ​れ​た​者」

敵軍​の​カナン​人​の​中​から​1​人​だけ,それ​も​一番​悪らつ​な​者​が​逃げ​まし​た。神​の​民​を​ひどく​虐げ​た​シセラ​が,戦場​から​徒歩​で​逃げ​た​の​です。部下​たち​を​泥沼​の​中​で​死ぬ​に​任せ,イスラエル​の​兵士​たち​の​間​を​すり抜け​て,ぬかるん​で​い​ない​所​を​進み,思い当たる​最寄り​の​同盟​者​の​もと​へ​と​向かい​ます。イスラエル​の​兵士​に​見つけ​られる​こと​を​恐れ,ひどく​おびえ​ながら,野原​を​何​キロ​も​走っ​て,ケニ​人​ヘベル​の​天幕​へ​向かっ​た​の​です。それ​は​ヘベル​が,同族​の​遊牧​民​から​離れ​て​南下​し,ヤビン​王​と​平和​な​関係​に​あっ​た​から​です。―裁き人 4:11,17

疲れきっ​た​シセラ​は,ヘベル​の​宿営​に​たどり着き​まし​ た。ヘベル​は​不在​でし​た​が,妻​の​ヤエル​が​い​まし​た。シセラ​は,ヤエル​が​夫​と​ヤビン​王​と​の​間​の​平和​を​重んじる​もの​と​思い込ん​で​い​た​よう​です。妻​が​夫​と​違う​行動​を​取る​と​は​思わず,違う​考え方​を​する​と​も​思わ​なかっ​た​の​でしょ​う。ヤエル​の​こと​を​よく​知ら​なかっ​た​の​です。ヤエル​は,その​地​で​の​カナン​人​に​よる​ひどい​虐げ​を​見聞き​し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。そして,自分​の​前​に​2​つ​の​選択​肢​が​ある​の​を​見て取っ​た​はず​です。この​邪悪​な​男​を​助ける​か,エホバ​の​側​に​付い​て,エホバ​の​民​に​敵対​する​この​男​に​立ち向かう​か​です。もし​立ち向かう​と​し​たら,どう​し​たら​いい​でしょ​う​か。どう​すれ​ば​女​ひとり​で​その​よう​な​歴戦​の​勇士​を​倒せる​でしょ​う​か。

ヤエル​は​とっさ​に​考え,シセラ​に​休む​場所​を​提供​し​まし​た。シセラ​は,だれ​か​が​探し​に​来​て​も,い​ない​と​言う​の​だ,と​命じ​まし​た。シセラ​が​横​に​なる​と,ヤエル​は​毛布​を​掛け​て​やり,水​を​求め​られる​と​濃厚​な​ミルク​を​飲ませ​まし​た。やがて​シセラ​が​深い​眠り​に​落ちる​と,天幕​生活​を​する​女性​が​使い慣れ​て​いる​道具​を​手​に​取り​ます。天幕​の​留め杭​と​槌​です。そして,シセラ​の​頭​の​そば​に​かがみ,エホバ​の​刑​執行​者​と​し​て​行動​する​と​いう​身​の​すくむ​よう​な​務め​を​果たそ​う​と​身構え​ます。一瞬​で​も​迷っ​たり​ためらっ​たり​すれ​ば,取り返し​の​つか​ない​こと​に​なり​かね​ませ​ん。ヤエル​は,神​の​民​の​こと​や,この​男​が​その​民​を​長年​虐げ​て​き​た​こと​を​考え​た​でしょ​う​か。エホバ​の​側​に​立てる​こと​を​特権​と​考え​た​でしょ​う​か。聖書​に​は​何​も​述べ​られ​て​い​ませ​ん。分かっ​て​いる​の​は,ヤエル​が​即座​に​手​を​下し​た,と​いう​こと​です。シセラ​を​殺し​た​の​です。―裁き人 4:18‐21; 5:24‐27

その​後,バラク​が​シセラ​を​探し​て​やっ​て​来​まし​た。バラク​は,ヤエル​から,留め杭​で​こめかみ​を​突き通さ​れ​て​死ん​で​いる​シセラ​を​見せ​られ,デボラ​の​預言​が​実現​し​た​こと​を​知り​まし​た。力​ある​戦士​シセラ​を​女性​が​殺し​た​の​です。現代​の​批評​家​や​懐疑​論​者​たち​は​ヤエル​に​あり​と​あらゆる​汚名​を​着せ​て​い​ます​が,バラク​と​デボラ​の​ほう​が​ヤエル​の​こと​を​知っ​て​い​まし​た。2​人​は​神​の​導き​の​もと​に​作っ​た​歌​の​中​で,ヤエル​を​その​勇敢​な​行動​の​ゆえに「女​の​うち​最も​祝福​さ​れ​た​者」と​称賛​し​て​い​ます。(裁き人 4:22; 5:24)デボラ​の​心​の​広さ​に​注目​し​て​ください。デボラ​は,ヤエル​に​対する​称賛​を​惜しむ​どころ​か,物事​が​エホバ​の​予告​どおり​に​なっ​た​こと​を​喜ん​だ​の​です。

シセラ​が​死ぬ​と​ヤビン​王​の​勢力​は​衰え,イスラエル​人​が​カナン​人​に​虐げ​られる​こと​は​もう​なくなり​まし​た。その​後,平和​な​状態​が​40​年​続き​まし​た。(裁き人 4:24; 5:31)デボラ​と​バラク​と​ヤエル​は,エホバ​神​に​信仰​を​置い​た​ゆえ​に,大いに​報わ​れ​まし​た。わたしたち​も,デボラ​の​信仰​に​倣い,大胆​に​エホバ​の​側​に​立ち,同じ​こと​を​する​よう​他​の​人​を​励ます​なら,エホバ​から​勝利​を,そして​永続​する​平和​を​与え​て​いただける​でしょ​う。

^ 7節 ミリアム,フルダ,イザヤ​の​妻​など​も​女​預言​者​と​呼ば​れ​て​い​ます。―出エジプト​記 15:20。列王​第​二 22:14。イザヤ 8:3

^ 9節 デボラ​の​歌​に​よれ​ば,シセラ​は​戦い​に​行く​と,大抵,分捕り​物​を​持ち帰り​まし​た。その​中​に​は​娘​たち​が​含ま​れ​て​おり,兵士​各々​に​複数​の​娘​が​あてがわ​れる​こと​も​あり​まし​た。(裁き人 5:30)歌​の​中​で​用い​られ​て​いる「胎」と​いう​言葉​は,女性​を​意味​し​て​い​ます。その​表現​から​分かる​の​は,捕虜​の​女性​たち​の​価値​は​主​に​その​生殖​器官​に​あっ​た,と​いう​こと​です。強姦​は,ありふれ​た​こと​だっ​た​よう​です。

^ 17節 その​あと​の​戦闘​に​つい​て​は,聖書​の​裁き人 4​章​の​歴史​的​記述​と5​章の​デボラ​と​バラク​の​歌​の​両方​で​描写​さ​れ​て​い​ます。その​2​つ​の​記録​は​互い​に​補い合っ​て​おり,それぞれ​に​は​他方​に​述べ​られ​て​い​ない​点​が​含ま​れ​て​い​ます。