内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 聖書    生き方  変える

生き方は悪くなる一方でした

生き方は悪くなる一方でした
  • 生ま   年: 1952 

  • 生ま   国: 米国

  • かつて は: 気性  激しかっ 

過去  歩み:

わたし  米国 カリフォルニア  ロサンゼルス  育ち まし た。住ん    地域 は,麻薬 取引  ストリート  ギャング  有名  場所 です。わたし  6  兄弟  2   でし た。

  子ども たち  福音 教会     育て まし た。しかし わたし     なる  裏表  ある 生活  する よう  なり まし た。日曜   教会  聖歌   歌い,ほか   は,パーティ  行っ たり,薬物  乱用  たり,性的   道徳  こと   たり する 毎日 でし た。

  短く,激しい 気性 だっ   で,相手  勝つ ため なら どんな もの   武器   まし た。教会  学ん  こと       立ち ませ  でし た。「復しゅう    もの。俺  その 手下 だ!」が,わたし  口癖 でし た。高校  だっ  1960 年代 後半,ブラックパンサー   いう 公民  問題  武力  解決  よう  する 政治 組織  影響  受け,公民  運動  行なっ    学生 団体  入り まし た。幾   抗議 活動  行ない,その 都度,学校  臨時 休校  追い込み まし た。

暴力   性格 だっ  わたし は,抗議 活動 だけ   満足 でき ず,憎悪 犯罪  かかわる よう  なり まし た。例えば,友人 たち と,アフリカ  奴隷  アメリカ  経験   苦しみ  描い  映画      こと です。奴隷  対する 不当  仕打ち  激怒   わたしたち は,そこ  居合わせ  白人  若者 たち  暴行  加え まし た。そして もっと 多く    めった打ち   よう と,白人 居住 地区  出かけ  行き まし た。

  後半  なる と,わたしたち 兄弟  たくさん  暴力 事件  起こす 不良    知ら れる よう  なり,よく 警察 沙汰  なり まし た。弟       知れ  ギャング  メンバー で,わたし  彼ら  付き合っ   まし た。わたし  生き方  悪く なる 一方 でし た。

聖書  よっ  どの よう  生き方  変わっ  か:

わたし  友人 に,親  エホバ  証人     まし た。その 友人   から 会衆  集会  誘わ れ,行く こと   まし た。行っ  最初  集会 から,エホバ  証人  全く 違う  たち   いう こと  分かり まし た。みんな  聖書  持っ   て,集会   使っ   まし  し,若い   演壇 から     いる  です。わたし は,神   エホバ  いう 名前  ある こと  知り,それ  使わ れる   聞い  とても 感動  まし た。(詩編 83:18)また,会衆   いろいろ  国籍      まし  が,人種   対立  全く あり ませ  でし た。

初め  うち,エホバ  証人  聖書  研究  よう   思い ませ  でし  が,集会  行く   好き でし た。ある 晩,証人 たち  集会  行っ      こと です。友人 たち  コンサート  行き,革 ジャン  渡そ    なかっ  若者  殴り殺し  しまっ   です。次  日,彼ら    殺し  こと  自慢    まし た。裁判   も,反省    全く  られ ず,彼ら  ほとんど  終身   言い渡さ  まし た。あの 晩,友人 たち  一緒   なく  本当  良かっ   思い まし た。生き方  変える 決意  し,聖書  学び 始め まし 

多く  人種 偏見  受け     で,エホバ  証人    見聞き する 事柄  本当  驚かさ  まし た。例えば,外国  行く 必要  あっ  白人  証人 が,子ども たち  黒人  家族  預け たり,白人  家族 が,住む 場所  必要      黒人  若者    迎え入れ たり      です。エホバ  証人  ヨハネ 13  35   ある   イエス  言葉 どおり  行動   いる,と 確信 する よう  なり まし た。「あなた方      あれ ば,それ  よっ  すべて   は,あなた方  わたし  弟子  ある こと  知る  です」。本物  兄弟 関係  見つけ た,と 思い まし た。

聖書  学ん で,思い  作り直す 必要  ある こと  気づき まし た。ただ 表面   穏やか  なる だけ  なく,平和  愛する こと  最善  生き方    から 思える よう,自分  変え なけれ  なら なかっ   です。(ローマ 12:2)徐々  進歩   ゆき,1974  1   バプテスマ  受け  エホバ  証人  なり まし た。

ただ 表面   穏やか  なる だけ  なく,平和  愛する こと  最善  生き方    から 思える よう,自分  変え なけれ  なら なかっ   です

しかし バプテスマ  受け   も,自分  激しい 気性  闘わ なけれ  なり ませ  でし た。例えば,家 から   伝道        こと です が,わたし   から ラジオ  盗ん    追いかけ  こと  あり ます。もう 少し  追いつく  いう ところ で,その   ラジオ  捨て  逃げ まし た。一緒  伝道     仲間 たち に,どう やっ  ラジオ  取り戻し        ところ,ある 長老 から,「スティーブン,もし 追いつい たら どう  よう  思っ   です か」と 尋ね られ まし た。これ   考え させ られ,平和  愛する   なる ため  努力  続け よう  思い まし た。

1974  10 月,聖書 教育  毎月 100 時間  費やす  時間 奉仕   なり まし た。その 後,ニューヨーク  ブルックリン  エホバ  証人  世界 本部  奉仕 する 特権  いただき まし た。1978  に,病気  母親  世話  する ため ロサンゼルス  戻り,その 2  後,妻  アロンダ  結婚  まし た。妻    亡くなる まで 一緒  世話    くれ て,わたし  とっ  大きな 支え  なり まし た。やがて,わたしたち 夫婦 は,ものみの塔 ギレアデ 聖書 学校  出席   パナマ  割り当て られ,今   そこで 宣教     奉仕    ます。

バプテスマ  受け  から,暴力  仕返し  そう  なる 場面     あり まし  が,挑発   くる  から 離れ たり,別  仕方  自分  落ち着か  たり できる よう  なり まし た。妻  はじめ 多く   たち が,そういう 状況   わたし  対応  褒め  くれ まし た。自分   驚い   ます。わたし は,自分    人格  変化  せる こと  でき    思っ   ませ ん。わたし  変化 でき   は,聖書    変革 する   ある こと  証拠   思っ   ます。―ヘブライ 4:12

どんな   受け  か:

聖書  おかげ で,人生  目的  持てる よう  なり,本当  平和  愛する 穏やか    なれ まし た。もう   殴っ たり  ませ ん。それどころか,霊的    助け   ます。高校   から 敵対     相手 と,聖書  研究 する こと  でき まし た。彼  バプテスマ  受け  後,しばらく ルームメート   なり まし た。今   親友 です。妻  わたし は,聖書  学ん  エホバ  証人  なる よう,これ まで 80  余り    援助  まし た。

エホバ は,わたし    兄弟 関係   で,幸福  充実   人生  送れる よう    ください まし た。その こと  深く 感謝    ます。