古代  おい て,手臼  どの よう  使わ    まし  か。

手臼 は,穀粒  ひい    する   使わ れ,その   パン  作ら  まし た。ほとんど    は,毎日,女性   たち    ひい   まし た。古代  おい て,臼  ひく   日常 生活  つきもの でし た。―出エジプト 記 11:5。エレミヤ 25:10

古代 エジプト  美術   は,穀粒  ひく 一連  過程  描か    ます。穀粒 は,サドルカーン   呼ば れる,わずか  くぼみ  ある 平たい     置か  まし た。粉  ひく  は,固定    その 下石    ひざ まずき,少し 小さめ  上石,つまり     両手  持っ て,それ  下石    前後  動かし まし た。ある 文献  よる と,上石  重さ  普通 2  から 4  あり まし た。もし 武器    使う なら,人  殺す こと  でき まし た。―裁き人 9:50‐54

穀粒  ひく こと は,家族  幸福  健康  欠か  ない もの だっ  ため,聖書  律法 は,ひき臼  質物    取る こと  禁じ   まし た。申命記 24  6    こう 述べ られ   ます。「だれ  手臼 もしくは その 上部  ひき石  質物    取る べき   ない。魂  質物    取っ  いる こと  なる から  ある」。

「懐  位置」と いう 表現    指し   ます か。

聖書 は,イエス が「父……の   位置  いる」と 述べ   ます。(ヨハネ 1:18)この 表現 は,イエス    とりわけ 親しい 関係  あり,特別  好意    いる こと  示し   ます。また この 表現 は,食事    ユダヤ   習慣  関し  も,それ  なく 言及    ます。

イエス  時代,ユダヤ   食卓  周り  並べ られ   椅子    なり まし た。それぞれ   は,頭  食卓  ほう  向け,足  反対   向け まし た。そして クッション   ひじ  乗せ て,体  支え まし た。この 姿勢  取る こと  よっ  右手  自由  使う こと  でき まし た。皆,体  左側     て,並ん    なっ   で,ある 文献  よれ ば,「頭  位置 は,自分  後ろ    なっ        近く  なっ た。その ため,他   の『懐  横たわる』と 言わ    た」の です。

家族    宴会  主人    横たわる こと は,特別  誉れ  特権  みなさ  まし た。その よう  わけ で,イエス  最後  過ぎ越し  際,イエス    横たわっ     は,「イエス  愛し  おら   弟子」で ある 使徒 ヨハネ でし た。それ  ヨハネ は,「イエス  胸もと  そり返っ て」質問 する こと  でき   です。―ヨハネ 13:23‐25; 21:20